生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)6月12日(火)公式ニコ生情報その1

今回のニコ生まとめはこちら

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)6月12日(火)公式ニコ生情報その2 シェドのストーリー背景 - 生執の思考球体

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)6月12日(火)公式ニコ生情報その3 EGユニオンのストーリー背景 - 生執の思考球体

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)6月12日(火)公式ニコ生情報その4 ニュートラルのストーリー背景 - 生執の思考球体

 

はじめに

今回は昨日の公式ニコ生情報を書いていきたいと思います。

新プロモ情報などがあったようですね。

 

PRパックVOL.11

f:id:seisyuu:20180613102453p:plain

 

『終焉の炎アン』

前回のニコ生で紹介されたカードをおさらい。

f:id:seisyuu:20180613102601p:plain

①自身のライフが10以下の場合、このユニットのコストは(2)減る。

②ログイン時、相手ライフか敵ユニットに1ダメを与え、1ライフ回復する。

 自盤面に他の「センチネル」がいた場合、2ダメ2回復に変更する。

③ ②の効果によるダメージでユニットを破壊した場合「ログアウト」効果を発動させない。

④起動(3)自身のデッキから4コストのセンチネルをランダムに一枚、手札に加える。

 

炎の三姉妹の末っ子です。

ログアウト効果を封じるのは「タマゴマスター」に喘ぐ村民の願いではありますが、

センチネルが他にいなければダメージ量が低く、

ライフが10以下でなければ3コスと、やや使いづらそうであります。

 

ログアウト封じではないですが現状、タマゴ憎しで効果消しの「プラネット・メタモール」が積まれているため、それを押しのけてまで活躍はしてくれるでしょうか?

 

しかし、センチネル軸では新たな戦略としてつかえそうではありますね。

起動で引っ張ってこれる4コスセンチネルは

「トイガール」「エミリー」「ジャンピンガール」の3枚。

中でも姉の「エミリー」とはシナジーがありコンボを狙うのも良いかもしれません。

 

また、「ギャラクシー」からサーチはできますが、

センチネルの3コスは地味な激戦区なので確定サーチにすると層が薄くなる危険性がありますね。

 

ついにあのカードが実装!!

 

f:id:seisyuu:20180613104341p:plain

f:id:seisyuu:20180613104652p:plain

ご満悦顔で草。

 

f:id:seisyuu:20180613104604p:plain

頭おかしなるで・・・

 

『突撃剣女ユリネ』

お手軽顔面お手軽処理お手軽自傷

f:id:seisyuu:20180613104827p:plain

チョイス

・相手ライフに1ダメージ

・敵ユニット一体に1ダメを与え、自身のライフに2ダメを与える。

 

1コスで顔面から盤面処理、コンボの起点にと様々な活躍が期待できるユニットです。

 

戦闘を介さずにダメージを与えるカードは非常に貴重で、

通常でのリーサル要因としてはもちろん、

アグロでの「ウルゴバシュー」や「先手必勝」を掘っているとき副産物として使うことができますし、

「闇堕グラント」のUSBでの詰め性能が向上します。

 

ユニットへの1ダメも、2/3ユニットに2/2で突っ込ませてとったりと、色々な遅れを取り戻すこともできるでしょう。

ガーディアンに隠れたユニットを倒せるのもかなり良さげ。

ミッド以降なら「クチノハ」と組ませることで計7コスで大型ユニットをとることも可能に。

 

デメに見える自傷ダメは自傷ギミックによりメリットに転化することができ、

B1「ヒヨ」のサーチ

「カーライルレスキュー」を1ドローに

「スティンキー」で盤面干渉しつつ顔面ダメ

「マイ」の起動発動のトリガー

「グラント」で計4コスで最大2枚取り

「エミリー」のAOE

「カーライル」のバフ補助

とかなり広い範囲で補助することが可能。

手札消費こそ気になりますが、タオシンに新たな戦略が生まれるのではないでしょうか?

 

『ゴロニャーゴ』

手土産を渡して裏切っていくスタイル

f:id:seisyuu:20180613105151p:plain

①ログアウト時、相手のライフを4回復し、「ゴロニャーゴ」を相手のデッキに混ぜる。

 

「決意サリヴァン」のキュアバーンで使ってくれといわんばかりのユニットですね。

 

しかして「キュアバーン」は決意モードにならなくても使えるカードが多く

ドロソと簡易回復の「メディケーション」

お互い2回復の「ポポリ」と、

あくまでもサブプランとして腐りづらいカードを無理なく入れるのがほとんどです。

 

対してこのカードは1コスとして使えはしますが力不足感が否めません

さらに、決意モード時でも即効性が薄く、破壊というアクションを噛ませないと4ダメになってくれません。

意図した自壊をする場合は割札を使う必要があり、その場合、二枚以上はたいての4ダメは果たして効率が良いといえるでしょうか?

 

相手のデッキに混ざる効果はうまく行けば実質のドローロックと手札の負債となりますが、微々たるものと言えるでしょう。

 

一応B2「イム」のセカンドチェンジ妨害ができる数少ないカードとなりうるので「イム」が環境に乗るようならワンチャンあるかもしれません。(もちろん破壊時巻き込まれなければ妨害できません)

 

6月15日(金)0:00より実装予定!

f:id:seisyuu:20180613105639p:plain

 

終わりに

公式ニコ生情報は以上となります。

「チャンと石井の部屋」に関してはその2でまとめさせていただきますのでご了承ください。

 

今回は、カード修正(ナーフ、上方修正)に関してはありませんでした。

プロモでなにかしらの環境の動きはあるのでしょうか?気になりますね。

 

今回もお読みいただきまして誠にありがとうございます。