生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ アリオクの章 1/6話 「コシチェイイベ補完編?」

はじめに

えーっとまぁ、

ほんとは過去イベの編集か本編をやるつもりだったんですが、

タイトル通りアリオクのメギストをやりたいと思います。

 

カラダンダとアリオクの最後の会話とか気になるし・・・

 

 

カウントダウン-45

今日はネルガルか・・・

 

溶岩を熱い内に食べて冷めたら捨てるとか、

ネルガルの飯の後周りの影響ヤバそうっすね・・・

 

てかメギド体を改めてみるとなんだこれ?

猫っぽい足に機械っぽいのが付いてて・・・

 

生物なのかなこれ・・・

 

で、エクストラ-3をクリアして

霊宝取ってたのすっかり忘れてたんすけどこれは・・・

 

コシチェイの置き土産か・・・

こんなん量産してええんか?

 

あと「蘇生されたら攻撃力+5%」って死ぬ度に乗算?

バフ効果とかって死んだらどうなるんだっけかな・・・

 

まあ最大で4つ付けられることを考えると

流石にそこまでは盛れないか。

 

そしてアリオクの紹介・・・

 

「見事に復讐を果たす」とかバッチリ書いてるけど、

仲間になった時点でこの部分見たら

ネタバレっちゃネタバレだったんすね・・・

 

てか汚れやゴミを毛嫌いとか、

実はヴィータ体自体不愉快の塊だったりしない?大丈夫?

 

 

牢にて

生前のカラダンダ・・・

 

まあコシチェイ討伐後の話なのは分かったけど、

いきなり死んだとかご挨拶だな・・・

 

とりあえず「殺した」とか「復讐を果たした」とかではないのね?

 

まあたらればはたらればだからなぁ・・・

 

勿論「アリオクに接触できなかったら~」とか

最悪のIFはいくらでもあるんすけど・・・

 

アリオクのせいでコシチェイの悪感が薄まったとか

そんな見方もできるけど・・・

 

まあ所詮仲間にならないメギドなんてのは

死ぬ運命でしかないんだよ・・・

 

いや、ヴィータだったわ。

 

これ情報抜き出す暇あるのか・・・?

というかなにをしても黙秘とかしそうではある。

 

機械のデータ吸い出しとかするとかなのかな・・・

 

散々情報を搾り取った挙句に

もう殺してくれと願った(から壊した)とか・・・

 

ヴィータ体で生き直す権利を与えても

その体が最早廃材で腐りかけだったとか・・・

 

いや、流石にそこまでやってたら

最早コシチェイ仲間にしてんのと同じだしね・・・

 

「置物の様に」というか

完全に置物になってた奴がこの前仲間になってましたね・・・

 

でもまあ被検体を生かさず殺さず弄んだり、

ゾンビにしてたりする奴の仲間がな・・・

 

まあそれも全部やられて来た訳だし、

全ては復讐だから仕方ないんだけど・・・

 

世の中では最早通用しない理屈だけど、

「やられなかったらやらなかった」なんだよなぁ・・・

 

明確な意思と感情があるか・・・

 

そういやプーパにもそれはあるはずなんだけど、

アリオク的にはそこはどう思ってんすかね・・・

 

でもエンキドゥとかよだれとかでベタベタしてそうだし、

彼女に見せたらちょっと嫌悪しそうではある。

 

アルフスと一緒に戦った魔女か・・・

懐かしいけどマルコがアホって以外おぼえてないですね・・・

 

てか芽生え始めてたから処分?

言ってしまえば人工知能が人間味を帯び始めて怖くなったとか?

それか神への冒涜とかそっちの方?

 

なにをされるか分かったもんじゃない潜在性・・・

 

「成長によって意思や知性が生まれた」ということ自体

既に底知れぬものがある訳だからな・・・

 

そして目覚めて反逆したのがコシチェイその人であると・・・

 

全ての発端はヴィータを甘く見ていたせい・・・

 

てかコシチェイがペクスであるなら

どうやって脱出してどうやってその後学習して

どうやってネブカドネザルを殺すまで至ったんだろ・・・

 

放浪中にどっかの子育て旅団に拾われたとか?

もしそうなら内憂の托卵というか余計に面白い話になるじゃん・・・

 

この人上げて落とすというか、

あくまで現実を突きつけるスタイルというか・・・

 

隠すタイプだから先に目的を伝えないんすね・・・

 

これからあるであろうアリオク参加のイベとかも

すげースムーズに進むのかな・・・

 

まあ時系列的に八章参加メギドだから暫くは来なさそう。

 

ああ・・・そういう・・・

てっきりメギドラルで死んだのかと思ってた。

 

勿論「この交渉を飲めば」の話ではあるけどね・・・

 

ああ、話はそこからか。

てことはこれから話す内容ってのは

「復讐イベの反芻」みたいなもん?

 

6話まで情報絞りをするのか分からんけど

尺とか大丈夫なんすかね・・・

 

まあコシチェイはペクスで確定ことっすよね・・・

状況的にそれ以外なかった訳だし・・・

 

でも言葉も碌に話せないとなれば

読み書きも当然無理であろうペクスが、

研究院の長になるほどの知能になって・・・?

そりゃ天才と自称しても良いレベルっすよね・・・

 

流石にカラダンダから全て教わった訳でもないだろうし。

 

 

コメント返信コーナー

物語の都合上であるなら仕方ないけど、

善意であればモンモンの覚悟を踏みにじってるか・・・

 

そういった部分も含めたものが

アルフスの言いたいことだったんすかね・・・

 

九章モンモンの覚悟とか

是非一度生で見たいものなんすけど・・・

 

このペースだと五年後くらいかな・・・

 

鋼 錆さん、

コメントありがとうございます!

 

 

ヴィータに対しての関心は薄いけど、

メギドに対しての殺意はガチであると・・・

 

そういやクソヴィータならぬ

クソメギドとかも言ってましたね・・・

 

彼のことを「単なる分かりやすい悪」と見做して

ひたすらヘイトを飛ばしてた故に

彼の本質を知らないまま殺しちゃったかもなぁ・・・

 

まあ知ってたら知ってたで

もっと重いイベになってたんすけど・・・

 

やっぱ辛れぇわ・・・

 

らいすさん、

コメントありがとうございます!

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

まああと五話分だし、

シャックスみたいに頭おかしくなる内容でも無さそうだし、

あと二日くらいで全部見終わる感じっすかね?

 

 

その後のことはまぁ・・・

そのときに決めようかな・・・

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。