生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) 各国のGCを復習しよう EGユニオン編 A1回

 色々と忙しく記事を書くのがやっとですね・・・

ランクマは来月以降落ち着いてから潜ります。

 

 

次回はこちら

 

 

GC復習編各国第一回のリンクはこちら

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) 各国のGCを復習しよう ニュートラル編 A1回 - 生執の思考球体

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) 各国のGCを復習しよう ラピス編 A1回 - 生執の思考球体

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) 各国のGCを復習しよう タオシン編 A1回 - 生執の思考球体

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) 各国のGCを復習しよう マグナ編 A1回 - 生執の思考球体

 

はじめに

今回はユニオンのA1GCについて書いていきます。

A1パックではスリップダメージを持つ「コードネームB」や優秀なバフを持つ「テトラ」など面白い面々がいますね。

個人的には「ギャルファー」が好みです。

 

『狂学者ウィットフォード』

ウォーブレは萌え萌えばっかじゃないんや・・・

f:id:seisyuu:20180531202005p:plain

①自身のターン終了時、このユニット以外のユニットとプレイヤーに1ダメージを与える。

②  ①の効果でユニットを1体以上破壊した場合、「化学」のウイルスを一枚相手の手札に加える。

 

 

無差別に1ダメージをばらまくユニットです。

 

ただの1ダメージと感じるやもしれませんが、ユニオンのソウルバーストは体力を1に変更する効果なので実質一度だけ使える全除去と言えます。

一枚で盤面をひっくり返せるうえ、ソルバのレベルが2以上であれば一方的な展開も可能。

さらにソルバレベルが3の場合、破壊した相手ユニットの数だけ1ダメが付与されるため一気にリーサルに持ち込むこともできます

 

相手が切り札を吐き切っていればそのまま圧殺することも夢ではありません。

 

ナーフされて確実性は薄れましたが、お互いの手札にあるユニットを交互に強制出しさせる「ウェルカム伯爵」とは相性がよく、

相手の溜め込んでいた「白獅子」などを吐かせ手札と盤面両方の殲滅も可能です。

 

地味なところで化学ウイルス付与も役に立ち、

返しターン「急襲」や「ブラックオペレーション」、採用率は低いですが「メテオシュート」などの妨害ができるのもうまあじと言えるでしょう。

4/4という低くないスタッツなので一枚で取られる心配が薄いのも強みです。

 

 

弱点はソルバを切った後だとやや控えめなところでしょうか。

 

中盤まで押され気味で、止むを得ずソルバ流しをしてまうと出す暇がやや薄れてしまいがちです。

微量に自傷が入るためこちらのライフが少ないとリーサル圏内に入る可能性もあり、

ペリドットなどで定点ダメが入る状況だと押し込まれる危険性もあります。

 

また、当たり前ですがダメージが入らない場合はソルバを切っても破壊できないので、

「フローラ」が天敵となります。

採用率こそ下がりましたが「ダンダマイト」なんかもですね。

 

味方に被害ダメが及ぶため、「ガイナー」で味方が奪われる危険性も注意しましょう。

 

ウィットフォードまとめ

ソルバを絡めると1枚で盤面をひっくり返せる性能からGC作成優先度はかなり高めであると言えます。(ユニオンのGCの中でも優先度はトップクラスです。)

 

ただ、コスト上、中盤以降での活躍であるため、

最近の早めのユニオンでは入れない場合もあり

アグロ〜ミッドのソルバ全体除去は「エミリー」+「ミランダ」が担っています。(エミリーは現状作成できず、B2BOX購入特典でありリアルマネーがかかります)

 

それでも十分に強いユニットであるのは間違いないため、もしユニオンを構築するのであるならば作っていて損はないのではないでしょうか。

 

『検体NO.294』

制御できない膨張感すき

f:id:seisyuu:20180531202012p:plain

①ブースト:ブーストしたユニットを「検体294」に変化させターン終了時まで+4/+4しクイックを付与する。

 

残存ユニットを8/8の「294」に変化させてぶん殴ることができます。

 

相手盤面にガーディアンがいなければ一気にリーサルに持ち込むこともでき、最後のひと押しとして使えます。

 

 

ユニオンには場残りしやすいユニットが多く、

「復活するスライム」や「デスアリゲーターなどの自己蘇生持ち

「メイグル」や「キングボーン」などのログアウトリクルーター

「ミュウ」「テトラ」、「マリリン」などのシャドウ持ち

などが存在するため返しターンにブーストを決めやすい国家であると言えます。

 

素体となるユニットで忘れずに攻撃してからブーストしましょう。

 

弱点はコストの高さでしょうか。

 

8コストゆえに出せて後半になり、素体となるユニットがいない場合決めることができません。(コスト減できれば可能ですが、ユニオンにはあまりありません)

また、ブーストであるためルール上オバヒ運用が不可能であるのも注意が必要です。

 

最近では8コス枠には万能の「プリノウズ改」も存在しており、枠の食い合いになることも難しいと言えるかもしれません。

ただ、「294」ブーストからのオバヒ「プリノウズ改」で計12点を出せるので相性自体は悪くなく、

「プリノウズ改」出しからの返しターンにブーストというムーブもあるためシナジーがあると言えます。(上手くいけばログイン時4点+攻撃4点+ブースト8点なんてことも)

 

検体NO.294まとめ

GC作成優先度は高めであると言えます。

ただ、ユニオンはリーサルプランが豊富で、メモリ8にならないと使えない条件付きの高コストユニットを入れる余裕がない構築もあります

 

しかし、ミッドよりも少し遅めのデッキなら十分活躍できるはずなので「プリノウズ改」共々構築してみてはいかがでしょうか?

 

終わりに

今回は以上となります。

ウィットフォードはA3期、「ウェルカム伯爵」と同時運用でかなりお世話になったので思い出深いカードです。

次回はA2ユニオンのGCについて書く予定です。

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。