生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ 不死者バエルの切なる願い 1話-2 (前編その1) 「今回は短め・・・?」

はじめに

steamセールほぼ今日まで・・・

 

今月は崩壊に少し課金したし、

メギドの課金も控えてるからなぁ・・・

 

まあセールなんて季節ごとにやってるだろうし、

今回は保留って感じで・・・

 

 

 

育成進捗

再マルマルが星6に!!!

 

一人だけの育成ってかなり楽なんでしたね・・・

 

そういや祖指名チケと配布再ザガンを合わせると

あと二人で200人に到達するんすよ。

 

指名チケが二枚販売なら届くんだけど、

今回指名チケの話を全然聞かないんだよなぁ・・・

(調べてないからってのもある)

 

 

エリクとシール・・・人名?

 

二つ合わせればエリクシルだけど、

霊薬かなんかなんすかね・・・

 

不老不死?

 

 

前編-どっかの民家にて

開幕死にそう・・・

 

フルーレティって純正メギド一貧弱なんすかね・・・

 

まあ作家はペンより重い物を持たないし、

持つ必要もないから・・・

 

またこの人変なこと言ってるよ・・・

 

てかここ事前に建てたとこなのね?

そのときは特にマキーネの襲撃もなかったんだ?

 

不謹慎に興味を持つのも不謹慎感・・・

 

結構相性良さそうではあるけど、

次回作で謎の表現が異様に増えたりとかで

ファンが離れそうで怖いっすね・・・

 

アムちゃんとかマリウスとかショック死しそう。

「豚の鼻のデキモノ」・・・?

「逃げ遅れた蚤」・・・?え・・・?

 

コランくんの過去か・・・

 

状況がイマイチ分かんないけど、

不死者であるとバレて殺されそうになったところで

記憶が蘇って覚醒とかのノリなんすかね・・・

 

ああ、このときはまだ

自身が成長しないなんて思ってもないわな・・・

 

順当に成長してたらとっくの昔にハルマにやられてたか?

 

ああ、親とかに殺されそうになったとかじゃなくて

盗賊が来て街自体が襲われてたのか・・・

 

なんかハルファスイベを思い出しますね・・・

 

子供の割には嫌に冷静だな・・・

とかは流石に思われないか。

 

そこまで鋭いやつと最初にエンカウントしてたら

もっと悲惨な人生になってただろうし・・・

 

結果いつまでも子供のままで

他人に依存して生きていくことになった、か・・・

 

悲しいなぁ・・・

 

 

前編-モンモンサイド

チーム編成・・・

 

計4チームで行動するとか、

その分サイドが分かれる訳で・・・

 

今回は前回ほどじゃなさそうだけど、

まだまだ長くなる目があるってことね・・・

 

不死者ってことも隠してるけどね・・・

 

そんな沢山の層の隠しごとしてたら

いつヘマしてバレてもおかしくないんだけど

結構器用なことやってんなぁ・・・

 

メギドにとっては個を出せないだけでも

相当なストレスだろうに・・・

 

来ても力を発揮できないし、

来なかったら来なかったで怒るか・・・

 

メッチャ遠くから援護弾を放つとか、

雷光で目隠ししてその間に救うとかでワンチャン?

 

まあそもそも場所知らないだろうし、

再召喚とかでコールとかしない限りは厳しそう。

 

 

前編-デカちゃんサイド

懲りないデカちゃん・・・

 

まだ孤児院の奉仕活動が足りないみたいっすね・・・

 

てかゼパルと並んでるとこ何気初めてかもだけど、

二人並ぶと兄妹に少し見える謎。

 

いや、髪の長さくらいしか共通点ないじゃん・・・

 

みんな大好きバフォ姉貴だぁ・・・

 

罰せられるからやめとけとか

結構ルールは守るタイプなんすね?

 

てかこのメンツ、

ゼパル以外全員悪だくみしそうで怖いんすけど・・・

 

うーん小脳の異常とかなのかな・・・

 

今年のバレイベのときは気づかなかったけど

案外メルコムもドジっ子属性とかあるんすかね?

 

また見つけた謎の石板・・・

そこら辺に転がってるもんなんか・・・

 

結局今回謎要素が多すぎて、

しかもそれらがバラバラだから

イマイチよく分かんないんすよね・・・

 

ヒュトギンの言うように

「理屈なんてありませんでした」とはなりませんように・・・

 

 

続きます

長いんで一旦区切ります。

 

前半はギリ短めかな・・・

それでも三記事は確実に行きそうだけど。

 

キリどころがあって助かる。

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。