生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ メインストーリー七章一節 63話-3(前編その2) 「シャックスとかいうヤベーやつ」

はじめに

崩壊の本編とりあえず全部終了・・・

あとは26日のアプデ待ちかぁ~。

 

まあなんというか、

終わってみるとほんと寂しいっすね。

 

メギドの本編も更新待ちまで進んだら

この寂しさを味わえるものなのか・・・

 

ほんといつになったら追いつけるんだよ。

 

 

前編-前回の続き

最後はマルマルの尋問・・・

 

シャックスが真面目に答えるなんてありえないし、

無事では済まないのは確定ってこと・・・?

 

残念だけどここでお別れか・・・

 

まあ言うほど残念でもねーか。

 

シャックスの罪状は他にもありそうっすからね・・・

まあそれらも込々で追放なんやろなぁ・・・

 

そういやシャックスの部下ってどうなったんだろ?

彼女だけが追放刑で他は処刑ってパターンとか?

 

それか追放刑こそ執行されたけど

魂が依り代なく霧散したとかそんなん?

 

まあ地図を隠すって芸当自体おかしいし、

メギド体が持ってるってのも謎っすよね・・・

 

しかも地図だけじゃなくて

ゲートのポイントすらも記載されてるとか

もう色々とヤバすぎる訳で・・・

 

そんなヤツを軍団で匿ったりして大丈夫なんすかね?

最悪議席を剥奪されたりとかもある・・・?

 

まあそもそもメギドのメカニズムが謎ってのもあるけど

メギドであるマルマルですら頭を捻る珍事で・・・

 

ほんとシャックスはイレギュラー過ぎる存在っすよね・・・

 

まあ追放前の当時は天才っぽかったし

それなら精緻に記憶しててもおかしくはないか・・・?

 

でも今のシャックスがこれな訳だし・・・

 

結局なんなんだろ?

 

うーん元の天才シャックスは

その性質を知っていたとかもありそう・・・?

 

その強力な念を地図具現の為に注力したお陰で

今の残念な形になった可能性も・・・

 

オリアスが分体してポンコツになったのと同じ的な。

 

まあお手柄にはお手柄ではあるけど、

それと同時にバレたときがヤバいんだよなぁ・・・

 

仲間になった時点で相当な業を引っ掛けられたのか・・・

 

まあ・・・

シャックスが大切というよりかは

政治的な意味合いでって感じっすね。

 

でもゲートエクスプローラーとかち合ったら

地図を奪ったヤツがモンモン軍団にいると知られる訳で、

地図そのものを所有してるしてない関わらず

攻撃は仕掛けて来そうなんだよなぁ・・・

 

で、中立軍団が攻撃を仕掛けてきた場合は

正当防衛が認められるんですかね?

 

攻撃される理由を作った方が悪いってなったり?

 

まあ追放刑が利敵行為だと認識されたら

流石にもうその方法は使えないわな・・・

 

ジズとかデカちゃんのときみたいに

「追放そのものを侵略策に使う」ってのも無くなるから

マイナスばかりではないっちゃないか?

 

単なる死刑をしたら彼の地行きになるし、

これからはヴァイガルドに搬送して処刑とかになりそう。

 

まあそれは思った。

でももう追放前のシャックスを見た後だからなぁ・・・

 

鏡イベ、全然見られなかったけど

七章のネタバレとかも多かったんすかね?

 

急になんだよ・・・

 

くしゃみが出そうだったけど

ギリギリ呑み込めたとかそんなん?

 

くしゃみが出そうなとき

鼻の下を押さえると良いとかよく聞くけど

あれってタイミングがズレると

全エネルギーを抑え込むことになるから体に悪いんすよね。

 

幻獣がゲートを目指した可能性・・・

 

ああ、ゲートの場所が記載されていたら

あの幻獣の目的も見えてくるかもって訳か。

 

ゲートを開ける為に向かって行ったのか

それともヴァイガルドに持って行ったのか・・・

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

デュエリストカップ少しやったけど

エルドリッチはマジでだるいな・・・

 

でもなんか古き良き遊戯王というか

地味にアド差を広げて勝つってのも

なんだかんだで面白いっちゃ面白い。

 

ただもう戦いたくはないぞ。

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。