生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) 過去愛用していたすこすこカード マグナのシャドウはトリッキー!

パイプタバコにカビが生えてた・・・

また輸入するしかないかなあ

 

前回はこちら

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) 過去愛用していたすこすこカード ユニオンにもブーストがあるんや! - 生執の思考球体

 

次回はこちら

 

 はじめに

今回はマグナのシャドウ持ちカードについて書いていきます。

シャドウというと「キジモナカズバ 」やユニオンのシャドウ、「トータルチェンジング」などが最初に思い浮かびますが、

他にもちゃんとシャドウがいるんだよ!

 

『薄命の研究者ブーイン』

複製を作ったりと色々すごい人

èå½ã®ç ç©¶è ãã¼ã¤ã³

・シャドウ

・ウイルス

 

2コス標準クラスのスタッツですが、シャドウとウイルスという強力なキーワード効果を持ちます。

 

初期、ウイルスマグナにおいてかなりエゲツない動きをしていました。

先行で「ウエスタン」や「マヤ」などでウイルスを押し付け除去スペルを封殺して、

「ブーイン」や「ガードルード」で追撃するというムーブは単純ながらに相当やばかったですね・・・

 

今でこそシャドウ持ちは簡単に付与でき、除去手段も豊富ですが、当時はシャドウ持ちが貴重で、昔はそう簡単に返せないムーブでした。

 

ウイルスマグナは新弾で強化されることもなく、化石と化した構築ですが、「ウイルスショット」などを噛ませた手軽な出張セットはたまに見ますね。(ブーインはみない)

 

個人的に注目しているコンボは、「スペースコンバッション」との兼ね合いで、

4点の定点ダメを可能にし、さらにフォースダウンをサーチするという夢のムーブです。

決まったときは相手のテンポをそこそこ削ぐことができますが、

ぶっちゃけあんまりなんでA3あたりでやりたかったコンボですね・・・

 

でも楽しいからよし!

 

『精神の侵食者』

〇〇者シリーズはほんと楽しい!!

ç²¾ç¥ã®ä¾µèè

・シャドウ

①このユニットが相手ライフにダメージを与えた場合、このユニットを手札にもどす。

 その後相手のデッキからランダムに一枚カードをコピーし、自身の手札に加える。

 

直接攻撃した場合、相手のデッキのカードをコピーしちゃえます。

 

相手のデッキに大きく左右されるうえ、指定もできないため不安定なうえ、

成功時手札に戻るため継続的にコピーできないのが難点です。

 

ガーディアンがいると除去しないかぎりは運用できないという点でも難しいですね。

ただ、ロマン溢れるカードなので使っていて非常に楽しいカードであります。

 

ぶっちゃけ「ムカつくから強制捜査を使えば確定で二枚たぐれるのでそちらでもいい気がしますが、

こちらはユニットであるため様々な応用性が効きますね。

 

とりあえず出しておけば、相手は除去札を切ってくれるかもしれないですし、

場残りすればお決まりのイプシロン」や「指導者」などを噛ませることができますね。

 

序盤から相手のカードをコピーができればデッキ傾向を知る情報アドがとれますし、

GCや強カードをコピーできればしめたものです。

 

特に情報アドはカードゲームに膨らみをもたらすことができ、

択ゲー感がでるので違った面白さを体験できるでしょう。

 

一枚で強いカードとはとても言えず、効果もやや控えめといえますが、僕のすこすこカードの一枚です。

 

終わりに

今回はマグナのシャドウ持ち二枚について書かせていただきました。

ほんとはケビンくんなんかも書こうとおもったのですが、

最初期にフェイス狙うだけの要因だったので・・・

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。