生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)戦況をひっくり返せ!GCじゃないけどゲームチェンジャー!タオシン編

雨風がえげつないですね・・・

今年はなんだか天候が不安定すぎんよ〜(指摘)

 

前回はこちら

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)戦況をひっくり返せ!GCじゃないけどゲームチェンジャー! シェド編 - 生執の思考球体

 

次回はこちら

 

 はじめに

今回はタオシンのニアGCカードを書いていきたいと思います。

A3カードのタオシンはほんと楽しいカードが多いですよね〜。

 

『魅惑の狐姫ダッキ』

国を傾けるというある意味での再現

é­æã®ç姫 ããã­

・チョイス

  1. ソウルを4消費する。消費した場合、相手のコスト2以下のユニット一体をターン終了時まで奪い、クイックを付与する。
  2. ソウルを8消費する。消費した場合、相手のユニット一体をターン終了まで奪いクイックを付与する。

 

相手のユニットを奪い、1ターンの間好き放題することができます。

 

ユニットを同士討ちさせて盤面処理すれば最大2体除去できますし、

もちろん直接相手のライフを削りに行くこともできますね。

 

ソウル消費がなかなか大きく、以前は最終手段やリーサルのときのみでしか使われませんでしたが、

A2以降、ソウルを得る機会がかなり増えたため、複数回使えるという場合も増えましたね。

奪取自体の耐性というのは少なく、B2「ナミ」の種族限定奪取耐性以外は非対象持ちくらいしかないので、大体奪えるのも強み。

 

イタチの最後っ屁で出した苦し紛れの「シヴァ」様を寝とってリーサルなんてこともよくありました。

 

素で出しても3/3と最低限レベルのスペックを持つため腐ることが少ないのも利点。

一様横並びができるので厄介なユニットを奪ってからフェイロンプログラム」の礎にするのも面白いかもしれません。

 

もちろん奪って破壊したユニットをソルバなどで蘇生させることもでき、その点でも結構器用なことができますね。

 

なんだかんだでお守りとして一枚忍ばせるだけでも結構強いので今でもお世話になっているカードです。

 

『不徳なる策士コウメイ』

我が心、天秤がごとし(大嘘)

ä¸å¾³ãªãç­å£« ã³ã¦ã¡ã¤

①ログイン時、自身のデッキにある罠をランダムに二枚設置する。

②起動(2)自身のデッキにあるランダムな罠を一枚設置する。

 

罠のスペシャリストです。

 

タオシンは罠がとにかく豊富で、戦闘関連のものから妨害系、さらにはディスターン補助まで存在し、戦略を豊かにしますね 。

八戒」や「牛鬼」などと違い、デッキからの設置であるゆえ、

ディスターンでもないのに「ゴクザーンの罠」がくるなどの噛み合わせの悪い罠に当たることもなく、

さらにはデッキ圧縮にも一役買ってくれます。

 

低攻撃力ながら体力が7と超ケツデカスタッツで、継戦能力が高いのもポイント。

継続的に起動で罠を設置したり、ビッグブラザー」や「セルゲイト」で奇襲したりと色々な活躍をしてくれますね。

 

さらに場残りできる点では「フェイロンプログラム」召喚しやすくできるのもポイント。

 

しかし、罠設置するためには当然、デッキに一定数罠を入れる必要があるため、

事故が起きやすくなるので注意が必要です。

 

また、ある程度使った罠をカウンティングしていないと空起動してしまうこともあり、ちょっと恥ずかしい感じになるので合わせて注意しましょう。

 

終わりに

今回はタオシンのニアGC二枚について書かせていただきました。

コウメイは個人的にかなり好きなカードで、よく入れているんですが、ランクマとかではあんまりみないですね・・・

タオシンはジエンドデッキなのかなー

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。