生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) 各国のGCを復習しよう ニュートラル編 A3回

GWも終わりましたがいかがお過ごしでしょうか。

最近東北は寒暖差が激しく参ってしまいます。もうちょい暖かくなって・・・(切実)

 

GC復習シリーズはこちら

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) 各国のGCを復習しよう ニュートラル編 A1回 - 生執の思考球体

 

次回はこちら

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) 各国のGCを復習しよう ニュートラル編 B1回 - 生執の思考球体

 

 

はじめに

今回は、A3のニュートラGCについて書いていこうと思います。

二枚しかないですが、トークンスペルを3種生み出すカードがありますので分量はいつもとあまり変わらないかもしれません。

 

『慟哭のジル・クライハート』

A3GCですがシークレット枠としてB2でも排出されます。

f:id:seisyuu:20180507165906p:plain

ログイン時、「運命の気まぐれ」「運命の翼」「運命の逆転」の中から一枚を選択し、それを手札に加える。

 

手札に加えるカードは「ジルクライハート」専用のトークンスペルです。

いずれも「ジルクライハート」が自盤面に存在している場合に効果が追加される特徴を持ちます。

手札に加えたカードは非公開情報ですが大体の場合「運命の逆転」を選択するので相手はそれ前提で動いてくるでしょう。

 

A3とB2で排出されますが、イラスト、BGM違いというだけで同名カードとしてカウントされるので二枚入れることは不可能なので注意。

 

『運命の気まぐれ』

軽量のキャントリスペル

f:id:seisyuu:20180507165904p:plain

①指定した自分か相手のライフかユニットに1ダメージを与え、1ドローする。

ジルクライハートが存在する場合、①で引いたカードのコストを1にする。(罠のコストは変動しない)

 

軽量のダメージソース兼ドローとして使えます。

「ジルクライハート」が存在すれば「山の占い術」のように引いてきた札を1コスにでき、それが高コストカードであれば強ムーブが期待できます。

 

ただし、きちんとした運用を求める場合、彼女が場に残っていることが必須になり、もし倒されてしまえばゲームを変えるムーブにはまずならないといえるでしょう。

いくら5/5とはいえ、8コスで出すゆえにそのターンガーディアンを出すなどでケアすることは難しく、相手に委ねる形になってしまいます。(コスト減したりメモリで即出しする方法はあります)

もし運用するのであれば、盤面や罠などで彼女を守る必要があります。

また、コスト減するカードもデッキトップ操作するカードが少ないためほぼランダムといえるため安定しないといえます。

デッキトップを操作するカードは以下の通りで、

ラピスの「トビー」コスト減したいメタモールがあまり無く「ナミ」を引っ張ろうにもリクルート効果で更にメタモールがデッキにある必要があるため不安定。

シェドの「ウルボロス」は1コスにできれば強力といえますが、そこまで狙うなら「運命の逆転」+「シヴァ」で決めにいく方が手軽といえ、

マグナの「オトヒメ」は自身のディスカード時デッキトップに戻りますが、カードを捨ててトップに送るためにカード(コスト)が必要なため、「ジルクライハート」の生存は必須といえますが、一応「差し押さえ」でスペルから守ることはできます。

 

面白いところではカニゾウ」や「ムスカでサルベージをしたりでしょうか。

いずれにしてもやや不安定といえ、大量のダメージを期待するなら「運命の逆転」を選択した方が良いかもしれません。

 

『運命の翼』

翼はどこ・・・?ここ・・・?

f:id:seisyuu:20180507165907p:plain

①指定ユニットに+2/+2バフし、その後自身のライフを指定ユニットの体力に等しい値回復する。

「ジルクライハート」が場に存在している場合、①で指定したユニットの攻撃力分ドローする。

 

延命処置としての運用が主な使い方でしょうか。

「気まぐれ」同様、「運命の逆転」がちらつくため、どうしても差別化したいところです。

「ヨミ」などの体力の高いカードに付与してライフを大量に回復してリーサル逃れをしたり、「ジル」(略します)がいる状態で使い大量ドローで戦線を整えていきます。

「気まぐれ」同様フルで使うには「ジル」の生存が必要で、

こちらは4コスと、「メモリ」やコスト減などで「ジル」との同時出しというのはかなり厳しいといえます

ドローしたい場合はきっちり守ってあげましょう。

 

手札が枯渇していたり、リーサル圏内で「逆転」を打つ暇がない場合苦し紛れで出すのが主でしょうか。

ムスカで使い回すことも可能ですが、かなり重めのコンボですね。

 

『運命の逆転』

ビッグブラザーはあなたを見ている

f:id:seisyuu:20180507165900p:plain

①自ターン終了後、自ターンが始まる

②自盤面に「ジルクライハート」が存在しない場合、相手も二回ターンをプレイする。

③使用後、このカードを追放する。

 

「ジル」の根幹と言えるスペルです。

8コスで使用するため、オーバーヒートでしかユニットは出せませんが、

それでも出したユニット分のダメージを与えられるので強力であると言えます。

盤面にユニットがいればその分だけダメージ源になり、準備が整い次第仕掛けていきましょう。

最も相性が良い国家はシェドであり、「逆転」+オバヒユニット出し+ソルバ「シヴァ」で一気に顔を詰めることができます

「シンジェリス」から「ジル」を出せば相手はどちらをとるか悩むでしょう。

相手はキラークイーンとシアーハートアタックどちらをとるか苦しんだ康一君のような気分ですね。

他には、ユニオンでは「ジル」「ウィットフォードΣ」を同時して「逆転」を使い9点打

ラピスではオバヒ「白獅子」で14点打

タオシンでは蘇生と絡めて

など、色々なリーサルムーブが存在します。

また、追加ターンでリーサルを決めてしまえば良いため「ジル」は破壊されても痛手がないのも強みです。

 

ただ、一度成立すれば勝ち確ともいえますが、マグナの「アリス」「差し押さえ」「キンタロウ」や、タオシンの「電子幻影」によるバウンスなどには注意が必要です。

敵盤面にガーディアンなどがあればそれだけで計算が狂う場合もあるので考えて使っていきましょう。

 

『呪帝ムスカ

スペルサルベージし自傷出し

f:id:seisyuu:20180505210515p:plain

・シャドウ

①ログイン時。自身の墓地からスペルをランダムに3枚取り出し、選択する。

② ①で選択したスペルを0コストにし、ターン終了時まで手札に加え、そのコスト分ダメージを受ける。

③起動(1)ライフが13の場合のみ使用可能。このユニットを手札に戻す。

 

出したターン限定でサルベージしたスペルを使える効果です。

スペルは墓地からランダムであるため、使ってきたスペルの種類が多いと狙ったものが釣れなくなるので注意。(メモリも釣り上げます)

 

スペルなら基本的になんでも釣り上げることはできますがリーサルまで持っていけるスペルは少なく、何かしらの補助が目的となることが多そうです。

しかし、B2からはGCスペルという切り札スペルの実装により、それを再利用できるのは素直に強力であると言えるでしょう。

 

ラピスなら

  • 「霊林」によるリーサルムーブ
  • 「シャークトレード」によるドロー
  • 「ライオネルフラッシュ」

タオシンなら

  • 「奥義聖光闇裂八光剣」
  • 「先手必勝」による駄目押し
  • B1「ヒヨ」を使った特定コストサーチ

マグナなら

  • 「スタートオーバー」によるマリガン(オバヒムスカから使うのも有り)
  • 各種除去札の再利用

シェドは

  • 4枚目の「急襲」
  • 「聖剣」などのバフ
  • 各種除去札

ユニオンは「ウィットフォードΣ」がいるためあまり使われないかもしれません。

 

ちなみに先述した「ジル」の「運命の逆転」使用後追放されるため再利用はできないので注意。

 

また、起動による自己バウンスは意図して狙うのは厳しくそのために自傷して調整するほど強いムーブとは言えないのであまり気にする必要はないかもしれません。

 

優先度こそ低いですが、カードプールが増えるにつれ味が増す、いぶし銀カードなので長い目で見守りましょう。

 

終わりに

今回は以上となります。

ムスカは採用率が低いゆえに地雷カードとして使えるのでワンポイントとして使うと面白い動きができそうですね。

次回はB1のニュートラGCについて書く予定です。

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。