生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ  その優しさに意味がある 5話-3(前編)「中々辛いイベだな・・・」

はじめに

※本編以外の部分はイベ終了後に書いています。

 

ミノソンに合う霊宝探してたら

「轟雷」とか言ういかにも雷バフ臭い系譜を見つけたけど、

その「轟雷付与の霊宝が一つも無い」んですよね・・・

 

まあ制作書がどっかにあるのは分かるけど、

やっぱ本編での解放なのかな・・・

 

まだフルパワー運用できねぇってことね・・・

 

 

 

「時に誰かを傷つけても」・・・

 

まあザガンに関係する言葉なんだろうけど

再召喚の能力に関係してるとかなのかな・・・

 

ネクロで味方を殺してバフ?

他人から体力を奪って生存とか?

 

いや、そういう意味じゃないよね。

誰かを傷つけたとしてもやらなきゃいけないこと、

守らなきゃいけないことがあるって意味だよね。

多分。

 

 

前編-モンモンサイド

デッケー幻獣・・・

 

ネズミ型にしては初めて見るデカさだけど

ガスには巨大化させる力もあるとかなんすかね・・・

 

コシチェイがネフィリムの能力を抽出したとか?

 

ああ、大きさに対しては言及がないってことは

ネズミがでっけーのはガスと特に関係ないのね?

 

黒犬くんが隣だからデカく見えるだけなのかな・・・

 

幻獣の出産の促進・・・

というか胎児の成長を速めた感じ?

 

なんかこれ・・・

ヴィータ(ペクス)用に改良とかされたら

マジでヤバいことになりそうなんすけど・・・

 

世代交代を速めるってだけでも相当ヤバいんすよね・・・

 

まあ赤子で兵力を殖やしたからって

即時戦力になるかと言われたらなぁ・・・

 

いくら肉体強化の効果があるからって

早産含めて体もそうできあがってなさそうだし・・・

 

まあ幻獣の幼生とかってのは

おかーさんと三人娘イベくらいでしか見たことないけど、

カニンガム幼生の方は生まれながらにして既に

引きずり込む力自体はあったっけなぁ~

 

まあ無茶させようがなにしようが

メギドにとって幻獣は道具でしかないから・・・

 

モンモンを殺せればあとはどうでもいいからね・・・

 

悲しいなぁ・・・

狂暴化しても根源的な怒りはこちらに確実に向いているし

ライアンはそれを知って苦しんでいたし・・・

 

もっと苦しいのはこの事件の後ほぼ確実に廃棄・・・

要は殺処分されるってところ。

 

モンモンらはこのことを同情こそするだろうけど、

ライアンのスタンスとは全く異なる訳だし、

ほんと孤立無援の優しさだよなぁ・・・

 

まあ今は犬っコロの精神攻撃を受けてる場合じゃないし・・・

ぶっちゃけここにいる全員が他人事レベルなんすよね・・・

 

この件でライアンも

ソロモン王を憎んだりして歪まないかな・・・

 

うーん・・・苦しい・・・

自己の個の再起の糧にワンチャンなるかもと考えて・・・

 

でも殺さなきゃない存在だから・・・

 

これがもし狂暴化したヴィータだったらとか

色々と考えてしまうけど・・・

 

ほんとペクスでこういうことやらないでね?

 

うーん、確かに幻獣が30体近くに

メギドである黒犬くんが相手だからなぁ・・・

 

これがエクストラでマップ中に雑魚敵が敷き詰められてて

計六戦くらいやってたら分かんなかったかも・・・

 

 

ラスボス戦

黒犬とサイドに二匹・・・

 

残りはどこにいったんすかね・・・

 

防御無視!被ダメでバフ!

でも体力はそこまで・・・

 

エクストラだと結構だるいパターンか?

 

で、ガスで全体バフを掛けられると・・・

 

単なるシナリオ中のボスだと

脳筋タイプは単純にステが低いから雑魚なんすよね・・・

 

やっぱエクストラで本気を出すタイプか・・・

 

※後記)

全EXをオートでクリアできたから大したことなかった。

 

 

コメント返信コーナー

まあ仕方ないとは言え

ライアンにとっては悲しいやり方なんすよね・・・

 

黒犬くんの襲撃が無ければ

一応危険なことこそ無かったし・・・

 

でもライアンが改革できるかと言われると

それもまた難しそうだからなんとも・・・

 

たっくんさん、

コメントありがとうございます!

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

次で中編か・・・

これがまた凄い長いんすよね・・・

 

そう、後編じゃなくて中編。

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。