生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ その1022 メインストーリー 五章 39-3(前編)「これは・・・いじめではない?いじり?」

はじめに

サムライ8が打ち切りか・・・

 

少し読んだくらいだったけど、

すごい回りくどい言い回しの漫画だったな・・・

 

てかそもそもナルト自体そんな知らないな・・・

 

以前はジャンプ毎週読んでたはずなんだけど、

ブリーチといいナルトといい、

有名作そこまで読んでなかったなぁ・・・

 

あれ?じゃあなに読んでたんだろ・・・

ワンピースも正直よくわからんぞ・・・

 

ちなみにドラゴンボールも読んだことないですね・・・

 

 

 

f:id:seisyuu:20200323175356j:plain

不吉なる黒い犬・・・

まあ現状は得体の知れない存在だよな・・・

 

39話のボスとかそんな感じ・・・?

 

ロクサーヌの3Dモデルはあったから、

普通に敵としてはでてきそうではあるな・・・

 

 

前編-モンモンサイド

f:id:seisyuu:20200323175658j:plain

f:id:seisyuu:20200323175713j:plain

f:id:seisyuu:20200323181225j:plain

近いな!?

 

なんか急接近したけど・・・

急襲するでもないのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20200323181332j:plain

f:id:seisyuu:20200323181337j:plain

f:id:seisyuu:20200323181343j:plain

f:id:seisyuu:20200323181347j:plain

f:id:seisyuu:20200323181351j:plain

黒犬の正体を知らないと気取っちゃダメなの・・・?

それにやたら情報に聡いし・・・

 

まあ黒犬もメギドだし、

犬に引っ張られすぎなければ普通の知恵者か・・・

 

このワン公の位ってどのくらいなんだろ・・・

 

ロクサーヌは序列が低いから犬化した」

とかもありえそうだしなぁ・・・

 

f:id:seisyuu:20200323181451j:plain

f:id:seisyuu:20200323181455j:plain

f:id:seisyuu:20200323181459j:plain

f:id:seisyuu:20200323181503j:plain

f:id:seisyuu:20200323181507j:plain

五章になってやたらと出てくる「偽物」ワード・・・

でも「偽物」って指輪のことじゃなかったっけ・・・?

 

偽物の指輪を持つから偽物の王なのか、

モンモン自体も「偽物足りうるなにかがある」というのか・・・

 

まあ「足りうるなにかがある」というよりも

ある「本物足りうる一部分が欠落している」

って感じなのか・・・

 

たしかパイモンのメギストで、

それが本物の指輪であれば

「どんなメギドも思うがままに召喚できる」

とか言ってたな・・・

 

でもモンモンが召喚できないのは

ある種の自制が働いてるからじゃないの・・・?

 

うーんなんなんだろ・・・

 

 

前編-その他諸々サイド

f:id:seisyuu:20200323181649j:plain

f:id:seisyuu:20200323181653j:plain

断層を渡った一行・・・

 

そういやモンモンボーッとしてたけど、

ちゃんと付いて行ってるんだよね・・・?

 

f:id:seisyuu:20200323181659j:plain

f:id:seisyuu:20200323181702j:plain

f:id:seisyuu:20200323181707j:plain

またシャックスの不幸いじりか・・・

 

シャックス自体望んだものじゃないんだから

一々弄っても感あるなぁ・・・

 

本人も結構気にしてるかもしれないじゃん?

 

f:id:seisyuu:20200323181712j:plain

f:id:seisyuu:20200323181716j:plain

f:id:seisyuu:20200323181904j:plain

f:id:seisyuu:20200323181909j:plain

f:id:seisyuu:20200323181914j:plain

そして幻獣が集まって来てるか・・・

でもそれはシャックスの不幸が起因してるのかな・・・?

 

モンモン以外は気づいてないけど黒犬がいたことだし、

黒犬の計略の可能性もあるわけだし・・・

 

それに未踏地の更に未踏地な訳で、

想像を超えた急襲なんてのもあるはずなんだよなぁ・・・

 

f:id:seisyuu:20200323181918j:plain

f:id:seisyuu:20200323182010j:plain

f:id:seisyuu:20200323182014j:plain

意図しない能力発動か・・・

それに関してはジズとかいましたね・・・

 

それに「死後蘇るメギド」なんかも

ある種自動発動と言えばそうか・・・

 

てか戦闘中にデメリットランダム発動とかだったら、

初期配布にしては扱いづらい部類になるよな・・・

 

f:id:seisyuu:20200323182019j:plain

f:id:seisyuu:20200323182027j:plain

7人目の不死者疑惑か・・・

まあ素で力とか扱えないからそれはなさそう・・・

 

でも長命者とかは実際老いてみないとわからないよな・・・

 

f:id:seisyuu:20200323182125j:plain

f:id:seisyuu:20200323182131j:plain

f:id:seisyuu:20200323182135j:plain

f:id:seisyuu:20200323182139j:plain

f:id:seisyuu:20200323182242j:plain

なんか皆んな悪ノリをはじめちゃったぞ・・・

ちゃっかりハルマまで参加してるし・・・

 

ちょっとしたいじめの現場見てる気分ですね・・・

 

みんな軽い冗談のつもりなんだけど、

当人が実はすごく傷ついてるパターンのやつ・・・

 

f:id:seisyuu:20200323182245j:plain

f:id:seisyuu:20200323182249j:plain

f:id:seisyuu:20200323182253j:plain

f:id:seisyuu:20200323182259j:plain

英雄譚が打ち切りになった場合のオチ担当か・・・

5章当時サ終すれすれだったのかな・・・

 

実際打ち切りエンドとかなったらどうなるんだろ・・・

 

その場合他ゲーだと、

強引に幕引きする最終章を用意するとか、

ストーリー更新そのまま終了するとかあるよな・・・

 

まあ今のメギドはイケイケだし、

流石に考えたくないけど・・・

 

5G世代になってスマホゲーも更に多様化したりしたら、

既存ゲーの立場がかなり怪しくなってくるんだよなぁ・・・

 

f:id:seisyuu:20200323182340j:plain

f:id:seisyuu:20200323182344j:plain

f:id:seisyuu:20200323182347j:plain

もうみんなノリノリでいじってますね・・・

 

まあハルマも混じって和気藹々みたいだし、

これはこれで単なるじゃれ合いの一環なのか・・・

 

まあこのくだりでシャックスが一行から抜けるとか

謎のシリアス感出たら嫌だしな・・・

 

f:id:seisyuu:20200323182516j:plain

f:id:seisyuu:20200323182521j:plain

f:id:seisyuu:20200323182525j:plain

f:id:seisyuu:20200323182529j:plain

f:id:seisyuu:20200323182533j:plain

ああ、モンモンとシバは置いてけぼりか・・・

 

たしかに黒犬は気になるけど、

モンモン少しワンテンポ遅れてるんだよなぁ・・・

 

そんなにワンワン気になる・・・?

それか偽物発言が引っかかってるのか・・・

 

f:id:seisyuu:20200323182538j:plain

f:id:seisyuu:20200323182542j:plain

f:id:seisyuu:20200323182546j:plain

足場の関係でみんなで行けないか・・・

 

これは後でモンモン説教コースやろなぁ・・・

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

最近ゲームする時間があんまりないかも・・・

 

いや、先に進みたい欲はあるんだけど、

時間が割けないってのがネックなんですよね・・・

 

明日も用事で1日潰れるし、

ちょっと頻度が落ちるかも知れませんが

毎日投稿だけは死守したいと思います・・・

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。