生執の思考球体

パイプタバコ、漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)初心者の味方低レアリティカード マグナ編ベーシック巻

玲瓏で再構者デッキを作ろうと思ったのですが、B1実装時に全砕きしたのでまた作るはめに…新弾のために貯めてたBITを崩すしかありませんね。

 

 

はじめに

今回からマグナの使える低レアリティカードを紹介していきます。

まずは費用がかからないベーシックの記事となります。

マグナのベーシックは扱いやすいカードが多く、環境デッキでも使われるカードも多々ありますので組み込んでみてはいかがでしょうか?

 

ベーシックのカード

『臨床医サリ』

様々な場面で活躍する汎用ユニット

f:id:seisyuu:20180415155336p:plain

ログイン時、指定ユニットの攻撃力と体力を入れ替えます。

 

マグナと言えばこのカードといえるほどよく使われるカードです。

ステータス入れ替えは体力の大きいカードに使って奇襲を仕掛けることもでき、逆に

低い攻撃力のカードに使って取りやすくもでき、

「エクストリーム・インボイスや、ジャッジメント・ゼロ」などの攻撃力2以下を破壊するカードとも相性がよく、適宜入れ替えて使うこともできます。

 

また、攻撃力0のカードを指定すると体力を0にし、破壊することが可能です

「アルトオルト」「マキ」「リノベーコ」などの厄介なカードをこのカード一枚で処理できるのはもちろん、マグナお得意の攻撃力デバフで0にしたユニットを取りに行くこともできます。

その性質を活かしたコンボが「スウィート・メス」と「サリ」を使った通称「メスサリ」です。

たった3コスでほとんどのユニットが確定除去ができるので強力なコンボといえます。

 

そしてイプシロンとの相性もかなり良好で、

サリ→イプシロンでサリを回収(ランダム攻撃力-2)→サリを出し攻撃力を0にしたユニットを破壊

というムーブができ、かなり堅牢な盤面を作ることができます。

 

その他に「キングママ」を出しオバヒ「サリ」で9点ダメを叩き込んだりなど色々できるので自分なりのコンボを探してみると良いかもしれません。

 

『エクストリーム・インボイス

マグナを象徴する一枚

f:id:seisyuu:20180415155231p:plain

指定した攻撃力2以下のユニットを破壊します。

単純にしてかなり使えるスペルです。

攻撃力2以下のユニットはそれなりに多く、ラッキースタッツ(2/3)の3コスやキングママなどが取れるのはかなり大きいといえるでしょう。

体力バフを選択した「シルヴィア」もとれますが、マグナ相手に体力バフをすることが少ないので注意。

 

もちろん、マグナの特徴といえる攻撃力デバフを使うことで対応幅を増やすことができ、「イプシロン」や「スウィートメス」でのデバフや、「ラブレター」の2/2にする効果と組み合わせることで戦況を優位にしていけます。

 

コンボ無しでも序盤のロスを埋めてくれる有用な除去札なので、はじめの内は多めに入れておいても良いでしょう。

ただし、コンボを濫用して、複数枚使った除去をしていると、ハンド枯渇でジリ貧になりがちなので逸って変なところで除去しないように気をつけましょう。

 

『傀儡医マイロ』

髪型が80年代の漫画のヒロインっぽい

f:id:seisyuu:20180415155243p:plain

f:id:seisyuu:20180415165740p:plain

ログアウト時、相手に医学ウイルスを付与します。

医学ウイルスは相手ターン開始時、こちらのライフを1回復する効果です。

2コス2/2という標準スタッツを持ち、ウイルスを押し付けることができる単純に優秀といえるユニットではないでしょうか。

ウイルスの押し付けは処理をさせることで相手のテンポを若干阻害することができ、うまくいけば微弱ながら継続的な回復に繋がります。

 

ただし、医学のウイルスは他のウイルスと比べてデメリットが軽すぎるので、無視されがちです。(ウイルス運用を察知された場合は捨ててくれますが)

もしウイルス付与を効果的に運用するのであれば、ウイルスを効果的に使った「ウイルスショット」などの構築に寄せると良いかもしれません。

ベーシックにはウイルスに関したカードもあるので資産が無い内はとりあえず仮組みしてはいかがでしょうか。

 

『赤頭巾マヤ』

医学ウイルス撒き要因その2

f:id:seisyuu:20180415155252p:plain

 相手に直接攻撃が成功した場合、医学ウイルスを付与します。

1/3スタッツは取られづらく、ガーディアンが無い限りは顔を狙うことでウイルス付与にいけます。

 このカード単体での運用はそこまで強いとはいえず、単純に1/3が欲しいのなら「リベリー」がいるので、やはりウイルス運用が主体なのではないでしょうか。

また、「マイロ」とは違い、直接攻撃する必要があるため後半に出すとやや厳しいかもしれません。

 

『ショック』

 素で使っても4コスのバウンスカード

f:id:seisyuu:20180415155223p:plain

指定ユニットをコントローラーの手札に戻します。また、相手がウイルスを持っている場合コストを2減らします。

単純な運用でも4コスで確定バウンスができるため、高コストのカードに使うとコスト面でもアドバンテージがあるでしょう。

もちろん、ログイン持ちユニットに使うと再利用されるため注意が必要です。

また、自ユニットも戻せるためこちらが再利用するという芸当もできるため覚えておきましょう。

競合する除去カードには同コスト帯でデッキバウンスの「ロマンチックバウンス」、パワー2以下全除去のジャッジメントゼロ」などがあるので上手く差別化させていきましょう。

特に4コス帯は必須級のユニットがひしめいているので重くなりがちです。

 

基本的に使うのであれば、ウイルス軸でしょうか。

2コスでフリーバウンスはなかなか強力といえ、軽コストで相手のガーディアンを戻したり、バフカードを退けることで盤面の優位を引き込むこともできます。

 

他のレアリティのカードと性能で比較するとやや厳しいカードかもしれませんが、無料のカードでは破格と言えるのではないでしょうか。

 

『デリート』

確定破壊ができるカード

f:id:seisyuu:20180415155219p:plain

指定ユニットを破壊します。また、相手がウイルスを持っていた場合2コス減ります。

単純明快な確定破壊カードです。

1:1交換はできますが、6コスで使うとそのターン他にあまり動けずに終わってしまうため、やはりウイルスありきで使うのがベターでしょうか。

ただし、4コスで使うにしてもそのターンウイルス供給した場合、2枚つかうため、結局「メスサリ」などと使用枚数が一緒になるため注意が必要です。(更に言えばメスサリの方が低コストかつ汎用性が高いです)

またGCにはなりますが、「ディアマンテ」が実質確定除去札といえるため競合カードとなります。(もちろんガーディアンに隠れたカードやシャドウなどがとれるという差別化はできます)

 

とはいっても資産が足りない初期、一枚で確定除去はかなりありがたい存在と言えるのではないでしょうか。

コントロールマグナは必須GCが多くレア枠ですらなかなか首が回らないという状況にもなりやすいので、とりあえず入れて様子をみるのも良いかもしれません。(なんだかんだ言って高コストカードが取れると嬉しいというのもあるので)

 

終わりに

今回は以上となります。

マグナのベーシックで特に覚えておきたいのは「サリ」と「インボイスです。

まずはこのカードをどう活かせば強いのかを考えてみましょう。

 

次回はマグナのコモンを書く予定です。

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。