生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ  この言葉、君に届け 2話-2(前編その1)「チケが・・・水泡に・・・」

はじめに

※本編以外の部分はイベ終了後に書いています。

 

早いもんでもう1/20・・・

いや、もう二月なんすね?

 

いや、そもそも前は

たかが20日で一か月の終わりを感じることはなかったはず・・・

 

時間が早くなったというよりも

気が早くなってるのかもなぁ・・・

 

 

 

f:id:seisyuu:20220120042950j:plain

ロキとの遭遇・・・

未知との遭遇みたいに言うな。

 

しかしマチネが悪者らしいのは分かったけど、

ここからどう転ぶのか全く分からんわけで・・・

 

今回はきちっと五話までやるんすもんね?

正直尺とか保つのかな・・・

 

まあ狩人イベが駆け足過ぎたのからね。

 

 

前編-どっかの屋敷にて

f:id:seisyuu:20220120042954j:plain

f:id:seisyuu:20220120042957j:plain

f:id:seisyuu:20220120042959j:plain

f:id:seisyuu:20220120043001j:plain

f:id:seisyuu:20220120043821j:plain

アッズーロ側の当主か・・・

 

プロメテウスの雇い主だし、

こっちの方は信用してもいいんすかね・・・?

 

まあそれはともかくお医者さん?

この人体が悪いとかなのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20220120043824j:plain

f:id:seisyuu:20220120043826j:plain

f:id:seisyuu:20220120045141j:plain

f:id:seisyuu:20220120045145j:plain

f:id:seisyuu:20220120045147j:plain

f:id:seisyuu:20220120045149j:plain

街には医者が他にもいるのに敢えて外から呼んだと・・・

 

確かに尤もらしいというか、

別に文句の付け所もないっちゃないけど、

ロッソ側見たあとだと勘ぐっちゃうな・・・

 

別にそういった理由であっても

この街の医者を使えばいいだろうし・・・

 

流石にロッソ贔屓の医者は無理かもだろうけど、

アッズーロにも医者はいるんだよね?

 

ロッソ=理系、アッズーロ=文系とか

そういう地獄みてーな区分けじゃないよな・・・

 

まあ歌手ってのはプロメテウスのことだろうし、

彼女の専属ドクターって感じでいいのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20220120045506j:plain

f:id:seisyuu:20220120045508j:plain

f:id:seisyuu:20220120045511j:plain

f:id:seisyuu:20220120045513j:plain

f:id:seisyuu:20220120204350j:plain

プロメテウスのことを知ってるか・・・

 

まあ有名っちゃ有名だし、

別に知ってる人も多そうなんだけど・・・

敢えて隠す必要があったんすかね・・・?

 

あれか、プロメテウスのファンなんだけど、

それを公言したらキモがられて降ろされると思ったとか?

 

f:id:seisyuu:20220120204434j:plain

f:id:seisyuu:20220120204604j:plain

ああ、アンドラスなんだ・・・

そりゃプロメテウスのことを知ってるよね・・・

 

まあコンセプトアートにもいたし、

今回重要な役回りになるとは分かってたけど・・・

 

一体どんな形で活躍することになるのか・・・

今回ほんとなにからなにまでわかんねーな・・・

 

 

『超絶悲報』

f:id:seisyuu:20220120212459j:plain

あ・・・・

 

引くの忘れてた・・・

編集中ふと気づいてページ飛んだらこれ・・・

 

うそだろ・・・

ほんとは新メギド引けてたかもしれないのに・・・

 

やべー、このままだと指名チケも忘れそうだから

早めに交換しとこ・・・

 

多分、明日か明後日あたりに・・・

いや、来週のどこかで・・・

 

 

コメント返信コーナー

f:id:seisyuu:20220120212820p:plain

確かにバラムはなぁ・・・

六章のときもそうだったけどあんまり動かないし、

心理描写中に結論だして終わったりしてるんすよね・・・

 

大体強硬手段だから行動に移されても困ることも多い。

 

まあ今回のイベはとことん周りが早いというか、

長いんだけどロールが巧みだったというか、

なんというか・・・

よく分かんないけどスルスル進んでたんだけど、

やっぱ読み返すとクッソ長いって不思議な感じなんすよね・・・

 

ほんとなんなんだろこの感じ?

 

 

たっくんさん、

コメントありがとうございます!

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

正月チケ・・・もっと早く気付いていれば・・・

ああマジでテンション下がった・・・

 

最近良いことねーなぁ・・・

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。