生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ  離れても、心は繋がって 1話-3(前編) 「サラってなんなんよ」

はじめに

クーラーかけっぱで寝て体調わりぃ・・・

まあそりゃそうだよな感。

 

とりあえずリポビタンでも飲むか・・・

 

 

育成進捗

サっちゃんが星5.5に!

 

育成進捗自体久しぶりなんすけど、

「星6以外の刻んだ進捗報告」

ってのはもっと久しぶりっすね・・・

 

まあそれだけサっちゃんの育成コストがやばいってことです。

 

とりあえずジャガノは諦めて

ムスペルの方のVHをクリアして、

後は討伐チケを使っての育成って感じっす。

手動周回は絶対にやらん。

 

ムスペルのVHはまあ、

ウァラクME踏ませて超ロングゲーム決め込めばいいだけでした。

 

グラボスくんがとにかく偉い。

 

霊宝オリアス奥義のリレイズ、

ユフィールの奥義蘇生でリカバリーをする感じで

ラクスくんはまあ・・・枠が余ったんでなんか入れました。

 

クソエビに完殺が効いてくれれば

サっちゃん育成に意味が出てくるんだけどどうなんだろ・・・

 

 

「新たな情報」・・・

 

なんだろ?

前回出て来たサラのストーカー野郎みたいなのが

なんかイチャモンでも付けに来るとかなんすかね?

 

正直1-2であんまり収穫も無かったからな・・・

 

アッくんはナンパしてたし。

 

 

前編-モンモンサイド

収穫はほとんど無いか・・・

 

ジルくんらの集めた証言も

モンモンが得たものと全然変わらないし、

ほんと上っ面だけの浅い交流しかなかったんですかね・・・

 

この前のストーカーが元カレとかだったら

事情も少し変わって来そうなんだけど・・・

 

せっかくシャックスが珍しくかわいかったのに

それを台無しにしたシャミさん・・・

 

別に全員が全員の私生活とか知らん訳だけど、

今までちゃんとした仲間だったじゃん?

 

俺たちはシャミさんの尻穴の皺の数なんざ知らんけど、

それを知らなくとも命を懸けて戦った仲間じゃない・・・

 

まあそこまで突っ込んだ関係も勿論あるんだろうけど

職場の人間とかクラスメートとかでも

一人一人のパラメータとか把握してる訳でもないからなぁ・・・

 

単に「仲がいい人に当たってなかった」とかもあるじゃん?

 

そこまで首を突っ込んで来た奴らは

アナキスが陰で殺して来たって可能性もなくもないけど・・・

 

なんか知らんけどサラのもろもろの行動が

殺人鬼とかのそれに感じてしまう謎。

 

短いスパンで職場と住居を転々と・・・

まあ夜逃げとかそういう・・・?

転勤族かと言えば別に親の事情云々でもないだろうし・・・

 

いや、親がサラを探し回ってて

常に逃げながら生活してるって可能性もあるんだろうけど。

 

アナキスが寄生する前から

そういった生活をしてたって話なんすよね?

 

引っ越しマニアの友達・・・誰だ・・・

 

まあフルフルくんとかの長命者、不死者組は

一定期滞在したら別の場所に引っ越したりするけど、

サラは普通のヴィータだし・・・

 

ああ「お尋ね者」・・・

まあその感覚はありますね・・・

故に「殺人鬼説」とか出て来た訳だし・・・

 

夜逃げとかもある意味お尋ね者っすもんね?

 

こうやって見ると

一つの職場にいて徹底的に逃げなかった吉良吉影

ほんと物凄い存在だったんやなって・・・

 

まあ逃亡生活云々とかは

「植物の心の様な生活」とはほど遠いからね・・・

 


www.youtube.com

 

 

誰に対してもフラットだけど

それ故に特に強い印象も情報もなく・・・

 

能天気な性格に見えたのに

色んな事情を抱えてたんですね・・・

 

うーん、アッくんにしかない考え方かなぁ・・・

 

広い分深い仲にもならないだろうし、

人脈コレクターかと言えば

行動的にも思考的にもそうでもなさそうだし・・・

 

勿論単に「友達を作るのが目的で深い交友自体はいらない」とか

そういったこんがらがった価値観があるってんなら

まだ分からんでもないんだけど・・・

 

職場リセマラしたり、高校生デビュー的なのを

無限に楽しんでるって訳でもなさそうなんすよね。

 

まあ誰とも友達にはなってないし、

全員良くて知り合い止まりだからな・・・

 

うーん、ここまで難しい存在だったとは・・・

 

これでよく一週間も明かさずにアジトに来て

アスモ姉貴の世話をしてたもんだな?

 

うーん、まああーだこーだ考えても

所詮は少ない情報から汲み上げることしかできないし、

一旦アジトに帰るしかないのか・・・

 

でも帰ったらアスモ姉貴からゲンコツ喰らいそう。

 

そんなん頭蓋骨陥没どころじゃ済まないよ・・・

 

ここでアモンくん・・・?

なんで?

 

彼が新しい情報を持ってきたって感じ?

 

六章のときといい、

ほんと良く分からんタイミングで来ることが多いな・・・

 

幻獣退治が主じゃなくて

モンモンらと接触するのが目的だったと・・・

 

ってことはアスモ姉貴辺りに

伝令でも頼まれた、とかなんすかね?

 

ついでに代理のゲンコツとかもしてきそう。

 

 

ボス戦

まあいつもの「雑魚敵のボス転用」か・・・

 

とにかく一話をさっさと終わらせたいけど、

後編が長かったらもう無理レベルかな・・・

 

 

コメント返信コーナー

イナゴはなんというか・・・

食べ慣れてない故の拒否感もあって

あんまり食後感はよくなかったかなぁ・・・

 

タガメとかカメムシが果物臭で美味しいとか聞くけど

虫が果物のフレッシュ感があると

余計に怖い感じがするんすよね・・・

 

そして眩しい太もも・・・

太ももと言えば崩壊。

 

新章長すぎて途中でやめちゃったな・・・

 

希望があってもバックボーンが暗すぎる。

そもそも絶望を前提で話が進み過ぎて心が折れる

 

それも崩壊。

 

鋼 錆さん、

コメントありがとうございます!

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

結構短めかなぁ~とか思ったけど、

これでも普通の長さなんすよね。

 

今までの長さですっかり麻痺してた。

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。