生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ その1113 ダムロックと4人の不死者 1話-2(後編その2) 「ボス・・・どこまで賢いんだ・・・!」

はじめに

最近鯖の水煮缶にハマってるんすよね・・・

 

味噌煮って結構外れ多いけど

水煮は結構安定してるし・・・

 

あと味噌煮と鯖味付けって、

色似てるからよく間違えるんすよね・・・

 

なんなんだよあれ・・・

 

 

 

後編-宿の一室にて

f:id:seisyuu:20200703061438j:plain

f:id:seisyuu:20200703061442j:plain

f:id:seisyuu:20200703061448j:plain

f:id:seisyuu:20200703061452j:plain

f:id:seisyuu:20200703061456j:plain

怒り狂うダムロック・・・

 

てかこれやっぱあいつらの仕業なの・・・?

 

あのとききちんと殺していれば・・・

バラムくんじゃなくてアスモ姉貴だったら・・・

 

いや、アスモ姉貴だったら街がクレーターになってるな・・・

 

f:id:seisyuu:20200703061601j:plain

f:id:seisyuu:20200703061606j:plain

f:id:seisyuu:20200703061611j:plain

f:id:seisyuu:20200703061615j:plain

f:id:seisyuu:20200703061621j:plain

f:id:seisyuu:20200703061625j:plain

パイモンも腸が煮えくり返ってるか・・・

しかし報復方法が怖いな・・・

 

メギドが今までされてきた殺され方を

自分用に色々とストックしてそう・・・

 

ボスを首だけにして楽器にするとか・・・

 

f:id:seisyuu:20200703061714j:plain

f:id:seisyuu:20200703061718j:plain

f:id:seisyuu:20200703061724j:plain

f:id:seisyuu:20200703061729j:plain

全体的に争った後か・・・

 

単なる盗賊だったら荷物とかも荒らされてるだろうし、

完全に誘拐目的ってことね・・・

 

やっぱあいつら以外考えられないか・・・

それか大穴でコランとか、

ヴェルドレが実は第三勢力だったとか・・・

 

まあないわな・・・

 

f:id:seisyuu:20200703061819j:plain

f:id:seisyuu:20200703061825j:plain

f:id:seisyuu:20200703061830j:plain

f:id:seisyuu:20200703061834j:plain

パイモンのハッタリはともかく血痕があったらな・・・

 

死体を搬送された可能性とかもあるし・・・

 

誘引するのが目的なのか、

それとも失わせるのが目的なのか・・・

 

いや、後者だったら搬送なんてしないだろうし、

この場で徹底的にバラバラにした死体見せつけるか・・・

 

f:id:seisyuu:20200703062001j:plain

f:id:seisyuu:20200703062006j:plain

f:id:seisyuu:20200703062010j:plain

f:id:seisyuu:20200703062014j:plain

フライパンでフルスイング・・・

なんだかんだで結構やりますね・・・

 

てか糞食らえを符丁にしたのに、

それを作ってたんですね・・・

 

アレはパイモンをからかうのが目的だったのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20200703062019j:plain

f:id:seisyuu:20200703062024j:plain

f:id:seisyuu:20200703062028j:plain

ほぼ入れ違いで遂行するとか・・・

もう読み性能どころの話じゃないよな・・・

 

この短時間でマグラが仲間だとあたりを付けて、

それで滞在してるホテル割り出して、

そして誘拐を完璧に遂行させる・・・

 

ほんとヴィータなのかあいつは・・・

 

流石に黒犬くんは関わってないよね?

 

f:id:seisyuu:20200703062121j:plain

f:id:seisyuu:20200703062126j:plain

f:id:seisyuu:20200703062131j:plain

f:id:seisyuu:20200703062136j:plain

f:id:seisyuu:20200703062140j:plain

なんでこんな状況で小ボケを挟むんだ・・・

 

今回の誘拐はメギドじゃなくてヴィータだし、

バラムくんあんま興味ないんですかね・・・

 

でも犯人があいつらなら、

潰すために尽力してくれない・・・?

 

f:id:seisyuu:20200703062246j:plain

f:id:seisyuu:20200703062251j:plain

f:id:seisyuu:20200703062258j:plain

f:id:seisyuu:20200703062302j:plain

f:id:seisyuu:20200703062307j:plain

f:id:seisyuu:20200703062311j:plain

レシピの裏にメモか・・・

つまりダムロック宛てのメッセージって感じ・・・?

 

もう少し見やすいとこに書いてよ・・・

 

f:id:seisyuu:20200703062414j:plain

f:id:seisyuu:20200703062418j:plain

f:id:seisyuu:20200703062422j:plain

f:id:seisyuu:20200703062427j:plain

f:id:seisyuu:20200703062431j:plain

f:id:seisyuu:20200703062436j:plain

土地勘がないだろうから簡単な地図まで書いて・・・

結構豆なんですね・・・

 

そしてバラムくんの予想では

マグラはその地点とは別の場所にいると・・・

 

まあ単純にはいかないってことか・・・

 

捜索班と決着班にわかれるとすれば、

それだけでリソースも割けることになるし・・・

 

ほんと相手も策士ですね・・・

 

 

後編-ロビーにて

f:id:seisyuu:20200703062541j:plain

f:id:seisyuu:20200703062547j:plain

f:id:seisyuu:20200703062554j:plain

悩むお爺ちゃん・・・

 

まあ自警団呼んだ方が

被害が周知になって評判落ちそうだし・・・

 

パイモンらが解決すれば終わり!閉廷!

 

f:id:seisyuu:20200703062558j:plain

f:id:seisyuu:20200703062602j:plain

f:id:seisyuu:20200703062607j:plain

ここでコラン・・・?

それにパイモン宛てに手紙・・・?

 

ほんとこの子の行動がよくわかんないな・・・

 

手紙ってバトンからなのかな・・・?

 

f:id:seisyuu:20200703062711j:plain

f:id:seisyuu:20200703062716j:plain

f:id:seisyuu:20200703062720j:plain

このお爺ちゃん結構いい人だな・・・

 

てかコラン、いい人そうな人見ると

息子になろうとするのなんなんだろ・・・

 

会話してるときと考えてるときで名前が変わってるの草。

 

f:id:seisyuu:20200703063012j:plain

f:id:seisyuu:20200703063017j:plain

f:id:seisyuu:20200703063023j:plain

f:id:seisyuu:20200703063031j:plain

f:id:seisyuu:20200703063036j:plain

f:id:seisyuu:20200703063132j:plain

f:id:seisyuu:20200703063138j:plain

f:id:seisyuu:20200703063143j:plain

f:id:seisyuu:20200703063209j:plain

ああ、不死者会議に参加するための手紙か・・・

その手紙信じてくれるのかな・・・

 

審査通すために視察する必要があったら、

コランだってわからないままなんじゃあ・・・

 

まあなんでもいいか。

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

次で3話・・・

いけるのか・・・?

 

まあ今からやったとして

記事にするのは明日以降になりそうですね・・・

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。