生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)事前評価反省会! ニュートラル編

最近やたら暑いですね・・・湿気の孕んだ暑さはいつまでたっても慣れません。

 

次回はこちら

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)事前評価反省会! マグナ編その1 - 生執の思考球体

 

 

 はじめに

今回は以前、自分が事前評価したカードについての反省会をしていきたいと思います。

 

事前評価をした記事はこちら(読みづらい場合 国別分割版に飛んでください)

www.seisyu-work.com

 

これは強い!と思ったカードが実は低い評価だったり

これは弱い!と思ったカードが実は高い評価だったりしますね。

 

それでは 早速反省していきましょう。

 

『次元の番人カシュウ』

 事前評価:ニュートラルの罠破壊はありがたい!マグナメタできるやん!

実際:マグナ・・・?センチネル・・・?

f:id:seisyuu:20180607203203p:plain

 条件付きだけど相手限定のモグオヤジやんけ!

しかもマグナでとられにくい3/2とかいう狙いすましたメタ!

と喜び勇んでいましたが、マグナやタオシンなどの罠勢が環境からあまり見なくなり、

センチネルも「プリノウズ改」や「エミリー」などのセンチネル構築抜きで十分活躍できるカードばかりでした。

環境的に罠を見るとしたらシェドの「発破」くらいで、破壊は確かにしたいかもしれませんが、そのためにセンチネル出張はやはり厳しいと言えます。

 

『次元修正タマゴマスター』

事前評価:他のユニット使えないとか厳しく無い?中核に据えたらログアウト無効きて厳しそう・・・

実際:タマゴもうまぢムリ・・・・

f:id:seisyuu:20180607203210p:plain

 もっとも甘く見ていたカードと言っても過言ではありません。

そもそもログアウト、効果無効のカードなんて少ないんだよなあ・・・

3枚しか積めないから厳しいのかというと、シャドバの「骸の王」や「ドロシー」が如何に環境に爪痕残したかという訳ですよ。(あっちには潤沢なドロソはありますが)

 

一度場に出てしまうとただただ蹂躙するだけ。

除去も妨害も受け付けずただ盤面や顔を攻撃する人喰い戦車と化してしまいます。

 

良い頃合いになった場合は切り札とバトンタッチ。

ランプシェドやエモシグマの繋ぎとして猛威を振るいました。(タマゴだけに繋ぎ)

 

「ソドムⅡ」とならんで現状ナーフ筆頭候補でしょうかね?

 

 『永遠の蜃気楼ペリドット

事前評価:毎ターン出して顔面パンチはやばい!ただ出すときテンポは削がれるからどうだろ?

実際:とりあえず積んどけ  

f:id:seisyuu:20180607203156p:plain

ぶっちゃけ事前評価の段階ではデッキによって入れない構築もあると思っていました。

 

実際はほとんどのデッキに入っており、出しただけで展開が高速化する気持ちのいいカードです。

顔面に攻撃し続ける限り除去されることがなく、対応札というものがあまりにも少ないのではないでしょうか?

ガーディアンを並べるのも良いのかもしれませんが、一番はペリドットを出す隙を与えないこと、これに尽きる気がします。

 

『予言システムプリノウズ改』

事前評価:選択肢の重複できるかわからんけどまあ使えるんじゃない?

実際:選択の重複可。盤面処理からリーサル逃れまでなんでもできた!

f:id:seisyuu:20180607203217p:plain

重複選択ができるということで、

右端ユニットに8点分ダメや顔面4点ダメ、ライフ8点回復などかなりえげつない動きができるユニットとなりました。

少し遅めのデッキならほぼ入っており、そのケツデカから居座られると大変なことになてしまいます。

事前では「クロベーヌ」などのコンボを書いていましたが、やっているところはあまり見ませんね。

変なコンボをせずとも一枚で完結しているカードだから仕方ありません。

 

プリケツ呼ばわりされることは見事的中しました。(みんな同じこと考えてるだけ)

『継続の炎エミリー』

事前評価:自傷タオシン専用カードかな?

実際:一番ウイルスユニオンで使われるという・・・

f:id:seisyuu:20180607203150p:plain

これもかなり予想を外れました。

ミランダによる自傷とソルバを絡めて全除去は流石に予測できません。

体力も10に保つということで相手の一押しを妨害したり、色々な場面で活躍してくれています。

3/4はやはり倒しづらく、このカードが出ただけで半ば終わってしまうなんてことも・・・

もちろん自傷タオシンでも使われますが、まだまだカードプールが足りないゆえにそもそも自傷タオシン自体見ません。

 

 

終わりに

今回は以上となります。

自分の予想の再確認は黒歴史に触れているみたいでゾワっとしますね・・・

次回もまた書いて行こうと思います。

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。