生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) 各国のGCを復習しよう ラピス編 B1回

環境初期でみたタマゴマスターが色々なメタとして動くということでまた見るようになってきました。

なんだかんだでメタは回ってるんすね。

 

前回はこちらから

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) 各国のGCを復習しよう ラピス編 A3回 - 生執の思考球体

次回はこちらから

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) 各国のGCを復習しよう ラピス編 B2回 - 生執の思考球体

 

はじめに

今回はB1ラピスのGCについて書いていきます。

Bパックにはバックストーリーがあるのですが、ストーリーモードには非実装(公式発表)ということなので残念でなりませんね。

 

『風の村のナミ』

最初タヌキにみえた

f:id:seisyuu:20180513200611p:plain

・フレンドリンク

①ログイン時、自身のデッキからランダムなメタモールを一体出す。

②このユニットは相手からの効果対象にならない。

③自ターン終了時、ソウルが9かつフレンド状態の味方が5体以上いる場合、場から離れソウルレベルを4にする。

④USB:全てのフレンド状態のユニットを4/4にし、ナミを出す。

 

メタモールをリクルートする非対象ユニットです。

「バルビー」リクルートできると7コスで盤面に3/6ガーディアンと3/3非対象が並ぶので非常に堅牢なムーブと言えます。

メタモールを「バルビー」と「ナミ」のみにして確定サーチすると強力といえるでしょう。

「ライオネルフラッシュ」でコスト減できたら早くから圧殺できるかもしれません。

 

ただ、「ナミ」はメタモールでありながらメタモール軸ではあまり使えず

「バルビー」以外のメタモールはリクルートしても7コス相当の利益がありません。(ケヤキはいますがバルビーで十分)

また、USBに関しても条件が厳しいうえ、4/4変更は永続ではありますがソルバLV3の方が一撃性に勝ります。

もし使うのであれば「バルビー」と共に出張セットとして構築する方が良さそうです。

 

ただ、その「バルビー」も「ガイナー」という同コスト帯の強力なライバルが出現した為採用を見送られぎみではあります。

B2環境の今でも強力なコンボではありますが、作成優先度自体はやや下がりました。

B1は1ボックス配布なので狙っていってもよさそうですね。

 

『無窮の英雄ギルダン』

モナーおじさん

f:id:seisyuu:20180513200610p:plain

①ログイン時、相手ユニットを指定し、それがフレンド状態でない場合破壊する。

②自身がフレンド状態の場合、「クイック」と「攻撃時ダメージを与え合う前に破壊する」を付与する。

 

 

ソルジャーズでありながらメタモール構築でその真価を発揮します。

ログイン時の確定破壊と、クイック付与による攻撃時の破壊で計2枚破壊することができ、高い盤面処理能力を持っているといえますね。

クイックと攻撃時破壊の付与はフレンド状態であることが前提なので、返しターンまで生存できる「バルビー」などのフレンドリンクを使って行きましょう。

 

ネックなのはやはり高コスであるという点でしょうか。

8コスは散々言いましたが、ラピスにはかなり重いコスト帯といえ、リーサルムーブに繋がる札でもない限りはあまり入れたくはありません。

最大二枚とれるのですが、フレンド状態という制約からやや不安定といえ、相手次第感が強いのもマイナスです。

さらには8コスには「プリノウズ改」という最大で4枚とれるうえにリーサルにつかずける万能ユニットが加わったのも厳しいところ。

 

ただ、ギルダンは大型ユニットを複数取れる点では「プリノウズ改」に勝ります。

クイックさえしっかり付与できれば改を意識して真ん中に置かれた「ソドムⅡ」も倒すことができるのはありがたいですね。

 

ただ、破壊であるならば「黒般若」や「アサギリ」が存在するのでやはり厳しいといえるかもしれません。

作成優先度は現状低めで、リセマラで当たっても優先度の高いGC用に砕いても良いかもしれません。

 

終わりに

今回は以上となります。

B1はラピスは専用構築よりも出張セットとしての優秀さが目立ってましたね。

「ナミ」「バルビー」や「ファビアン」「ミアハリスン」が驚異でした。

次回は

B2ラピスのGCについて書く予定です。

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。