生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)事前評価反省会! シェド編その2

ついに今日調整後の環境になりますが、みなさまはデッキは考えていたでしょうか?

とりあえず作り得っぽいグラントくんを作ろうかと思います。

 

前回はこちら

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)事前評価反省会! シェド編その1 - 生執の思考球体

 

 

はじめに

今回の五枚で事前評価反省会は終了となりますね。

各国を取り上げていくと1テーマに数週間はかかる罠。

 

「氷晶のウェディング・ベラ」

事前評価:実質2コス2/3で天空神のコスト減!?これは必須!

実際:3コスに永久機関がいるって!?

f:id:seisyuu:20180620230023p:plain

前回から書いていますが、「タマゴマスター」軸でない天空神デッキでは必須級のユニットなんです。

 

実質2コスで2/3というのはデメリットアタッカーである「サイコバトラー」と同値であり、2コス標準である2/2に競り勝てる逸材です。

序盤からのテンポを支配するには絶好の叩き台となるうえ、天空神のコスト減によりゴリラなどの早出しにも貢献してくれます。

 

仮に天空神が4種なくとも標準程度の動きも可能ですし、

B2「カマイタチ」と組ませることでサーチとコスト減をメモリーセーブ(1)でできるのも良好。

 

柔軟性の高いシェドの特性に漏れずかなり自由な戦い方ができるのではないでしょうか?

 

『天空古獣ウルボロス』

事前評価:デッキボトムをコントロールできるカードがきたらつよそう!

実際:都合よくこないかそんなん!

f:id:seisyuu:20180620230100p:plain

一応シナジーのほどは微妙ですが「天空命氷機」という罠はでてきましたが、まだ力不足感は否めませんね。

自分のデッキ枯渇を意図的に狙えるのは現状B1「ベラ」くらいしかおらずGCということもあり再現性は微妙であると言えます。

 

うまく使えればデッキ枯渇しないでボコボコウルボロスを増やすことも可能ではありますが、

シェドはそんなことせずともリーサルプランがたくさんあるので危険を犯してまでやる必要があるのか微妙といえます。

 

B2においてデッキ枯渇軸(?)の増強があまりなされなかったのでこの評価ですが、

B3でなにかしらくればワンチャン・・・というかB期を逃したらしばらく強化は来そうにないですね・・・

 

『救世の王姫レヴィ』

事前評価:レヴィが倒れたらメモリ回収ができないってきつくない!?

実際:え、やっぱきつくない!?

f:id:seisyuu:20180620230036p:plain

事前評価と実装後の感想があまり変わりませんね。

 

大量召喚自体は強力なんですが、いかんせんメモリ全ベットのデメリットが激しすぎる気がします。

1コスでの最高体力が2なのでAOEされようものなら一網打尽というのもきついですね・・・

「レヴィ」単体もそこまで耐久性があるわけでもなく、1コスにガーディアンがほとんどいないのもこのカードの価値を低めています。

 

しかし、1コスという以外の条件はないので、今後のカード追加次第では十分化けるポテンシャルを持っているのは間違いありません。(レヴィがいるから新カード作成の幅が狭まる可能性もありますが・・・)

 

イデアン:マルチウェイ』

事前評価:単純に入れ得カード

実際:単純に入れ得カード

f:id:seisyuu:20180620230043p:plain

③④の効果があまりにもイかれすぎていて、実装前段階から評価がべらぼうに高かったカードです。

 

実質6コスまでのカードをノックダウンさせることができ、その隙に強ムーブを押し付けることが可能でした。

①②も普通に強力といえ、①はラピスのソルバや「シルヴィア」のような動きができ、

②は「ファジーブリッツ」などのコンボや盤面の補強なんかもできるのでかなり器用に立ち回れる一枚です。

 

一応コスト7以上のユニットには無力ですが、その様なカードがでるころにはシェドは大体メモリも8なので「急襲」を打てているのであまり心配がありません。

 

今後、コスト軽減のユニットが大量に出るのであれば立場が揺らぐ可能性はありますが、しばらくは入れ得枠として君臨するのではないでしょうか?

 

『魔術王ギルモア』

事前評価:出せたら強いけどかなり使いづらそう・・・

実際:やっぱつれえわ・・・

f:id:seisyuu:20180620230120p:plain

さすがにお互いがゲーム開始からギルモア算しながら読み合いなんてのはありませんでした。

 

使う側も、計算しながら使うとなるとかなりプレイングが制限され、思うように動けなくなる難しさを背負っています。

仮にだせたとして、

環境を取っているラピスには「アサギリ+オルト」の全除去や「ガイナー」で「ナイトメア」をとられたり(ダメもインキュパスで1固定にされているためほぼフルで使われる)

ユニオンではソルバからの「エミリー」などのAOEを打たれ、

シェドミラーでは「急襲」や「インドラ」などでノックダウンされてしまいます。

 

まあ、確定サーチはできるため手札にもってくること自体は苦労しないカードです。

 

ラピスも「ガイナー」がナーフされるため、もう少し使えるようになるかもしれませんし、

これから予測されるタオシンの台頭も抑えられるポテンシャルもあるかもしれません。(間に合えばですが)

 

終わりに

今回を持ちまして、事前評価反省会は終了となります。

次回からの予定はあまり考えておりませんが、ナーフ後の新環境について書いていこうかなーと漠然と思っています。

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。