生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ 汝、罪人なりや?  3話-2(後編)「はじめに言葉ありき」

はじめに

※本編以外の部分はイベ終了後に書いています。

 

もう何年もメギドをやって来てるけど、

未だにメギドやってる人をリアルで見たことないな・・・

 

いや、勧めた分はノーカンとしてね?

 

まあ田舎ってのもあるけど

自分の交流範囲の問題だったりするのかな・・・

田舎にはスイパラもジョイサウンド直営店もねぇ・・・

 

あるのは24時間営業の精米所とか・・・

朽ちた自販機とか・・・?(誇張表現)

 

 

 

後編-悪夢の拷問部屋

穴開けてるの・・・?

 

いや・・・どんどん過激になって来たな・・・

その内頭蓋骨に穴を開けたり

長い鉄の棒を鼻の穴に突っ込んで脳みそ掻き出したりしそう・・・

 

まあ叫んだら叫んだで、

「中にいる悪魔が出ようと藻掻いてる証拠」とか

そういうこと言うんでしょ?

 

道化師は逆張り野郎と・・・

 

カイムの最も好きなことの一つは

自分で強いと思ってる奴にNOと断ってやることだ!

 

だが断る]だけ一人歩きし過ぎて

最も重要な口上は軽視されてる風潮・・・

 

狂四郎の毒ガス訓練のくだりとか、

野望の王国「えらいことや・・・戦争じゃ・・・」とか・・・

 

まあ自分もドラゴンボールのことを

毎回仙豆とドラゴンボールでどうにかする漫画と思ってるし

北斗の拳は痴情のもつれ程度の認知しかしてないから

結局はどれだけ触れてるかなんすよね・・・

 

それがマイナー作品ほど拗れたファンの声が大きいってだけで・・・

 

ベルナールが戻って来たか・・・

 

てか穴を開けるって、

流石にドリルとかではないんすよね・・・?

穿孔する為にぐりぐりするヤツとか使ったりするんだろうし、

そんなん知ってても耐えられないと思うんすけど・・・

 

逆に知ってるからこそこれから起こることが分かって

猶更恐怖するとかもないんすかね・・・

 

まあ知らないは知らないで嫌だけど。

 

未知の拷問がまだたくさんあるんだ・・・

でも穴を開けて悪魔祓いってのもどうなのかな・・・

 

てかそれって勿論「実績あっての発言」なんすよね?

でも「帰ってくる人がいない」って言ってたし・・・

 

やっぱ狂ってるよ・・・

 

初めにことばがあった・・・

 

そして時を経てその言葉が細分化され、

細分化と共に区別が為された・・・

 

まず初めに魚があり、

個々の違いを知る中で新たな名前が生まれ、か・・・

 

まあ名前、定義によって認知幅が広がるってのもよくある話で

ある国では虹を二色と捉えたり、

牛でも牡牛と牝牛で明確に区別する語があるんすよね・・・

 

そして人はいつしか異端という定義を産み、

明確に区別・・・もとい差別が生まれてしまったと・・・

 

まあ子供のときは特に意識してなかったけど、

認知が進んだ後だと偏見のフィルターで見たりするしね・・・

 

小学生のころ

毎日近所のおっさんの家に遊びに行った時期があったけど、

今思うとマジで何だったんだろ的な・・・

 

まあ「知った」というよりかは

「そう思った」「思い込んだ」って感じなんだろうけどね・・・

 

なんというか、

それらを見たうえで原因は悪魔だと断定した訳だから

人それぞれ、拗れ方も色々だよなぁ・・・

 

個人個人の考え方で

知った内容が派生して転訛してか・・・

 

要は今でもベルナールは純粋に

「人の持つ根底の善を信じている」訳か・・・

 

口を開けば開くほど状況が悪化してくな・・・

 

まあこのままだとどの道死ぬ運命だろうし、

誤差っちゃ誤差だしワンチャンに掛けた方が得か。

 

モンモンが助けに来るとも思ってないだろうしね・・・

 

カイムを悪魔だと分かっていたのに

変わらずに自分の子として接していたのね・・・

 

でもまあ、愚かだと思うからどうでも良いじゃなくて

愚かだからこそそれを愛おしく思ったり

愚かだからこそ放ってはおけないってのもあるから・・・

 

エンキドゥも愚かだった・・・

でも良いヤツだった・・・

 

分け隔てなく接していたから異端扱いか・・・

 

まあ周りから見れば

「名前のラベリングが正常に機能していなかった」

異常な人間な訳だからな・・・

 

より抽象的に物事を見て

悪でも善でもなく、ただ「人として見ていただけ」なのに・・・

 

まあ分かりやすい悪ってんなら

これ以上楽なこともないんすよね・・・

 

分かりやすいヤツだけを審問に掛けて

そうでない人を守ってればいいんだから・・・

 

新たな悪魔祓いの方法を探しに行くか・・・
もう彼は正気に戻ることはないんすかね・・・?

 

もう一回ショックを与えてみるとかでワンチャン?

 

狂信者にはロジックが通用しないからなぁ・・・

 

 

コメント返信コーナー

良い人が地味だけど悪い人は目立つからね・・・

尖ったことができないから日常物って感じになっちゃうし・・・

 

そういやラウムくんの両親は聖人だったし、

あとはまあ、コランくんの家族はまあマシ・・・?

 

そしてクロケルの両親が良い人だったと・・・

 

クロケルはたしか長命者だったはずだけど、

両親はそれについてどう反応したのかな・・・

 

色々気になるから

早くメギスト読める暇を作ろう・・・

 

 

らいすさん、

コメントありがとうございます!

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

もう早いもんで明日で20日なんすね・・・

 

流石に次イベまでには編集終わるだろうけど、

狩人イベとロキイベは来月に持ち越しだろうなぁ・・・

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。