生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ 復讐の悪魔と恩讐の魔人 1話-1(後編) 「シスターっぽい見た目のやつに好かれる男」

はじめに

ああ、テイルズのセールもう終わりなのか・・・

案外短いな・・・

 

まあそろそろ他のゲームやってる暇もなくなりそうだし、

次のセール待ちって感じでも良さそう?

 

それでも迷う・・・

 

 

 

後編-アルフスサイド

体調は良いアルフス・・・

 

手紙の内容ねぇ・・・

 

単に彼らに指示を割り振るだけだったら

別にわざわざ分ける必要はないんすよね。

 

でも読むなと念押しした訳でもなさそうだから

それについて考えるのは無意味なのか・・・

 

まあアレ気な内容だったら

こいつらが従うことも無さそうだし関係ないか?

 

まあアリオク視点的に書かされたって訳でもなかったけど、

復讐のままに書いたって可能性は無くも無さそう。

 

最後は「モンモンもコシチェイも殺してお終い」とか

そういうのもあるかもしれないし・・・

 

結構病んでそうだからね・・・

 

流石アルフス・・・

六章でも常に状況を疑うことで活路を開いた人間だからな・・・

 

信用は度を過ぎると妄信になるって

マルコのこと思い浮かべながら言ってそう。

 

バラムへのヘイトもまた、

不信が度を過ぎた結果なんすかね?

 

いや、流石にバラムが悪いか。撤回。

 

ネルガルとの意外な交友、二人宛ての唐突な手紙・・・

 

研究所を追われたってのは知ってたけど、

その後彼女がどう動いてたのかまでは

狩人イベであんまり語られてなかったからな・・・

 

それが負の信頼なのかは分からんけど、

アルフスの周りってそういう人しかおらんのかな・・・

 

やれやれ系にへばり付く厄介ヒロイン的な・・・

 

うーん?

バナルマ時代からの仲なのね?

 

昔馴染みとは言ってたけど

まさか幼馴染だったとは・・・

 

今回マルコが出て来たのって

謎のラブコメやる為とかじゃないっすよね・・・?

 

やんちゃなアルフス・・・

 

最初は女の子の方が成長が早いけど

次第に男の子が追い越してく的なノリなのかな・・・

 

似た様なのでワンピースのゾロとクイナの話があったけど、

今は最早そういう性差とか関係ない輩が大量に出て来てるんすよね・・・

 

ワノクニ編長すぎんよ・・・

 

やんちゃなクソガキのアルフスくんと

冷静なストッパーのアリオク・・・

 

アルフスの方は今とは全然違うんすよね・・・

 

えーと・・・

アルフスのメギド時代の時系列とか

もう殆ど忘れてるな・・・

 

アルフスが警備員になったときって

まだアリオクがいたんだっけ?

 

今回終わったら

ちょっと栄光イベ読みなおすか・・・

 

研究院からのスカウトを受けたと・・・

 

しかし思えばアホのコシチェイも、

こんな感じのバナルマ時代があったんやなって・・・

(幻獣からのメギド進化とかじゃなければ)

その頃友達とかいたのかな・・・

 

まあいないだろうけど。

生まれてから死ぬまで孤独でいて欲しい。

 

汚れるのが嫌なんだ・・・

 

▼まだ編集してない部分

そういや狩人イベの最後でも

血の汚れとか気にしてましたからね・・・

 

この時点でもうキャラがある程度定まってたってこと?

 

しかしアルフスはシスターっぽい見た目の人に好かれるな・・・

アリオクもヒーラーとかじゃなさそうだけど。

 

とことん潔癖症だな・・・

 

そういや手がなんか銃付きの機械義手みたいになってたけど、

あれも血で汚さない為の武器だったりするんすかね?

 

ああ、壺に入って移動する必要があるのか・・・

 

アリオクはそこまで知らんで割り振りしてそうだし、

そのせいで色々と間に合わなくなりそうなんすけど・・・

 

台車とか乳母車に乗せるとかの方が良さそう。

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

正直関係を憶えてなかったりするし、

とりあえず栄光イベを読み返そうかな?

 

狩人イベはまあ、

ワイルドハントとの抗争がメインだから

そこまで気にしなくても良さそう。

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。