生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72雑記その22「6話 ガブくんと合流とかいよいよ感ありますねぇ!」

 

はじめに

イベとか色々ありますが、メインストーリーを放置すると追いつけなくなりそうなので6話を進めていきます。

 

 

 

6-冒頭

 

f:id:seisyuu:20181112080422j:plain

村についたのに人がいないようですね・・・サ終かな?

 

せっかく村についたのにあったかい飯(肉)にありつけなくて残念なモラクスくんすこ

 

f:id:seisyuu:20181112080428j:plain

疫病が蔓延して廃村になった説。

 

まさかエピックスの呪いでしょうか?

 

f:id:seisyuu:20181112080431j:plain

しかし博識なバルバトスくんは違和感を覚えます。

 

形跡的に廃村になって長く、その割に人の往来もある。

 

f:id:seisyuu:20181112080440j:plain

よそ者が立ち入らないようにわざとやっている感があるんですね。

 

なぜよそものが立ち入らないような細工を施す必要があるんですか(正論)

f:id:seisyuu:20181112080443j:plain

なにかと役に立つガープくん、今回は地下道を発見した様です。

 

なんでも幻獣の巣になっている模様。

 

幻獣がいるということはフォトンがあるはずなんで、なにかしらの資源供給があるのでしょう。

 

 

しかし今回はかなりやばそうな雰囲気ですね・・・

 

人間サイドがサバトとかやってそう。

 

 

f:id:seisyuu:20181112080449j:plain

わざわざ廃墟に偽装してるような村、そんなん助けるほどの奴らなの?

って意見、すごくわかりますね・・・

 

下手すりゃマフィアとかの隠れ家かもしれないですからね・・・

 

 

f:id:seisyuu:20181112082238j:plain

マップを見るに炭鉱や金山などの採掘所でしょうか?

 

ロッコの線路が張り巡らされていますね・・・

 

6-1

f:id:seisyuu:20181112082755j:plain

どうやら幻獣の巣ではなく、最近居着いたといった感じみたいですね。

 

つまりなにかしらの利を感知したというわけです。

 

f:id:seisyuu:20181112082759j:plain

だとしたらヴィータは?幻獣がなぜここにいる(きた)?

 

たしかに状況証拠が不十分ですね・・・

 

f:id:seisyuu:20181112082802j:plain

利己的な存在である幻獣、なにかしらの理由があるはずですね。

 

なんかやべー予感をビンビンに感じています!

 

 

f:id:seisyuu:20181112082805j:plain

シバの女王の執事っぽいガブリエルの再登場ですね・・・

 

いったい「誰」と勘違いしたのでしょうかねぇ・・・?

 

f:id:seisyuu:20181112082810j:plain

どうやらブネとは知った仲のようです。

 

「ソロモンの指輪の所在を探していた」ということは知っていたので、

 

主人公と出会う前からのお知り合いなんですね。

 

 

嫉妬しそう

 

 

f:id:seisyuu:20181112082815j:plain

f:id:seisyuu:20181112082818j:plain

そういえばこんなシーンがありましたね・・・

 

パズルのピースが埋まっていく感覚すきだよ。

 

 

f:id:seisyuu:20181112082821j:plain

f:id:seisyuu:20181112083748j:plain

 指輪の所有者を見つけたので「こちら」(ハルマ?)と合流するために〜

とありますが、おそらく文脈からして仲間はガブリエルだけではないんですね。

 

仲間・・・だよね?

 

 

f:id:seisyuu:20181112082826j:plain

幻獣退治をしながら王都を目指してたならついでにと、

†黒き淵の鋏手†とかいうのを探して欲しいと依頼されます。

 

鋏手・・・シザーハンズとかですかね・・・

 

それともサソリとか?

 

終わりに

今回は以上となります。

キャラのレアリティも星2.5が多くなり、成長を感じながらプレイしています。

なんというか今までやってたスマホゲーはレベルマックス状態から進めるのがデフォだったので、

こういった擬似的なレベルキャップシステムは本当に面白いですね・・・

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。

f:id:seisyuu:20181112084608p:plain

f:id:seisyuu:20181112084602p:plain

f:id:seisyuu:20181112084556p:plain