生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ その1059 師の想い、弟子の想い 5話-1(前編) 「アマゼロト・・・アマゼロト?」

はじめに

ついに5話まで来たか・・・

毎回毎回ほんともう・・・

 

毎回とか言ってるけど今日15時までに一つ用事あるし、

前までとは訳が違うんですよね・・・

 

まあ無理なら無理!

きっぱり諦めるのもありか・・・

 

 

f:id:seisyuu:20200413054641j:plain

死の真相か・・・

 

まあアマゼロトが処したのは確定だけど・・・

なにかやむを得ない事情でもあったのかな・・・

 

 

前編-ガンコナー回想

f:id:seisyuu:20200413093701j:plain

f:id:seisyuu:20200413093704j:plain

f:id:seisyuu:20200413093710j:plain

f:id:seisyuu:20200413093715j:plain

なんかいきなりクライマックス・・・

 

暗殺者の気配を察知する武人というか、

バトル漫画の導入みたいになってる・・・

 

f:id:seisyuu:20200413093807j:plain

f:id:seisyuu:20200413093812j:plain

f:id:seisyuu:20200413093816j:plain

f:id:seisyuu:20200413093819j:plain

もう完全に狂人じゃんこの人・・・

 

なんか授業とか日常会話で好きな分野が出て来て、

唐突に興奮するオタクみたいダァ・・・

 

しかも単に欲望全開で殺すとか・・・

ほんとマッドですね・・・

 

あの・・・

この後「殺さなきゃいけなかった事情」とか、

そういうのほんとにあるんですかね・・・

 

この時点ではまだ擁護不能なんですけど・・・

 

f:id:seisyuu:20200413094306j:plain

f:id:seisyuu:20200413094310j:plain

f:id:seisyuu:20200413094315j:plain

追放刑ではなく処刑なのか・・・

 

時代が変わったからなのか、

それとも追放刑受刑者でパンクしてて、

面倒だから処刑に回されるのか・・・

 

そういや前回の記事で

「温情で追放刑?」とか書いた後、

ツイ上で教えてもらって思い出したけど、

追放刑ってトップレベルで重い罪なんでしたね・・・

 

最近それ周りのこと触れられてなくて

すっかり忘れてたな・・・

 

f:id:seisyuu:20200413094413j:plain

f:id:seisyuu:20200413094417j:plain

まあ殺されるくらいだから

襲った奴らはみんな弱い扱いなんだろうけど・・・

 

てかギリギリ勝てる範囲で襲ったとかじゃない?

それでしくじった例がハックとエリゴス姉貴的な・・・

 

8年前でこれとか、

ほんとヴァイガルドに行ってから変わりましたね・・・

 

いや、これが「メギドの個」だとしたら

本質は変わってない・・・?

 

f:id:seisyuu:20200413094546j:plain

f:id:seisyuu:20200413094552j:plain

f:id:seisyuu:20200413094556j:plain

最後に殺すべき者か・・・

まあ相手として不足はないんだろうけど・・・

 

これで殺して引き際ってことは、

最初からヴァイガルドに亡命すること考えてた?

 

f:id:seisyuu:20200413094602j:plain

f:id:seisyuu:20200413094606j:plain

f:id:seisyuu:20200413094611j:plain

f:id:seisyuu:20200413094615j:plain

f:id:seisyuu:20200413094620j:plain

そして両雄激突か・・・

 

ガンコナーは殺してくれる人を探してた・・・?

 

まあ殺したい人と上手くマッチングはできたけど、

一体なんで殺されたかったんだろ・・・

 

不治の病にかかってて、

最後に一花咲かせたかったとかかな・・・

 

 

前編-モンモンサイド

f:id:seisyuu:20200413094727j:plain

f:id:seisyuu:20200413094732j:plain

元々は参謀タイプだったのか・・・

 

それなのにヴィータ体の戦闘にこだわってたとか、

縛りプレイもいいところですね・・・

 

容量の無駄遣いかな?

 

てかフルフルくん、

寝ぼけ眼擦ってるんだろうけど、

少し涙を拭ってるようにも見えるかも・・・

 

f:id:seisyuu:20200413104135p:plain

少し目元が赤くなってない?気のせい?

 

てかこうやってトリミングすると

目のハイライト消したくなるんだよなぁ・・・

 

f:id:seisyuu:20200413094825j:plain

f:id:seisyuu:20200413094830j:plain

f:id:seisyuu:20200413094835j:plain

f:id:seisyuu:20200413094843j:plain

f:id:seisyuu:20200413094931j:plain

優秀な実力者ではあったけど、

研究は受け入れられなかったか・・・

 

そして「あんな物に手を出した」ってことは

例のパラジスってガンコナーのものだったのか・・・

 

まあヴィータ体で戦うのも無理があったろうしね・・・

 

先の回想の殺されたがりって、

「寄生状態が末期だったから」とかかな・・・

 

それならアマゼロトが殺す理由が見えるというか、

殺さなくても死んでたんだろうし・・・

 

f:id:seisyuu:20200413094935j:plain

f:id:seisyuu:20200413094940j:plain

ああ・・・

ダメな部分も継いでしまったと・・・

 

そして同じようにアマゼロトに処されるとか、

ほんと因果な話だよなぁ・・・

 

f:id:seisyuu:20200413095052j:plain

f:id:seisyuu:20200413095058j:plain

f:id:seisyuu:20200413095102j:plain

f:id:seisyuu:20200413095106j:plain

f:id:seisyuu:20200413095153j:plain

f:id:seisyuu:20200413095157j:plain

リャナ姉貴をおんぶするモンモン・・・

 

まあ緊急でアマゼロトに加担しただけで、

敵ってわけじゃないんだよね・・・

 

てかモンモン、今回ハードワーク過ぎない?

さっきまで中腰になってたよね?

 

f:id:seisyuu:20200413095201j:plain

f:id:seisyuu:20200413095205j:plain

f:id:seisyuu:20200413095233j:plain

f:id:seisyuu:20200413095326j:plain

ハックの手助けもいらないと・・・

 

まあ確かに女の子を背負うとか

そりゃもう貴重な体験だし、

モンモンも思春期の男の子なんだよ・・・

 

まあ違うか。

 

f:id:seisyuu:20200413095331j:plain

f:id:seisyuu:20200413095335j:plain

f:id:seisyuu:20200413095339j:plain

現状今回のマルチネ・・・

ちょっと影が薄いというか、

徹底的にサポート役って感じなんですかね・・・

 

もうちょっとメギド時代の残滓見れたり、

粗暴な一面とか見れたりしないのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20200413095457j:plain

f:id:seisyuu:20200413095502j:plain

f:id:seisyuu:20200413095506j:plain

f:id:seisyuu:20200413095510j:plain

アマゼロトは仲間だし、

だからこそ死んで欲しくないか・・・

 

まあここで死なれたらあっけない幕切れだし、

誰も望んでない最期だよなぁ・・・

 

フルフルくんの気持ちの行き場がなくなっちゃうよ・・・

 

f:id:seisyuu:20200413095515j:plain

f:id:seisyuu:20200413095519j:plain

f:id:seisyuu:20200413095523j:plain

まあとりあえず戦闘フェイズか・・・

 

死の真相は後編にでも語られるんですかね?

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

今は大体11時か・・・

あと4時間・・・用事もあるからなぁ・・・

 

まあやれるとこまで・・・

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。