生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)2018/04/11 公式ニコ生情報

 

 

はじめに

 

今回は公式ニコ生の情報を記事にしたいと思います。

速報性を重視しているためやや乱文、誤字脱字があるかもしれませんが、後ほどリライトしますのでご了承ください。

 

ランクマッチ 国別使用率

f:id:seisyuu:20180411204008p:plain

f:id:seisyuu:20180411204057p:plain

ユニオンは相変わらず多いですね。恐ろしい国家だ。

先行後攻の勝率は相変わらず美しいの一言。

国別の先行後攻勝率も欲しい・・・欲しくない?

 

 PRパックVOL.10

f:id:seisyuu:20180411204248p:plain

 

『牛鬼<試>』

f:id:seisyuu:20180411204305p:plain

前回のニコ生でも紹介されたカード。

八戒の発明した初めての作品らしいです。

罠タオシンでがっつり使いたい。

機械種族であるので「メイヨウ」との相性もよさげ

 

『玲瓏の忌憚者』

f:id:seisyuu:20180411204343p:plain

自身がカードを一枚以上引くたび、同名カードを場に出します。

起動1コスで自壊し、カードを一枚引く。つまりまた出てきます。

 

傍観者の仲間だそうです。

返しターンがきたらボコボコ増えていきます。

これにより再構者マグナのチャンスが増えたかも知れません

ドロー効果によりGCを手繰り寄せることもできますし、

手札が増えることでアドバンテージを得られる「マニー・ポポ」などとも相性が良いでしょう。

高コストかつスタッツも控えめであるため構築の難易度は高めでしょうか。

起動自壊をもつため「急襲」されても安心安全!

 

『執行人ミストメーカー』

f:id:seisyuu:20180411204607p:plain

ログイン時、ランダムなカードを一枚手札に加えます。

ウイルスを使うたび攻撃力に1バフ入り、それが化学、生物学以外であった場合、代わりに+1/+1しターン終了時までクイックを付与します。

起動2コストでもランダムなウイルスカードを補給できるとい至れり尽くせりっぷり。

 

3/5のクイックになるのは単純な脅威といえますが、現状このカード以外で化学と生物学のウイルス以外を供給する方法はありません。(一応ピットくんで相手のユニットにウイルスを付与し、相手がそれで顔を殴ることで可能ではあります。)

バフ自体は永続という点は単純に強く、若干取りづらいスタッツも合わさり厄介な存在といえるでしょう。

ミランダと並んだ場合ひどいことになりそうです。

 

 

プロモは4月13日(金)に実装されるそうです。

f:id:seisyuu:20180411204945p:plain

 どのカードも効果、見た目共々魅力的なカードなので楽しみです。

 

交流会急遽追加!

f:id:seisyuu:20180411205102p:plain

f:id:seisyuu:20180411205117p:plain

東北にもきてください!なんでもしますから!

 

 

デッキ枠拡張やったぜ。

f:id:seisyuu:20180411205210p:plain

ネタデッキ枠がどうしても欲しかったので助かります。

次次弾くらいにはもう少し増やして欲しいですね。

 

新弾直前!ウォーブレ最前線営業所の放送決定!

f:id:seisyuu:20180411205342p:plain

新弾情報の開示もあるようです。

 

 

新弾イラストリーク

f:id:seisyuu:20180411205807p:plain

風の村に電車・・・?背景の獣はケモ成分多めですね。

右手に腕時計ということは左利きですかね?(シンパシー)

右のからくり人形は味噌汁を持ってきてるようです。

和といえばラピスでしたが、からくりというのであればタオシンのカードでしょうか?

 

f:id:seisyuu:20180411210020p:plain

ハダルゾーンとは超深海領域を指す言葉なので海に関したカードなのでしょうか?

マグナの次の舞台は水の国らしいのでマグナかもしれませんね。

髪の結わえ方や背景の建造物から乙姫のようにも見えますね。

浦島吾郎となにか関連があるのでしょうか。

 

 

終わりに

その2につづきます。

その2ではカードのストーリー背景についての新情報をまとめています。

もしよろしければ下記リンクよりお読みください。

www.seisyu-work.com

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。