生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)そういや構築済みデッキ買った? ユニオン編

輸入したパイプタバコが切れそう・・・

次はなに注文しようかなー

 

当連載のベースページはこちら

 

www.seisyu-work.com

 はじめに

今回はユニオンの構築済みデッキについて書いていきたいと思います。

B1ユニオンはある種最恵待遇と言っても過言ではないほどの優遇っぷりで、色々と環境を荒らし回っていたイメージがありますね・・・

コントロールがとにかく怖くて使えませんでした。

 

E・G UNION の進軍

キメラとウイルスを駆使して絡め取れ!

f:id:seisyuu:20180822175930p:plain

f:id:seisyuu:20180825160155j:plain

SPプロモは「謀略の猛き導イザベラ」「エージェントセス」「ジュリアンヌ」

SRは「コードネームB」「エレファンク」「デスアリゲーター」「レディメア」となっております。

 

当時の「キアニーパーツ」こそ少ないですが、その特殊事例を無視した場合、使えるカードが多く、

ウイルスやキメラのキーパーツ封入されているため、構築済みデッキから特定のデッキに派生させ易いつくりになっているのではないでしょうか?(勿論当時の環境での話ですが)

SPプロモの「ジュリアンヌ」は現在でもどのデッキにでも入るほど優秀なので中々といえます。

 

限定SPPRについて

『エージェントセス』

手札損なし連続攻撃付き効果マシマシチョモランマ

ã¨ã¼ã¸ã§ã³ã ã»ã¹

①ログイン時、自身のデッキから「ヴァネッサ」を一枚手札に加える。

②このユニットがユニットを破壊する度、攻撃力を+1バフし、ターン終了時まで「2会攻撃」を付与する。

 

「ヴァネッサ」をサーチし、ユニット破壊時一度だけ攻撃追加を得られるユニットです。

 

デッキに「ヴァネッサ」さえあれば手札損が実質0になり、

返しターン生存できれば「ヴァネッサ」を出して弱体化させたユニットを刈り取る連携ができるため、無駄がありません。

 

また、相手の低コストユニットを倒してから顔を殴ることで5点パンチにすることもできれば、最大で2体除去できるなど、状況に応じて盤面と詰め、どちらも見れる点も優秀といえます。

 

スタッツも最低限はあるので生半可なカードではやられづらいというのも利点で、無視しづらいけど地味に割りにくいんですね。

 

ソルバとの相性も良く、優等生といったカードです。

 

 

発表当初

当時、キアニー環境で、このカードはキアニーとの関連性の薄さから強い効果ではあるけれど使うかは未知数といった評価でした。

 

少し遅めのデッキタイプとなるともれなく轢き殺されてしまうということで、ガーディアン持ちでもなく、出したとき棒立ちするユニットはあまり入れることがなかったんですね。

 

「セス」実装後

なんだかんだで実装当初はそこそこは見ました。

キアニー以外のデッキで相手ではなかなかの厄介さを持ち、「ヴァネッサ」との連携はやはり強かったのではないでしょうか?

三月末の「メイグル」「キアナ」のナーフ後、もう少し見ると思っていたのですが、

あまり見なかったですね。

おそらく、「セス」を使わずともユニオンは普通に強いということもあるのかもしれません。

 

B3で活路はあるのか

環境がインフレしたため、6コス4/4の棒立ちユニットということもあり、扱い辛さが増したといえます。

 

また、素数コストでない点もあり、素数構築にも入らないという点でやや狭まり気味といえ、

ウイルスやデッキ破壊構築にも入らず、使えるデッキがあまり無いという憂き目に遭っていますね。

 

ただ、優秀な効果を活かすカードは大分増えてきたのも事実で、B2のNスペルとの噛み合わせも中々良いですね。

「スパミング」でリワードを付けて硬貨を得て「パンドラ」で厚くしたり、

ハイランダー構築の「プリノウズ愛」USBで場を占拠したりと楽しめることはあると思います。

 

『謀略の猛き導イザベラ』

ファスナーをきちんと閉められるのか

è¬ç¥ã®çãå° ã¤ã¶ãã©

・シャドウ

①ログイン時、自身の場に化学者がいる場合、このユニットを+1/+1する。

 自身の場にキメラがいる場合、相手のランダムなユニット一体の体力を1に変更する。

 

シャドウ持ちで最大3/3の弱体付与ユニットになります。

 

シャドウ持ちはB1期に「トータルチェンジング」がなく、シャドウがあまり存在していなかったので貴重といえ、

キメラには「メイグル」(ナーフ前)、化学者には「テトラ」、「マリリン」などの場持ちの良いユニットが多くいるため、効果を両方達成し易いユニットであるといえました。

弱体の付与もランダムということもあり、当時ユニオンの悩みのタネといえた「ヨミ」に対しても有効という中々のスペックといえました。

 

発表当初

発表当初、上記のことから中々強いカードであると認識されていました。

「セス」と違い、キアニーとの噛み合わせも悪くなく、キアニーの必須パーツとの兼ね合いもあったので、期待もあったのではないでしょうか?

「イザベラ」実装後

セス同様、そこそこには見ましたが、キアニーではあまり見ることがありませんでした。

キアニーは重いカードにウェイトを置かないということもあり、4コスで必須では無かったからですかね?

三月末のキアニーパーツナーフにより、「メイグル」が弱体化したということもあってか、そのままフェードアウトしてしまいました。

 

B3での活路はあるのか

効果自体は優秀なので、活路はまだあるかと思います。

ただ、「セス」同様、素数構築に入らないという点もあり、選択肢が狭くはなってしまい、

さらには「トータルチェンジング」によるシャドウの安売りで特別感は落ちましたが、

弱体化の売りなどはまだまだ価値はあります。

 

ウイルス軸に寄せて「タマ」により「メイグル」、「プリチア」(唯一の1コス化学者)をサーチしたり(メイグルのリクルート先が減るので注意)、

「デスアリゲーターで蓋をして返しに化学者とともに出したりなどの動きも面白いかもしれません。

 

今でもたまに見る「ソドム2」単出しに対しての答えになるのも良いですね。

 

序盤場残りの良い「ハルベニー」と組ませるのも良さそうです。

 

終わりに

以上を持ちまして、構築済みデッキ記事の連載の終了となります。

八月末に課金停止となり、以後購入ができなくなってしまいますが、作成ができるようになるのでしょうか?

現時点8/27でのアナウンスが無いので、絶望的かもしれませんね。(かけこみ需要で買っている人もいるかもしれないので)

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。