生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ 閉ざされた世界の中で  1話-1(前編その3) 「孤島の鬼」

はじめに

パイプタバコの加湿用に精製水買ったけど、

知らん内に二割くらい高くなってたんか・・・

 

まあそこまで使わんからいいんだけど

世の中マジで値上げと個数減りがしんどいっすね・・・

 

 

前編-モンモンサイド

 

目覚めるモンモン・・・

 

てか気絶してたんすね?

 

まあそれよりここは洞窟?

物理法則もきちんとしてて空気もあるんだ?

 

場所が場所だったらほんと即死でしたね・・・

 

かなりマズい状況ねぇ・・・

とりあえず歩き回れる程度には広いと。

 

生き物がいないってんなら

餓死も考えられるしマジで詰んでそう・・・

 

ただ一応雑魚戦があるっぽいから幻獣くらいはいるのか?

 

ゲートの中にいるか・・・

で、「確殺」ってことはどこにも繋がってないとかなんすよね?

 

赤い月作戦で次元の狭間に放り込まれたメギドとかも

こういった場所で死んでいったのかな・・・

 

てかあとミュトスの言葉は注意を引くデコイかと思ったけど

結局起動の呪文だったのかあれ?

 

閉じ込めて絶対殺す装置・・・

まあ利敵行為になりかねない追放刑に変わる新たな流刑とか?

 

それかフォトン節約の為に幻獣やメギドを一掃する為とか・・・

 

ブネ兄貴は呼べない、出口がない空間と・・・

てかフォトン自体はあるんすね?

 

ただこれを言うとかなり野暮なんだろうけど、

背景的に光源はあるっぽい?

 

出口のない迷宮・・・男二人・・・

前にも言及したけど孤島の鬼のシチュだな・・・

 

江戸川乱歩の小説。

終盤に「六道が辻の地下迷宮」を彷徨い、

疲弊した相棒が錯乱して大変なことになる。

「酢を飲むと体が柔らかくなる」とかいう迷信って昔からあったんだ・・・

 

ああ、両側を閉じたゲートって

自然消滅するとかじゃなく残り続けるんだ・・・

方側の封印しか知らなかったからなぁ・・・

 

でもほんとどうすんだろ?

リリムが出て来て全て解決するとか

なにかしらのチートを使う以外方法があるんすかね?

 

ああ、塞いでるなら開ければいいって話なのね?

 

しかしゲートの間道ってあんまり注視してなかったけど

岩があるってことは物理的な問題なのかな・・・

 

幻獣の咆哮・・・

このトンネルに住み着いたやつなんすかね?

 

もしそうならなにかしらの食料もありそうだけど

人間が分解できるかはまた別問題だからな・・・

 

岩が主食だとしたら

その幻獣も食えるかどうか微妙っぽい。

 

なにイチャイチャしてんだよ・・・

 

そういやもう大罪同盟やら8魔星やら

色んなビッグネームが仲間になってるし、

不死者の価値も少し薄まった感じなのか・・・

 

でもまあバラムはあれでしょ?

普段からもっと見てって言いたいんでしょ?

 

パイモンに対してのダムロック、

バラムに対してのモンモンって感じだったもんね・・・

 

パイモンの再召喚とか

ダムロックの過去話とか挿入されまくりそう。

 

あるとしたら来年のメギドの日イベ辺りかなぁ・・・

 

ああ、ミュトスいたんだ?

てか死んでなかったんだ?

 

あれかな、長距離高速移動でエネルギー食って死ぬけど

今回のは「そう長距離でもなかったから大丈夫」的な?

 

まあ手がかりっちゃ手がかりだから助けないとね・・・

 

元凶とは言ってもほんとの元凶はダイオーンだから・・・

それか転移装置作ったやつだから・・・

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

相変わらず記念イベは長いけど、

今回の前編はまだ短い方ではあるのか・・・?

 

まあまだ始まったばかりだし、油断すると絶望しそう。

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。