生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ 閉ざされた世界の中で  1話-2(後編-その2) 「次元穿孔ドリル・・・」

はじめに

掃除して段ボールの本を発掘して・・・

そして見つけた本を読んでしまうと。

 

でも二年くらい放置してたから

場所によってはカビてたりするんすよね・・・

 

ジョジョ・・・また買い直すか・・・ 

 

 

 

後編-アジトにて

ゲートを開く能力・・・

 

自分が見た範囲しか分からんけど、

ほんとそんな程度だったしなぁ・・・

 

実際なんか能力とか持ってたりするんすかね?

あったけど老いて失ったとかもある?

 

瓶詰・・・瓶詰地獄・・・

まあ閉じ込めるって観点で見れば間違ってはいないんすよね。

 

そこまで理解しての発言かは分からんけど・・・

 

ピクルスなぁ・・・

今でこそ好きだけど昔はメッチャ嫌いだったからなぁ・・・

 

マックでハンバーガー頼むとき

毎回ピクルス抜きにしてたし・・・

 

てか嗜好こそあるんだろうけど、

コルソンは子供舌なんすかね?

 

「純正メギドで百年以上小さい子供のまま」

とか他に知らんからな・・・

 

アマイモンの理解力も大したもんだけど

コルソンもある程度理解して発言してたんすね・・・

 

まあコルソンは六章でほんと活躍してたし

的の外れたことを全然言わないキャラだったからなぁ・・・

 

まあ同じ装置を奪ってくるとかじゃなくて

「座標が確定したからそこを掘る」

とかそういうノリだったんだっけか。

 

マモンお姉様がギャグのノリだったから

ちょっと忘れるところだった・・・

 

トーポ・・・

久しぶりに見たけど丁度気持ち悪いデカさだな・・・

 

まあ夢見の者が能力でリソース取られてるのと同じで

トーポも能力で容量割き過ぎてこんな感じなんすかね?

 

ほんと死ぬ為に生きてるな・・・

 

タムスくんの技術でトーポの能力を機械化する・・・?

そんなこともできるんだ・・・

でもそんなんやるならトーポを改造した方が早そうではある。

 

まあなんにせよその作業って

一体どれくらいの工期なんすかね・・・

 

三日掛かったらもう終わりなんだよなぁ・・・

 

アホのグリマルキン・・・

引っ掻いてなんとかなる空間だったら

今頃バラムがどうにかしてるんだよなぁ・・・

 

やはり彼女には外付けの猫師匠がいないとダメなのか・・・

 

ここでベヒモスくんが登場と・・・

割と久しぶりに見たけどやっぱり下が見えそうっすね・・・

 

↑この片目が疼いてそうな人とかも結構際どい見た目してんすよね。

 

恰好的にもベヒモスくんに近いし、

彼も幻獣上がりのメギドとか

ベヒモスくんの実兄だったりするのかな・・・

 

てかそうか、幻獣からメギドになれるんなら

「兄弟とか家族の純正(?)メギド」

とかいうのも可能なのか・・・

 

まあだからなんだって話ではあるけど・・・

 

おいしい匂いに釣られたんすかね・・・

 

もう復刻含めて五年分のイベを追ってる訳だから

ちょっとしたこととかマジで覚えてないんだよなぁ・・・

 

他のソロモン王の諸兄らは

そりゃあメギストもイベも本編も全部網羅してるんでしょ?

 

そんなん勝てる訳ねぇよ・・・

メギストとかフォルネウスので心が死んだよ・・・

 

まあモンモンらのことを知らん訳だし、

それにトーポの能力を機械化するとか

いきなり言われてもそりゃ分かんないっすよね・・・

 

状況知ってる自分でも八割くらい置いてかれてるし・・・

 

ネフィリムに妹を見せてたのか・・・

 

セーレくんとネフィリムもカウントダウンネタだけど、

そのときはデカい利点の話だったんすよね・・・

 

まあ普通の人どころか

結構デカい幻獣ですら小さい扱いしてる訳だし、

赤ん坊とかさぞ小さく感じられることだろうね・・・

 

そんなに小さくてどうやって生きてるんだ?とか真剣に思ってそう。

 

ダディの力を借りるか・・・

 

トーポの能力をドリルタンクに付与して

次元を穿孔するロマンあふれるノリになるのかな・・・

 

まあ単に技術と知恵の提供なんだろうけど。

そもそもそんなん作るの間に合わなそうだし。

 

「時間遡行ゲートを使って過去のモンモンを助けよう!」

とかいう謎展開にはならないよね・・・?

 

それかエイプリルフールでやりやがった夢オチ展開とか・・・

 

ベヒモスくんも話聞かないタイプっすね・・・

 

実働のときはチートクラスに器用万能なのに

こういうときだとポンコツ寄りなのか・・・

 

ああ、ルカオンくんの伝手を使うのか・・・

ほんとベヒモスくんはいついかなるときも万能ですね・・・

僕は当然ながら最初から信じましたけどね。

 

人脈(?)もあれば機転も効く、

そして機動力も戦闘力もあると・・・

 

マモンお姉様はベヒモスくんモフモフしないのかな・・・

 

えーっと、そうなるとあれか、

ルカオンくんを探すってんならメギドラルに行く感じ?

 

まあでも十章時系列の間に

ヴァイガルドに亡命して~とかもあるのか・・・?

 

なんか記念イベになると一々ネタバレに怯えてるけど

今回そこまでネタバレとか無さそうなんすよね。

 

実はあったけど認知できてないだけってのはありそう。

 

まあ流石に時間がね・・・

 

てかもう二日近く経過してるとかかなりヤバくない?

食料はともかく水源がないと絶望的じゃん・・・

 

 

~その3に続く~

長いんで一旦区切ります。

 

まあ1-2後編も次で終わりなんすけど、

1-3からが物凄く長いんすよね・・・

 

それでも終わらせたんだからなんとか編集せな・・・

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。