生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ  【東方編】艶なる狐、夢のまにまに 2話-1(前編) 「チンロンのタマタマ・・・」

はじめに

プロジェクトA2を見たけど、

陣営というか派閥が多くて途中で混乱して楽しめなかった感。

 

その派閥の中にも派閥があったり、

他派閥と協力関係があったり、

そもそも登場人物の顔を覚えられてないからってのもある。

 

アニメとか漫画は顔に特徴があるけど

実写だと実在する人の顔だしなぁ・・・

 

 

 

ユメノアト・・・

たしか前にも一回訪れたところっすよね。

 

森を抜けた先の崖にフリチンがいるとかなのか・・・

 

 

前編-モンモンサイド

幻夢壺洞・・・

 

いきなり辞書登録が必要そうな名前だしやがって・・・

 

てかツルギはなにごともなく合流できたのね?

なんかあるのかと思ってた。

 

壺に夢を吸わせて・・・

その夢が知識というか情報の塊で、

その中に呪言があるから~とかなのかな・・・

 

しかし「遺物を使った儀式」とか耐用年数とか分からなそうだし、

もしそうならちょっとリスキー過ぎない?

 

壊れたら修復なり作るなりできるのかな・・・

 

十二傑も足を踏み入れない区域か・・・

 

そんな場所で儀式をやるとか

縁者の護衛の数とかも相当なものなんすかね?

 

まあ幻獣を使役するらしいから

それも大軍引き連れてようやく的な・・・

 

これは尻を締めて挑まないとなぁ・・・

 

操られている可能性か・・・

 

まあブネ兄貴らはイナリが解放された経緯も知らんし、

一応敵に引き渡された訳っすもんね・・・

 

しかしこれから厄介縁者とか

操られた民間人とか出てくる可能性があるってんなら

リリムとかサーヤキュバスくん辺りで

奪い返しとか無力化するとか必要になってきそう。

 

でも「そういうときに限って出てこない人ら」ではある。

 

まあ操られるタマではないけど、

忠義故に暴走するタマタマではありそうではある。

 

今回の件とは関係ないのは分かるけど、

仲間になっても地味に面倒なタイプ臭いんすよね・・・

 

そのときは弐の砦守らせるから・・・

 

まあ騙す気の有無は置いておいても、

結局相手には動きが察知されてるから油断はできないと・・・

 

そしてモンモンが砦に不在となると

フォトンなしでもある程度動ける

純正メギドとか不死者とかが必要になってきますね・・・

 

なんだかんだで純正メギドの信頼は厚い。

 

お風呂が狭いのか・・・

てことは大勢入る大浴場とかでもないんすかね?

 

あと河のメンツで向かうってことは

ヴリトラとかチユエンもお留守番なのね?

 

まあシェンウーがいればなんとかなるか・・・

 

ラクスくんはまたお留守番か・・・

 

しかし険しい山道で崩れるリスクがあるってことは

「安易にメギド体になれない」って意味でもある?

 

そういや改変後レラジェイベで

ブネ兄貴に乗ったりしてたっけ・・・

 

ああ、メフィストは怒られること確定と・・・

 

でも一応布に注視したからこそ丁度よくチンロンと遭遇できて

イナリと情報が渡されたってのはあると思うけど・・・

 

まあそれでもそれが手柄かと言われるとちょっと遠いかな・・・

 

てか「一人増える」ってなに?

「レラジェに新しい命が宿ってる」とかそういう話?

 

「ぼくらの」かな?

 

ああ、夢の専門家を入れる訳か・・・

 

くじの順番こそ酷かったけど

戦略的に必要な場合その限りではないからね・・・

 

バルバトスが詳しく聞いておくか・・・

 

正直「それだけで済む」とは到底思えないけど、

そこら辺については流石に言及されない感じ?

 

イナリの情報を元にいざ崖の洞窟へ・・・

 

そういや砦はアジトと違ってポータルかまさないから

普通に人も入れるんすよね。

 

これからシェンウーの縁者も来るらしいし

そういった意味でも結構な大所帯になりそう。

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

暖房かけたまま寝て起きたときの脱水感と

そのときに飲む冷えたスポドリがすき・・・

 

でも頭いてぇ・・・

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。