生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ その1021 メインストーリー 五章 39-2「どんだけミカエル嫌いなんだよ」

はじめに

もうそろそろ春なんですね・・・

 

正直冬は寒くて外に出る気しないから、

やっぱ暖かい季節が好きなんだよね・・・

 

まあ暖かくても外にはあんまりでないか・・・

 

花見とかも特にやらないし・・・

なんかめんどくさいじゃん・・・?

 

 

 

f:id:seisyuu:20200322181807j:plain

大断層横断・・・

 

山脈登りきったと思ったら

今度はそんなところ渡るのか・・・

 

いかにも冒険って冒険だぁ・・・

 

 

前編-モンモンサイド

f:id:seisyuu:20200322215244j:plain

f:id:seisyuu:20200322215500j:plain

f:id:seisyuu:20200322215524j:plain

f:id:seisyuu:20200322215531j:plain

行く手を阻む断層・・・

 

山がハルマとメギドの抗争の産物なら、

この断層はなにによって生まれたんだろ・・・?

 

メギド側にのみある断層・・・

 

アスモ姉貴でも暴れたのか、

それとも例の巨大幻獣によるものなのか・・・

 

それか単に風化して切り立っただけか、

赤い月の追突の余波なのか・・・

 

まあいずれにしても今はわからないかな・・・

 

f:id:seisyuu:20200322215629j:plain

f:id:seisyuu:20200322215635j:plain

f:id:seisyuu:20200322221108j:plain

f:id:seisyuu:20200322221113j:plain

埋め立てられた場所を探して渡るか・・・

ブネ兄貴をメギド体にして飛んで行くとかはダメ・・・?

 

まあそんなことしたら悪目立ちするだろうし、

最悪撃ち落とされる危険性もあるか・・・

 

そういやカマエル

三章でマキーネ使役してたけどここでは使わないのかな・・・

 

それか死に設定か・・・?

 

f:id:seisyuu:20200322221416j:plain

f:id:seisyuu:20200322221425j:plain

f:id:seisyuu:20200322221453j:plain

f:id:seisyuu:20200322221458j:plain

断層を越えたなら渡れそうな場所もセットであるか・・・

 

その幻獣、ちゃんと徒歩で来てるんだよね?

飛んでる幻獣じゃなくても

壁をよじ登れるタイプとか、

軽いから大丈夫な奴とかかもしれないし・・・

 

一々重箱の隅をつつくな。

もう漆の塗りも磨耗してるレベルだろ・・・

 

f:id:seisyuu:20200322221736j:plain

f:id:seisyuu:20200322221742j:plain

f:id:seisyuu:20200322221914j:plain

ここで運命の出会いが・・・

しかしバレイベでまさか仲間になるとはね・・・

 

この黒犬も餌付けして仲間にはならないかな・・・

蚤取ってあげたりしてスキンシップ取ったり・・・

 

f:id:seisyuu:20200322222008j:plain

f:id:seisyuu:20200322222042j:plain

f:id:seisyuu:20200322222300j:plain

f:id:seisyuu:20200322222405j:plain

f:id:seisyuu:20200322222410j:plain

犬に気をとられるなか・・・

 

でも前人未到の地で、

しかも幻獣が跋扈してるところだよね・・・?

 

そこでなんでもない犬がいる時点で、

相当な違和感なんじゃないのかな・・・

 

まあブネ兄貴もにぶいってことか・・・

 

 

後編-モンモンサイド

f:id:seisyuu:20200322225308j:plain

f:id:seisyuu:20200322225313j:plain

f:id:seisyuu:20200322225317j:plain

f:id:seisyuu:20200322225351j:plain

f:id:seisyuu:20200322225355j:plain

f:id:seisyuu:20200322225359j:plain

言いたい放題なシャックス・・・

 

ほんとバルバトスイジリ好きですね・・・

 

まあでも適度に優しく突っ込んでくれるし、

ブネ兄貴みたいにガチギレしないから

イジリやすいキャラではあるんだよなぁ・・・

 

でも死ってのは突然で、

なんのフラグも予告もないってのは

100日後に死ぬワニで学んだよね・・・

 

電通と作品はまた別だから・・・

 

f:id:seisyuu:20200322225438j:plain

f:id:seisyuu:20200322225443j:plain

f:id:seisyuu:20200322225449j:plain

f:id:seisyuu:20200322225555j:plain

f:id:seisyuu:20200322225559j:plain

突出するブネ兄貴・・・

 

頑丈なハルマに先行させた方がいいんだろうけど、

流石にプライドが許せないか・・・

 

まあ落ちたら地面に着く前に召喚すれば良い?

落下してるメギドを召喚・・・

 

勢いがついたままだと大変なことになるかな・・・

 

f:id:seisyuu:20200322225604j:plain

f:id:seisyuu:20200322225608j:plain

f:id:seisyuu:20200322225612j:plain

f:id:seisyuu:20200322225616j:plain

ほんとカマエルはツッコミどころ満載ですね・・・

 

まあハルマは個で完結し過ぎてるし、

あんまり他人のことは考えてないか・・・

 

それゆえに多様性とか、

周りに合わせて柔軟に変化ってのが難しいんですね・・・

 

個人主義の限界か・・・

 

f:id:seisyuu:20200322230534j:plain

f:id:seisyuu:20200322230539j:plain

f:id:seisyuu:20200322230543j:plain

ミカエル・・・

相変わらずボロッカスに言われてますね・・・

 

マルコとか特に異様なヘイトだし・・・

悪以外にも普通に不寛容なんだよなぁ・・・

 

まあ気持ちはわかる。

 

f:id:seisyuu:20200322230547j:plain

f:id:seisyuu:20200322230551j:plain

f:id:seisyuu:20200322230630j:plain

ブネ兄貴の短気か・・・

まあもたもたしてる側も悪いし、

しょうがないっちゃしょうがないけど・・・

 

他の追放メギドというと

イポス兄貴とかフォカロルとか

リーダーらしい人もいるからな・・・

 

真メギドとなるともっといるし・・・

バフォ姉貴とか最高のリーダーだよなぁ・・・

 

f:id:seisyuu:20200322230751j:plain

f:id:seisyuu:20200322230755j:plain

f:id:seisyuu:20200322230759j:plain

メギドラルに帰るレベルで嫌なのか・・・

 

てかそういやメギドラル問題が解決したら、

みんなどうするんだろ・・・

 

軍団やめてバラバラになったりとか・・・?

 

殊に長命者に不死者、

それに純正メギドはモンモンより長生きだし・・・

 

モンモンの子供が軍団継いだら、

まだいてくれたりする・・・?

 

後継問題で分裂したり、

後継者が暗愚で崩壊したりとかは考えたくないな・・・

 

f:id:seisyuu:20200322230803j:plain

f:id:seisyuu:20200322230808j:plain

f:id:seisyuu:20200322230812j:plain

f:id:seisyuu:20200322230817j:plain

コランはほんとどこまで知ってるのか・・・

それに真実ってなんのこと・・・?

 

仮に偽物だとしても信頼してるとかみんな言ってるけど・・・

偽物とか本物とか、

それすら瑣末になるほどの爆弾なのかな・・・

 

あの・・・それって五章でわかるんですか・・・?

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

ちょっと日を跨いじゃいましたね・・・

1日2記事はできなかったか・・・

 

まあともかく

今回も伏線やら不穏なサインがあったけど、

ちゃんと五章で提示してくれるんですかね・・・?

 

でもなるべくゆっくりして欲しいかな・・・

 

いきなり爆弾投下されまくると

結構疲れるからね・・・

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。