生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) B1で評価が変わったA3までのカード ニュートラル編

はじめに

今回はB1の到来により評価が変わったカードの紹介をさせていただきます。

評価が上がった=絶対に入るという意味ではありませんので悪しからず。

まずはニュートラル3枚と番外編に1枚を紹介していきたいと思います。

 

 『放浪熊僧クチノハ』

評価が上がったカード

f:id:seisyuu:20180228163626p:plain

シェドやタオシンでどうしてもとれないカードを取りやすいサイズにしてくれます。

クチノハなしではバルビーやキングママなどの高体力カードを非常に取りづらいので挿すことが多くなりました。

また、シェド、タオシンはともに1コスダメスペルがあり、さらにユウユウやアマリスなど、盤面に残り易いカードも多いため相性が良いです。

 

 

 

 『ナディア』

評価がやや下がったカード

f:id:seisyuu:20180228164747p:plain

 

B1で追加された文化学カードは専用構築で効果を発揮するものが多く特にタオシンのカードはナディアを使うデッキが自傷でない限りあまり使えません。また、盤面取りが激化した傾向もあるため序盤に出す余裕も薄れてきたのではないでしょうか?

また、構築済みデッキの実装とともにアニラとメデューサが追加されるのも厳しさに拍車がかかりそうです

マイナス要素ばかり書きましたが、カマイタチ以外の天空神、センチネル、シン、イデアスポルティングは優秀です。

 

『破壊稼業モグオヤジ』

B1実装当初評価が上がってやや落ち着いて来たカード

f:id:seisyuu:20180228171139p:plain

 B1実装時のアリス隆盛とともに評価が上がったカードです。

現在でもちらほらと見ますがほぼピンポイントメタなのでやや落ち着き気味かと思われます。(メタの流れがユニオンに向き気味というのもあります)

ユニオンやラピスなど、罠をあまり使わないデッキと相対したときには低スタッツバニラになるのが難点。

B2以降も罠事情に応じて評価が上がってくるのでそのときはまた多く見られるでしょう。

 

番外編

実用性はやや薄いが面白い機能をするようになったカード

『再起の福音リノベーコ』

キャットガールのメモリ獲得によってギミックがさらに面白く

f:id:seisyuu:20180217201757p:plain

 

キャットガールのメモリ獲得により複数工事が可能になりました。

2コス工事→キャットガールでメモリ→さらなる工事へ

と繋がるようになり、パズルゲームの連鎖のようなコンボは使っていて楽しいものがあります。

 

終わりに

今回は以上となります。

変わったところでは急襲対策にパグノスケが入るとかも聞きますね。獣がいる前提ということもあり豚王と相性がいいんだとか。

次回はシェドを予定しております。また、カード背景ニュートラル編はやや時間がかかりそうです。申し訳ありません。

 

今回もお読みいただき誠にありがとうございます。