生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) B3新弾カードを見てみよう シェド編その2

B3でまたえらく環境が変わりましたね・・・

国によって傾向がまるで違うからメタが通りにくい感。

プリノウズで片っ端からキーカード消し去ってしまいたい・・・

 

前回はこちら

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) B3新弾カードを見てみよう シェド編その1 - 生執の思考球体

次回はこちら

 

 

はじめに

今回はB3シェドの医学のカードについてみていきたいとおもいます。

今回の医学は一時的なランプが多くありましたね。

 

『最期の審判ソドムファイナル』

ベラはなにをおもってこんなんひっぱってきたんだ・・・

f:id:seisyuu:20180716160456p:plain

①ログイン時、追放された自身のカードの枚数分、このユニットを+1/+1する。

②相手はこのユニットを効果の対象にできない。

 

追放された数だけ強化されるユニットです。

 

能動的に自分のカードを追放する方法はかなり限られており、

効果的に使うには「ベラ」での運用くらいしかありません。

 

それ以外では一応、「運命の逆転」は使用後追放されますが、基本的に一枚しか使えないためバフに関していえばコンボとは呼べないのではないでしょうか?

 

「ベラ」の追放を用いることで、デッキ内に残ってさえいれば確定サーチすることが可能。

非対象ゆえに取る方法が少ないため返しターンに一気に決めてしまいましょう。

 

しかし、やはりGCをコンボの柱とするうえ、「ベラ」が出せなかった場合は腐らないにしてもやや力不足感があります

 

ベラ→「運命の逆転」→オバヒ「ソドムファイナル」→「シヴァ」というムーブもありますが、

「ジルクライハート」と同コストなので擬似サーチの安定性が薄まるうえ、

元々「運命シヴァ」+ユニットでよくね感もありますね。

 

しかし、「ウルボロス」に続き、「ベラ」の新たな強ムーブが増えたのでファンにとっては待望のカードなのではないでしょうか?

 

「ソドム」余談

結局ゴモラは出ませんでしたね・・・

f:id:seisyuu:20180717202054j:plain

ソドムの最終形態は「ゴモラ」との融合で実現すると「ソドムⅡ」のフレーバーに書かれていました。語り手はゴリラ

 

ベラがイデア側に協力する際、彼女はソドムを止められなかったのでしょうか?

 

 ギルガメッシュ が復活し、支配権が彼に渡ったのかもしれません。(彼が元々の持ち主だったのか)

 

しかし、世界を滅ぼしかねない力を持つ怪物や機械兵団を保有していたので、他国から危険視されて当然ですね。

f:id:seisyuu:20180717205452j:plain

 

『怨心禍王ギルガメッシュ

我を忘れて破壊するところはちょっとイムっぽい

f:id:seisyuu:20180716160510p:plain

①このユニットは1ターンの間、リブートフェイズおよびカードの効果で空でないメモリーを3つ以上得ている場合のみ使用できる。

 

条件つきながら5コス相当のユニットを3コスで出せます。

 

条件こそ専用構築に寄せない限り厳しいものがありますが、

「ジェイク」を出すだけで条件を満たせます。

その他、メモリを得るにはギルガメッシュ・ゲイナー」や「ジェリス」、などですね。

一応、「メモリ」などのスペルを用いる方法もあり、「キャットガール」や「銅貨」を使うのもありかもしれません。(いずれもジェイクと比べると厳しいといえますが)

 

3コスで出せる軽さ、「ジェイク」との兼ね合いの良さからアグロでの運用もできそうですね。

事故こそ怖いですが速攻で横並びできれば相手を一気に圧殺することができます。

 

もちろんミッド以降で使っても強力で、B3「レヴィ」を出したあとバンバン並べて圧殺することもできますね。

 

ギルガメッシュ」余談

サンに謀られ国を滅ぼされた過去を持つ 

f:id:seisyuu:20180716172639j:plain

「 ソドム」や「奇械」などの強大な軍事力を持つキュリ。

それを脅威に思った「サン」は、ギルガメッシュを封印し、キュリを葬ったという過去があります。

おそらく、「ベラ」はそのときに追放されたのではないでしょうか?

追放されたもののカード化がA3ベラですね。

 

ベラとギルの最期は刺し違えて斃れた?

f:id:seisyuu:20180717212521j:plain

「 これからはずっと一緒」というセリフは双方の死を示しているのではないでしょうか?

天空神やレヴィの協力を得たベラは、ギルに最後の一撃を与えたといった構図かもしれません。

まあ描写がないためなんともいえませんね。

 

ギルガメッシュ・ゲイナー』

こんなんどうやって勝つんだ・・・ 

f:id:seisyuu:20180716160503p:plain

発動条件:対戦中、自身がユニット、スペル、罠を各最低一種類ずつ使っていた状態でターンを開始した。

 

効果:ターン終了時まで自身のメモリーを2増やす。

 

メモリを一時的に2増やす効果を持ちます。

 

リブートフェイズでメモリを取得していれば一気に3増やすことができB3「ギルガメッシュ」の召喚条件をクリアできます。

 

それ以外にもメモリが増えているので当然、できることの質も変わってくるため、

中盤から大型ユニットをだしたり、小型を並べたりして優位に展開することができますね。

前ターンとの兼ね合いでB3「レヴィ」を出して好き放題するのも面白いかもしれません。

メモリが最大になると役割が終わってしまいますが、

「インドラ」を出した後しばらく続くメモリロスを和らげてくれたり、

リブートフェイズでドローを挟んでもなんとかなったりするので地味なところでも役立ってくれるのではないでしょうか?

 

罠の使用に関しても、伏せてしまえば即条件達成となるため、あとはスペルとユニットだけなのも良心的。

 

「サンクルード」余談

サンは怨霊と化したギルに殺されてしまうのでした・・・

 

それはともかく、「ジェイク」のフレーバーには気になる文があります。

f:id:seisyuu:20180716172642j:plain

「ジェイク」はセンチネルなのでOWS所属のはずです。

OWSは物語を正しく運行するために、監視、補正する組織なはずなのですが、

なぜ医学という敵サイドのユニットで、サンを敵対しているのでしょうか?

 

仮に「ベラ」や「ギルガメッシュ」がノヴァリストに関与があれば、OWSならばそちらに敵対するのではないでしょうか?

もしかしてヴァリストが関与していたのは文化学(というかサン)の方かもしれませんね。

まあ、単にサンが死ぬのが正史というだけかもしれませんが。

 

以下さらなる妄想(もはやこじつけ)

「ムーンスマイリング」のフレーバー

f:id:seisyuu:20180717215530j:plain

 B2のニィートラルスペルはそれぞれ各国のイラストが使われており、「ムーンスマイリング」はシェドに該当するカードです。

 

「太陽」には貸しがある一方、「満月」には気を使うという

太陽=「サン・クルード」

満月=「   ?   」

となりますが、ベラの背景にはA3もB1も満月があるんですね〜

f:id:seisyuu:20180717215527j:plain 

f:id:seisyuu:20180717215520j:plain

これはなにかしらの隠喩なのでしょうか?

 もはや野獣先輩新説並の無意味なこじつけになるのでやめておきましょう。

 

終わりに

今回は以上となります。

考えれば考えるほど謎が深まるストーリー。

変に考えると二次創作にしかならないので難しいですね・・・

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。