生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)このムーブをすこれ! 鬼王連打でウホウホバーン!

フォロワーが600人到達!

まあフォロバも含んでいるうえ一時的かもしれませんが、ブログを書いて半年、

フォロワーが10倍近くになりましたね。

 

「このムーブをすこれ!」ベースページはこちら 

www.seisyu-work.com

 

はじめに

今回は「鬼王」を主役となるムーブについて書いていきます。

「鬼王」といえば有名な「鬼王ダンク」で、今回はその派生系になりますね。

 

今回の主役

「鬼王<試>」

圧倒的な暴力にシビれろ!

鬼çï¼è©¦ï¼

①チャージ:ターン終了時、攻撃力を-3デバフし、このユニットに3ダメージ

ログアウト時、このユニットが破壊された時点での攻撃力分のダメージを相手ライフか相手ユニットにランダムに与える。

 

今回主に扱うのは②のランダムダメージです。

これにより相手に特大ダメージを与えることができ、リーサルを狙っていきます。

 

今回の内助の功

『彗創の聖剣エリカ』

ソルバをなんども使い回せる!

æ§åµã®èå£ ã¨ãªã«

①自身のソウルが最大値の場合、このユニットは手札で4コスとなり、ログイン時このユニットに「ガーディアン」と「非対象」を付与する。

②自身のソウルが0、もしくは使用済みの場合、このユニットは手札で5コスとなり、ログイン時このユニットに「アブソーブ」と「インパクト」を付与する。

③起動(1)自身のデッキ、または手札に「エリカ」が存在する場合、それをランダムに一枚捨て、自身のソウルバーストを使用可能状態にする。(ソウルが0に戻る)

 

今回のキーパーツとなります。

③の起動でソウルを復活させることで「鬼王」のログアウト効果を連打するという荒技が可能となりました。

 

注意点

「鬼王」、「エリカ」は共にGCであるためデッキボトムに沈んでいる可能性があり、特定のサーチ法も無いため、最悪の場合のサブプランを用意すると良いでしょう。

 

幸い、最近では「野宿」や「ピストーネ」などのデッキ圧縮が増えたため案外決まる場面も多いのではないでしょうか?

 

 

ソウル管理をしよう

最終環境のB3までにソウルを消費、増加させるカードが大量に増えました。

これらのカードをうまく運用し、手札にキーパーツがきたなら一気に決めに入りましょう。

以下、ソウル管理の際に役立つカードを挙げていきます。

 

『みんなで野宿』

1コスでマシマシしすぎぃ!

ã¿ããªã§é宿

このカードでデッキ圧縮とソウルゲインを図ります。

 

これにより「鬼王」などを手繰りつつソウルを得ることができるので積み得にも思えますが、

相手にも効果が及ぶので先にキーパーツを引かれたり、中盤以降に使うと相手のリーサルが遠のいたりするのであまり過信はできないかもしれません。

 

1コスといえどもコストはコスト。下手すると死蔵する可能性もあるので切り方には十分注意しましょう。

 

『魂削衝撃弾』

1コスの確定除去

é­åè¡æå¼¾

タオシンにはありがたいソウル消費型の確定除去です。

ダブついたソウルを適宜減らすこともでき、そうすることで「八光剣」の効果利用も可能となります。

 

盤面戦が特に重要なタオシンには夢のようなカードですが、「ユウユウ」などとの噛み合わせが厳しい場面もあるので、こちらも状況をよく読みましょう。

 

「辺境動物族の応援」

結局なんだったのかよくわからない種族

辺å¢åç©æã®å¿æ´

ソウル管理のスペシャリストといえます。

多いなら減らして蘇生、少ないなら増やしてしまうという、言わばバルブのような存在ですね。

一応、蘇生は最大コストを参照しないので1コスが墓地にいればそれが蘇生される可能性があるので注意しましょう。

 

調子に乗って使いすぎると手札枯渇の引き金となってしまう点でも注意ですね。

 

「夜魂妖女ユウユウ」

しぶとさはかなりのもの

å¤é­å¦å¥³ ã¦ã¦ã¦ã¦

タオシンの盤面要因で、「鬼王」ムーブのソウル消費要因です

 

上手にソウルを管理して居座ることができれば、長い間相手に圧をかけることができ、

ソウルが無い場合でも最悪2コス2/2要因としても使えるため無駄がありません。

 

ただし、最近では効果消しや「アン」によるログアウト妨害もあるため以前ほどの安心感はありませんが、まあ仕方ありません。

 

『奥義聖光闇裂八光剣』

相変わらずタイピングが面倒なカード名

奥義 èåéè£å«åå£

ソウルの爆上げからなにまで、かなり幅広い動きができます。

「ピストーネ」からサーチする事ができるので、手繰る分にはやりやすい一枚。

単にソウルを増やすことでも十分強いのですが、

同ターン、ソウルを増やすカードを事前に使っていれば相手ライフに大ダメージを与えることができ、リーサルに持ち込むことも可能ということも覚えておきましょう。

 

注意点としては、ソウル最大値を超過した分は効果にカウントされないという点です。

 

つまり、ソウルが既に9の状態で「八光剣」を使ってもダメージも回復も発生しないという事です。

 

そういった死蔵を防ぎたいのであれば、上記のカードでうまくソウル管理をしていきましょう。

 

 

『魅惑の狐姫ダッキ』

サブプランとしても優秀な一枚

é­æã®ç姫 ããã­

もし、キーパーツが来ず、想定のムーブができなかった場合はサブプランとしてこのカードを使うと良いでしょう。

 

最終環境ではスタッツが高いカードが多く、奪ってそのままリーサルなんてことがよくありますね。

困ったときの除去札として使うにも優秀で同士討ちさせてお茶を濁すことも。

同士討ちで盤面を更地にして「鬼王」を蘇生し、バーなんてことも可能なので幅広い戦術がとれるのではないでしょうか?

 

ムーブ例

試験運用を兼ねていたためちょっと単品挿しが多いのは秘密

f:id:seisyuu:20180828190253j:plain

キーパーツが高コストに集約されているので、自然とミッドレンジ的な動きが前提となります。

序盤は相手に競り負けないために「ユウユウ」や「麒麟などで盤面を整えていきましょう。

「エミリー」などのセンチネルの出張も良いかもしれません。

 

後半までの橋渡しとしてビッグブラザー」で「ユウユウ」にバフをかけるなども強力ですね。

 

なんだかんだでビッグブラザーは強い!

f:id:seisyuu:20180828183036p:plain

 

盤面戦をなんとか凌いだら、次は「鬼王」を着地させましょう。

ここで「鬼王」は最悪破壊されても構いません。

その後B3「エリカ」を使い「鬼王バーンサイクル」の完成です。

 

やはり構築上引けない場合の方が多いためミッドレンジにスイッチして轢いてしまったり、「プリノウズ改」を切って対処するなりのサブプランはやはり必須となります。

 

相手ライフが7だったので両端のユニットで「ギャラクシー」を倒せばオバヒ「ゲンドウ」でリーサル!

f:id:seisyuu:20180828185639p:plain

 

終わりに

今回はB3版鬼王ムーブについて書かせていただきました。

鬼王→エリカのムーブは何度か成功しかけたのですが、成立する前に降参となったのでスクショが撮れませんでした。

 

こんな感じで好きなムーブ、コンボについて書いていく予定ではありますが、ちょっと時間のかかる記事のための場つなぎという形になりそうです。

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。