生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ その776 メインストーリー 四章 28-3〜4「クッソ楽しいけどイベがくるか・・・」

はじめに

なんか一気に寒くなりましたね・・・

体の芯から冷えるというか・・・

 

そういやもう12月もあと10日なんだよなぁ・・・

 

 

 

f:id:seisyuu:20191119162841j:plain

懐かしき山小屋か・・・

 

お爺さんとの回想シーンとかもあるのかな・・・

 

てかもう死んでるんだろうけど、

出てきたとして固有グラなのかな・・・

 

モブだったら魔法使いっぽいやつなのか、

それともライオの方なのか・・・

 

 

今回は前編のみ-小屋にて

f:id:seisyuu:20191119193614j:plain

f:id:seisyuu:20191119193620j:plain

f:id:seisyuu:20191119193624j:plain

モンモンの家か・・・

 

手入れがされてるってとは

やはりパイモンが住んでいる・・・?

 

アンチャーターのために未踏地に来て、

仮住まいにしてるとかだとも考えられるけど・・・

 

f:id:seisyuu:20191119193629j:plain

f:id:seisyuu:20191119193633j:plain

f:id:seisyuu:20191119193637j:plain

お爺さんは移住してすぐに亡くなったか・・・

ある意味「役目が終わった」と悟ったのかな・・・

 

生きる目的を全うしたと感じた人間の

余命ってのは短いものだから・・・

 

てか辺境といっても

グロル村とは言ってないから違うところなのかな?

 

その村は流石に円満で旅立ったんだよね?

焼かれてないよね・・・?

 

最初に幻獣と遭遇したのは

ブネ兄貴と邂逅したときっぽいしそれはないか・・・

 

f:id:seisyuu:20191119193641j:plain

f:id:seisyuu:20191119193645j:plain

不死者だって住むところは必要・・・

 

なんか不死者って

定住せずに放浪してるイメージがあるな・・・

 

同じ場所に止まってても良いことないだろうし・・・

 

力を見せずとも不老だと認識された時点で

畏怖、差別対象になりそうだしな・・・

 

f:id:seisyuu:20191119193729j:plain

f:id:seisyuu:20191119193733j:plain

パイモンまであと少しか・・・

 

てか今回も前編だけなんですね・・・

 

四章が一〜三章合わせたレベルで長いとか聞いたけど・・・

つまりこれからクッソ長くなるのか・・・

 

f:id:seisyuu:20191119194009j:plain

てか道中の敵からもオーブ泥するんですね・・・

 

何気に初めて知ったぞ・・・

 

睡眠耐性持ちってのも貴重だし、

確定でめまいまで撒けるのか・・・

 

まあ間隔2ターンだけど状態異常も2ターンだし、

場合によっては使えるかな?

 

あんまりにも短いんで次も一緒に書いていこう・・・

28-4

f:id:seisyuu:20191119194501j:plain

パイモン・・・来たか・・・

 

サーヤイベで初めてシルエットみたとき、

女性なんだか男性なんだかわからなかったな・・・

 

 

前編-モンモンサイド

f:id:seisyuu:20191119194657j:plain

f:id:seisyuu:20191119194702j:plain

f:id:seisyuu:20191119194706j:plain

f:id:seisyuu:20191119194710j:plain

パイモンとモンモン・・・

 

思い出したかってことは

やっぱり色々と知ってるんですね・・・

 

ただ思い出したことといえば、

「お爺さんと一緒に住んでた場所」ってくらいで

他は特にって感じ・・・

 

思い出してない

もっとやべー案件でもあるのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20191119194714j:plain

笑顔ねぇ・・・

作為に満ちた不敵な笑みとかじゃなく・・・?

 

ほんと敵意ないんじゃないこの人・・・?

 

でも今回のボスだし・・・

 

f:id:seisyuu:20191119194720j:plain

f:id:seisyuu:20191119194723j:plain

f:id:seisyuu:20191119194727j:plain

f:id:seisyuu:20191119194821j:plain

なんか父と子というか、

兄と弟の戦い味あるよな・・・

 

アンチャーター争奪戦の一環だってのに、

全然それを感じられないというか・・・

 

ボス戦

f:id:seisyuu:20191119194847j:plain

連撃と状態異常か・・・

 

でも・・・ファイターってことは前列優先なんでしょ?

 

f:id:seisyuu:20191119195050j:plain

なんか久々のガープくんワントップ。

 

インチェイサーもあるし

一気に畳み掛ければ終わるでしょ(適当)

 

f:id:seisyuu:20191119195439j:plain

f:id:seisyuu:20191119195444p:plain

f:id:seisyuu:20191119195450p:plain

う〜んイケメン・・・

 

ただサーヤイベで見てるんだよね・・・

 

f:id:seisyuu:20191119195456j:plain

ポータルと比較するとスキル以外全然違うんですね・・・

 

暗闇、毒撒きとか地味に厄介だけど・・・

まあ特に苦戦する要素はありませんでした。

 

この調子だと毒に気をつければVHも余裕そう。

 

 

後編-モンモンサイド

f:id:seisyuu:20191119195553j:plain

f:id:seisyuu:20191119195557j:plain

f:id:seisyuu:20191119195601j:plain

パイモンに勝利する一行・・・

 

なんだ不死者とか大したことないじゃん!

 

まあ成長させきってなかったら

結構きつかったかもしれないけど・・・

 

f:id:seisyuu:20191119195606j:plain

f:id:seisyuu:20191119195611j:plain

パイモンは本気ではないねぇ・・・

 

つまり明確な敵意、殺意はないってことだよな・・・

 

まあここまで丁寧に誘導されて、

特に罠もなくってことだし、

思い出させることが目的だったのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20191119195735j:plain

f:id:seisyuu:20191119195740j:plain

f:id:seisyuu:20191119195745j:plain

f:id:seisyuu:20191119195754j:plain

f:id:seisyuu:20191119195800j:plain

パイモンはアンチャーターを持っていないか・・・

だったらもう別な不死者が持ち去ってた・・・?

 

てかそれだったら

その不死者とはメギド体で戦う必要があるの・・・?

 

お供幻獣とかも従えてそうじゃんそんなの・・・

 

f:id:seisyuu:20191119195804j:plain

f:id:seisyuu:20191119195810j:plain

f:id:seisyuu:20191119195815j:plain

f:id:seisyuu:20191119195921j:plain

召喚を受け入れる・・・というか促してますね・・・

 

それがパイモンの目的だったのか・・・?

 

てか、え?パイモンここで仲間になってくれるの?

 

f:id:seisyuu:20191119194501j:plain

↑クリアでメギドをGET!

とか書いてなかったよね?

 

つまりまだなにかあるってことか・・・

 

f:id:seisyuu:20191119195925j:plain

f:id:seisyuu:20191119195929j:plain

f:id:seisyuu:20191119195934j:plain

f:id:seisyuu:20191119195939j:plain

f:id:seisyuu:20191119200003j:plain

チュートリアルとかまたメタ臭いことを・・・

 

不死者を倒して使役することで勝ち進む・・・

要は少年漫画みたいなノリなんですね(完全理解)

 

てかバラムとかアスモ姉貴とか、

それだけで仲間になってくれるとも思えないんだよなぁ・・・

 

もっと肉体的ではなく心理的に屈服させないと・・・

 

f:id:seisyuu:20191119200105j:plain

f:id:seisyuu:20191119200109j:plain

先代か・・・

先代ってやっぱお爺さん?

 

てかモンモン両親は先代じゃないのか・・・

 

なに?

ソロモン王は男系が継承する必要があって、

モンモンパパは入り婿だったとかなの?

 

f:id:seisyuu:20191119200113j:plain

f:id:seisyuu:20191119200117j:plain

f:id:seisyuu:20191119200121j:plain

f:id:seisyuu:20191119200314j:plain

f:id:seisyuu:20191119200318j:plain

ダムロック・・・

きちんと名前があるんですね・・・

 

モンモンはプレイヤーネームがあるのに

名前で呼ばれずソロモン呼びだしなぁ・・・

 

そして唯一召喚に成功したメギド・・・?

 

まあお爺さん世代はおそらく平和だったから、

そこまでメギドを抱え込む必要もなかったか・・・

 

それか単に才能がなかった?

それか

「召喚してないだけでメギドの友人はいた」とか・・・

 

f:id:seisyuu:20191119200322j:plain

f:id:seisyuu:20191119200326j:plain

f:id:seisyuu:20191119200330j:plain

まあ「指輪はお爺さん由来」だってのは

なんとなくわかってたけど・・・

 

てかやっぱ血筋の問題?

血の繋がったお爺さんだよね?

 

f:id:seisyuu:20191119200334j:plain

義理は返せたか・・・

 

てかお爺さんが召喚したなら

もっと身近にいて、

モンモンも覚えてていいような気もしますね・・・

 

それにお爺さんが死んだとき、

そばにいてもおかしくないような・・・?

 

なんなら指輪と一緒に契約も継承してもいいだろうに・・・

 

それが「できなかった理由」があるのか、

それとも孫に楽させないためのスパルタなのか・・・

 

「指輪の、ソロモン王の存在を隠したかった」

とかもありえそう・・・

 

f:id:seisyuu:20191119200428p:plain

パイモン召喚!!!!!!

 

普通に仲間になるんかい!

 

まあネタバレを回避するために

意図してマスキングされてたとかなのかな?

 

女性メギドと同時編成でお手軽バフかかるし、

覚醒スキルで追撃付与か・・・

 

奥義も高倍率だし、

MEで自身の覚醒ゲージ-1にするしで・・・

 

不死者ほんとつえーな・・・

 

f:id:seisyuu:20191119200434p:plain

大幻獣も追加きたああああ!!!!

 

そういえばしばらく追加とかなかったな・・・

 

f:id:seisyuu:20191119202956j:plain

あ、ちなみにVHまでクリアできました。

 

まあ楽勝でしたね・・・

 

てかパイモンの素材多すぎてやばい・・・

 

f:id:seisyuu:20191120190401j:plain

f:id:seisyuu:20191120190448j:plain

f:id:seisyuu:20191120190452j:plain

 大幻獣・・・なにこれ・・・

 

調子に乗ってハードからやったけど

攻撃力4000超えとか初めてみたぞ・・・

 

つまりスリップダメ以外まず入らないから、

とりあえず耐えろってことですかね?

 

蘇生されるけど砲台を潰せと・・・

 

てかこれ、アタック以外ダメ手段ないから

アタック強化グレモリーの奥義発動して

ただ待ってるだけでいいんですね・・・

 

フォラスは耐久心配だから

リリム使ってなんとか・・・

 

なんにしてもクッソダルいなこれ・・・

 

コメント返信コーナー

f:id:seisyuu:20191120191030p:plain

5章はさらにボスがやばくなるのか・・・

スタミナ20超えるとかスタドリで二回しか潜れない?

 

そうなるとそういったテクニックも使う必要があると・・・

 

やはりリタマラは必要なのか・・・

 

幸さん、

コメントありがとうございます!

 

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

パイモンが仲間になって、

大幻獣が増えて・・・

そして明後日には新イベか・・・

 

名残惜しいけど新イベ期間短いから

そっちに全力投球しかないですね・・・

 

そういやメイン勢は仲間になった時点で

メギクエ見た方が良いとか聞いたけど、

それなら29話行く前にちょっとのぞいてみようかな?

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。