生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ 復讐の悪魔と恩讐の魔人 5話-1(前編) 「本当に”全部やる”奴初めて見た・・・」

はじめに

耳が痒いんだけど

掻いても全然意味がないな・・・

 

結局どこが痒いんだよ・・・

 

 

 

恩讐の洞窟・・・復讐の始まり・・・

まだ始まってすらいなかったのか・・・

 

流石にコシチェイの方の復讐じゃないっすよね?

最早無理だよね?

 

 

前編-モンモンサイド

アリオクは仮死状態・・・

 

まあそんな気はしてた。

 

てかなんの前触れもなく突然死した方が怖い。

 

散々意味ありげなことをしといて

謎死で即退場とか打ち切り漫画でもそう無いだろ・・・

 

コシチェイの秘密とかいつ聞いたんだよ・・・

まあ道すがらの説明の部分っすかね・・・

 

まあ同じ手口を使うってのは

なんとなーく想像は付いてたけど、

魂の器ってなんのこと言ってんの?

 

そもそも「肉体自体が魂の器」じゃないん?

「その魂を他に移した」って話なんすよね?

 

なんか思ってた原理と違うのかな・・・

 

アガシオンくんが置いてけぼりに・・・

いや、自分もだけど。

 

今回みんながみんな確信について中々触れてくれないんすもん、

そりゃ着いていけなくもなるよ・・・

 

 

前編-コシチェイサイド

やっぱりここか・・・

 

見張りの幻獣も倒された後、

そして骸体の残機も壊された後・・・

 

でもこの場の骸体が壊されたってだけなら

他の場所にあれば意味なくない?違う?

 

☠ゲームオーバー☠

 

やだ・・・

ここまでコシチェイが小さく見えるときが来るなんて・・・

 

まあ噛ませ臭い性格の割にはよく保ったほうだよ。

 

ヴィータ体を変形させる・・・?

回りくどいこと言ってるけどオレイのことか?

 

まあなんにしてもこれ詰んでるよね?

いやでもアレとかいうのが秘密兵器かもしれないし・・・

 

でもそんなものがあっとしても

アリオクがとっくに対策済みなんだろうなぁ・・・

 

アリオクに絶対恨まれたくないっすね・・・

三馬鹿とかフラウロスとか大丈夫かな・・・

 

こいつ美女の皮被ったカートマンだよ・・・

 

魂を移さず意識のみの転移・・・

遠隔操作・・・?

 

で、アリオクが同じことをしたってんなら

れには「魂の器」ってのが必要であるって感じ?

 

ほんと義手の掌の上でお遊戯させられてるよ・・・

 

貴方如きとか一々大物臭いというか、

味方の言動じゃないんだよなぁ・・・

 

まあ今更っちゃ今更なんだけど・・・

 

もうダメだ・・・この人完璧すぎる・・・

 

なにやってもダメなんだもん。

ここまでの勝算の塊メギドで見たことないもん・・・

 

本来バラムにやって欲しいこと全部やってくれてるんだもん・・・・

 

ああ、ミュトスの通信範囲がどうとか

狩人イベでもやってたからな・・・

 

つまり魂の器ってのはWi-Fi端末みたいなもんで、

アリオクは「自身の肉体を通信機器にした」ってことか?

 

早いんだよ!すべてが!

 

マジでなにこの人!?

軍団に入ったら誰よりも役立つレベルじゃない!?

 

まあでも

「復讐のときのみ頭が異常に働く~」とか

そういった制約とかはありそうっすね・・・

 

むしろそれがないとヤバすぎる。

 

コシチェイの言い分がすげー苦しい・・・

 

もうアリオクの言ってることは全部当たってて、

「マキーネを逃がす以外手はありませ~ん」

って言ってるようなもんじゃん・・・

 

まだ5話始まったばっかなんすけど・・・

あと数回分どうやって時間稼ぎするんすか・・・

 

まあ考えうるのは

これから数回に渡ってアリオクの復讐タイムとかか・・・

 

それを見かねたモンモンらがアリオクを止めると。

 

もしそうならラスボスはアリオクなのでは・・・?

 

いや、マジでアリオクゥ・・・だよね・・・

 

コシチェイイベの全てが・・・

度重なるコシチェイヘイトの数々が・・・

 

全てが全てアリオクの為に熟成されて

彼女にそれを独り占めされて終わるのか・・・

 

てかこいつ一応ボス扱いだったんすね。

いきなり過ぎて演出撮れなかった・・・

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

あの・・・モンモン蚊帳の外じゃないっすかね・・・

 

俺らの復讐は・・・

望んだカタルシスは・・・

 

最早半分ギャグイベと化してないか・・・?

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。