生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) シェドで勝つにはどうしたらいいの?コンシェドの3〜5コス編

 

新規プロモが明日実装!みなさまはもうVOL.9のカードは揃いましたでしょうか?

個人的に牛鬼を使いたいです。

 

 

はじめに

前回に引き続きコンシェドのカード、今回は3コス以降の紹介となります。

前回の記事は下記リンクより入れますので、未読の方はそちらからお読みください。

www.seisyu-work.com

 また、先日の公式ニコ生の情報(新プロモ情報など)については下記リンクの記事にまとめましたので合わせてお読みいただければと思います。

www.seisyu-work.com

 

3コスのユニット

 「セイレーン」「ラッキー」など

f:id:seisyuu:20180331174804p:plain

シェドの3コスは多彩な面々となっており、デッキ傾向による個性が出やすいコスト帯といえます。

特に特徴的なのは効果を消しつつ相手にスペルを打たせない効果を持った「セイレーン」でしょうか。

スペルで取れないということはカニテツ」や罠などの効果や盤面処理に頼る必要があり、ガーディアンで蓋をされると相手にとってなかなか厄介なカードとなります。

 

他には一時的にメモリを増やし、自バフもある「ジェリス」

単純な守備力増強とソウル肥やし「ラッキー」

メモリ取得による補助ができる「キャットガール」

などがあります。

天空神軸を意識するなら「ウェディングブレード」を入れ、さらに「ファジーブリッツ」を併用していくデッキの場合は「デネブ」も入れていきます。

もし高レアリティが作れない場合安定したスタッツを持つ「リリア」や「アナスイなんかも十分働いてくれます。

 

4コスのユニット

「アマリス」、「ミネルヴァ」 、「ポテミータ」など

f:id:seisyuu:20180412211222p:plain

f:id:seisyuu:20180409165445p:plain

 4コスはシェドの構築の中で一番の悩みどころさんだと思います。

ゲームを決めるカード、優位をとるカード、防衛するカード、『シルヴィア』など、

3積みしたいカードが多いのが嬉しい悩みです。

 

「アマリス」は「花の住人」を二体出し、状況によって回復することができる横並び兼防衛兼回復役の欲張りセットです。

横に並べるので残ったら「シルヴィア」や「聖剣」などで強化できたり「アマリス」が生還したら「プルン」で5コスに変換させたりなどができます。

カニテツ」により住人が狩られるので注意が必要です。また、盤面不利の場合はあまり役に立たないです。(ちょっとした壁にはなりますが)

 

f:id:seisyuu:20180330162032p:plain

 

「ミネルヴァ」出す条件がやや特殊といえますが、3/3アブソーブのクイック持ちなので、削り、リーサル要因から盤面除去、回復によるリーサル回避など、こちらも欲張りセットといえます。

「ポテミータ」と組ませることで大ダメージを狙えますが、「ミネルヴァ」が2番目にならないと出せないため、準備なしではポテミータ連打はできないようになっているので注意。(8メモリ時、罠設置→ミネルヴァ→ポテミータ→オバヒポテミータなど)

 

f:id:seisyuu:20180406221628p:plain

「ポテミータ」は汎用バフともいえ、リーサル要因としても取られづらくするのにも使えます。継戦能力の高いユニットやクイック持ちのユニットにバフをして一気に畳み掛けましょう。

 

その他「シルヴィア」必須枠ですが他の国の運用と大差ないので省略。(強いていうなら体力バフを使ってファジーくらい)

 

「カマイタチ」は天空神軸が中心で、「ノポー」などの横並び要因の殲滅に使え

「リャナンシー」は防衛能力(ヘイト要因)が欲しい場合に入れ、

「ポリン」「決意サリヴァンを入れるのであれば使います。

 

5コスのユニット

「チャンドラ」「アンサリヴァン」など

f:id:seisyuu:20180409162054p:plain

シェドの5コスユニットといえばやはり「チャンドラ」ではないでしょうか。

条件付きではありますが非対象とバフを得ることができ、その場合の継戦能力はなかなかエゲツないものです。

有名なコンボである「チャンドラ聖剣」の運用はもちろん、返しターンに「ポテミータ」でバフをかけたり、「プルン」で6コスにしても強力といえます。

 

f:id:seisyuu:20180412220011p:plain

「アンサリヴァン「華の住人」を合計で二回出すことができ、守ることに特化しています。

自身のダメージを1減らす効果2コス相当のスタッツを一方的にとることができるため、リワードが発動しやすいことや、「カニテツ」や「アルトオルト」などのダメージを0にすることもでき、継戦能力が高いといえます。

「フローラ」のダメージ減効果と組ませるとまさに鉄壁です。

また、役目が終わったら「プルン」を使っても良いでしょう。

 

f:id:seisyuu:20180331211554p:plain

「ガーデン」メモリを1つ以上破壊する度にランダムで指定のキーワード効果が付与されます。

中でも「アブソーブ」と「ガーディアン」は強力で二つとも付与されると恐ろしいまでに回復できたりします。

天空神セットがあると体力のバフもあるためにさらに堅牢に。

ただしメモリを余らせてしまうと一向にメモリが増えないので注意。

 

 

その他だとユニットを複数体処理できるカニテツ」

「ポリン」で回復逃げを狙える高スタッツのメッセンジャー

「決意サリヴァンとの兼ね合いを重視したロゼッタ

また、墓地肥やしがそのままメモリに変換されるラクシュミーは一見強力に見えますが、専用構築にする必要があります。

 

  

 3〜5コスのスペル

「キュアブリーズ」「キュアサンクチュアリ」など

基本的に低レアリティ紹介の記事で書きましたので軽めに書いていきます。

f:id:seisyuu:20180409162105p:plain

 「キュアブリーズ」は2/2バフとライフ回復と優秀といえ、攻撃権を持つユニットに使い奇襲したりできます。

ただしコントロールの場合は後半リーサル狙いに使える「ポテミータ」がいるため、こちらは中盤までの動きを安定させたいなどの場合に使います。

f:id:seisyuu:20180406221618p:plain

 イデアスポルティングは4ダメとイプシロン」や「ダンダマイト」などの厄介なユニットの除去に役立ちます。

回復の効果も後半に使えばバカにならず、「急襲」「ジルクライハート」までの延命処置としての役割があるほどです。

 

f:id:seisyuu:20180406221626p:plain

「キュアサンクチュアリは全体除去兼条件付き回復スペルです。

全体2ダメは横並び特化のデッキタイプにとっての戦線崩壊を意味します。

第2の効果である回復は意識的に狙う必要はあまりないかもしれません。

 

f:id:seisyuu:20180409162058p:plain

「聖剣」は前述した「聖剣チャンドラ」運用をはじめ、攻撃権利を持ったカードに使うことで強力に作用するカードです。

弱いカードではないですが、コストが重いので「急襲」を打つことに終始したコンセプトの場合は入れなくても良いかもしれません。

 

終わりに

今回は以上となります。

多彩すぎるが故に一枚一枚に注視していくと文量がとてつもないことになりますね。

 

次回は6コス以降のカードを書いていく予定です。

 

今回もお読みいただきまして、誠にありがとうございます。