生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)事前評価反省会! マグナ編その3

急に気温が下がってやばい・・・なんで今年はこんな極端なんや・・・

 

前回はこちら

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)事前評価反省会! マグナ編その2 - 生執の思考球体

 

次回はこちら

 

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)事前評価反省会! ユニオン編その1 - 生執の思考球体

 

はじめに

マグナも残すところあと4枚になりました。

GCが公式ニコ生で大量に公開されて纏めるのに苦労したのを覚えています。

GC公開ラッシュからの実装は明日!というコンボは強い(確信)

 

『御伽戦隊ヨモヤマ』

事前評価:最低コスト2!?今回の覇権もマグナですやん!!

実際:見たことがないレベル

f:id:seisyuu:20180608222848p:plain

事前情報を見る限りではマグナやばくね状態でした。

多分話題も強さも「ソドムⅡ」に全部吸収されました。

 

「ヨモヤマ」の為に発動しづらいワントラを伏せる意義が薄く、

下手に伏せるとテンポが死ぬので、まず2コスでは出せないでしょう。

 

B2ではワントラ軸がカニゾウ」と「キンタロウ」しか追加されず、どちらもワントラとしては扱いづらいので、

ほぼB1のカードプールで勝負しなければならないのもマイナスと言えます。

 

B3でのワントラ強化で実用範囲になる可能性はありますが、そのころに棒立ちの5/5に割く枠があるかは謎です。

 

『守銭水女アリス』

事前評価:パンドラとかエモと使うと面白そう!

実際:とにかく汎用性高いぞ!

f:id:seisyuu:20180608222908p:plain

かゆい所に手がとどく良カードなのではないでしょうか?

「金貨」をコントロールして倒せるユニットの範囲を広げたり、

ポーカーの役として使ったり、「ジャゼロ」の地味な回避をしたりと、

「マグナの少し足らない」をうまく補完できるユニットです。

 

起動による「金貨」捨ては変わったところでディスカード効果群の補助として使え、

「キジモナカズバ 」の「ワンスアポン」増産の手助けなんかもできたりします。

 

今回のマグナでも数少ない入れ得枠なのではないでしょうか?

 

『ギャンブリング・デュエル』

事前評価:一攫千金で大量ドロー!まあ作成優先度は低めかな

実際:事前評価とほぼ変わらず・・・

f:id:seisyuu:20180608222902p:plain

エンタメ性の塊みたいなカードです。

どれを選んでも期待値は2(アリスがいたら3)なんでぶっちゃけどれを選んでも状態。(特定の枚数を引く確率はもちろん違いますが)

 

特に特定のメタにもならず、確定性の薄さから狙ったコンボも安定せずといった感じですね。

誰も傷つけない笑顔にする良いカードなのではないでしょうか。

その分ギャンブルによるバックが薄いのですが・・・

 

今回のマグナは全体的におとなしめでしたね。

 

『覚醒闇舞オトヒメ』

事前評価:効果こそ強いんだけど出す過程で苦しみそう

実際:出しづらいし対応札渡してるしでマヂ苦しい・・・

f:id:seisyuu:20180608222915p:plain

そもそもディスカードとの相性が悪い上に手札一枚以下を条件にしているため出すのに非常に苦労します。

事前情報的にハンドレス系がそれなりに増えるものだと思ったのですが、

あまり追加されなかったのも痛いところです。

 

コストも8ゆえに手札を減らしてから出すという行為がしづらく

罠を伏せて1枚以下にでもしない限りはオバヒをぶち込む必要があります

 

そこまでして出すことに全振りしようものなら相手に渡した「玉手箱」で半壊させられるという始末。

「差し押さえ」でもしない限りやってられません。

 

先述通りディスカードとの噛み合わせが悪く、「オトヒメ」ムーブできそうならやろうかな感覚だとデッキトップ強制に苦しむことでしょう。

 

となると、コントロールに寄せて手札が枯渇してきたら出すのが最適でしょうか?

非常に難しいですね・・・

 

終わりに

今回は以上となります。

B2マグナは光るものはポツポツあるものの、

テーマデッキを組むには中途半端なラインナップだったという感覚です。

B1のタオシンのような不足感・・・

今までが今までだった分今回はお休みでしょうか。

 

次回はタオシンあたりについて書いていく予定です。

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。