生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ その1056 師の想い、弟子の想い 4話-2(後編) 「ガンコナー・・・頑固じゃない・・・」

はじめに

今日で最終日か・・・

 

ちょっと急な用事が入りそうだし、

それを加味すると時間がやばいですね・・・

 

正直時間の制約と最近のスケジュールが

絶望的に噛み合わないんですよね・・・

 

エイプリルフールでやめるとか言った矢先なのに、

嘘が真になりそうで怖いな・・・

 

 

後編-リャナ回想

f:id:seisyuu:20200412222103j:plain

f:id:seisyuu:20200412222107j:plain

f:id:seisyuu:20200412222114j:plain

f:id:seisyuu:20200412222119j:plain

f:id:seisyuu:20200412222124j:plain

修行をしてるリャナ姉貴たち・・・

 

ヴィータの感覚、俗に言う五感とか

妙な言い回しですね・・・

 

まあメギド体の感覚とはまた違うか・・・

 

人間が蛇になって

初めてピット器官の感覚を味わう的な、

そんな妙なくすぐったい感覚なんだろうね・・・

 

f:id:seisyuu:20200412222245j:plain

f:id:seisyuu:20200412222251j:plain

f:id:seisyuu:20200412222255j:plain

メギドラルだからメギド体での戦闘がデフォ・・・

 

そう考えるとこの流派は

勝手に縛りプレイやってることになるか・・・

 

でもガープくんは

フォトンの薄い地帯に誘引されて苦戦してたし、

 

そういったところでの戦闘に特化すると考えれば、

かなりのアドバンテージにはなりそうか・・・

 

まあそればっかやってれば

それこそ闇討ちレベルの卑怯者とか言われそうだけど・・・

 

相手が壁ハメキャラだとわかってて、

わざわざ壁に寄せられる奴も少ないだろうし・・・

 

f:id:seisyuu:20200412222259j:plain

f:id:seisyuu:20200412222305j:plain

f:id:seisyuu:20200412222310j:plain

f:id:seisyuu:20200412222313j:plain

ここでフォトン枯渇問題の話か・・・

まあ限りある資源を戦争で更に浪費してるし・・・

 

ヴィータ体で戦闘すればみんな省エネで戦争できるし、

それにもし資源が枯渇したとしても

ヴィータ体の戦闘に長けていれば、

それだけで天下とれるか・・・

 

色々と将来を見据えてるんですね・・・

 

f:id:seisyuu:20200412222355j:plain

f:id:seisyuu:20200412222402j:plain

f:id:seisyuu:20200412222408j:plain

未だ果てが見えないか・・・

 

そもそも不可能であるのか、

それとも技術体系が完成してないゆえなのか・・・

 

てかこれって要は、

「メギドラルで広げるヴァイクラチオン」というか・・・

メギクラチオン・・・?

 

ハックもこの人に影響されてそうだな・・・

 

f:id:seisyuu:20200412222518j:plain

f:id:seisyuu:20200412222526j:plain

f:id:seisyuu:20200412222534j:plain

f:id:seisyuu:20200412222538j:plain

f:id:seisyuu:20200412222542j:plain

まあ世界はまだまだ広いってことですね・・・

 

そして師を超えて求心力を、発言力を得てか・・・

師匠はそれを見ることなく亡くなったんだよね・・・

 

師匠がいればアマゼロトを探す

無為の八年間もないし、

ほんと強いメギドになってたのかもなぁ・・・

 

f:id:seisyuu:20200412222700j:plain

f:id:seisyuu:20200412222705j:plain

f:id:seisyuu:20200412222709j:plain

f:id:seisyuu:20200412222714j:plain

風か・・・SE的に結構強風っぽいけど・・・

 

メギドに寄っているリャナ姉貴は

風自体特に感じないか・・・

 

まあ人間、気にならないものは

そもそも理解できてない場合があるからな・・・

 

f:id:seisyuu:20200412222749j:plain

f:id:seisyuu:20200412222753j:plain

f:id:seisyuu:20200412222757j:plain

フォトン不足の解消以外のメリットか・・・

 

まあ風を心地よく感じたり、

料理に舌鼓を打ったり、

それらはヴィータならではの感覚だよなぁ・・・

 

f:id:seisyuu:20200412222850j:plain

f:id:seisyuu:20200412222855j:plain

f:id:seisyuu:20200412222859j:plain

f:id:seisyuu:20200412222904j:plain

f:id:seisyuu:20200412222908j:plain

ヴィータ体という統一されたフォーマットであれば、

みんなが同じ感覚を共有できると・・・

 

そうだよね・・・

なで付ける風一つでも、

岩肌みたいなメギドならなにも感じないし、

それだけで解釈の違いが生まれるわけか・・・

 

みんなが同じ感覚を持つことで、

相手をとわかりあえることも増えるだろうし・・・

 

ヴィータ体が

平和を取り持つ可能性だってあるんだよね・・・

 

f:id:seisyuu:20200412223009j:plain

f:id:seisyuu:20200412223013j:plain

f:id:seisyuu:20200412223019j:plain

f:id:seisyuu:20200412223024j:plain

f:id:seisyuu:20200412223028j:plain

個の否定か・・・

まあそりゃ個を、差を潰しかねない概念かもな・・・

 

戦争以外に価値を置いていないとするなら、

それこそ余計なお世話感あるしで、

凄く難しい話だよなぁ・・・

 

そういった概念自体、

知られたら中央も面倒かもしれないしね・・・

 

f:id:seisyuu:20200412223101j:plain

f:id:seisyuu:20200412223105j:plain

この後殺されたんだよね・・・

 

しかしリャナ姉貴は師父の教えというか、

目指したいものを理解できてないような・・・

 

単にヴィータ体での戦闘ってとこだけ理解してる的な・・・

 

 

後編-リャナ姉貴サイド

f:id:seisyuu:20200412223147j:plain

f:id:seisyuu:20200412223152j:plain

f:id:seisyuu:20200412223158j:plain

力を解放・・・?

 

てかリャナ姉貴、

回復が完全じゃない状況で突っ込もうとしてない・・・?

 

せっかくヴィータに近くしたメギド体すら

維持ができないとなると、

ほんと師の教えガン無視してる気もするな・・・

 

f:id:seisyuu:20200412223300j:plain

f:id:seisyuu:20200412223304j:plain

f:id:seisyuu:20200412223309j:plain

師の教えを広めることができずなにも得ず・・・

そういった部分はイズナ達と一緒なんですね・・・

 

その苦しみを”理解、共有”できたからこそ、

彼らにちょっと同情してるのか・・・

 

まあ・・・名を上げられないからこそ、

下級メギドにタメ口きかれてたんだよね・・・

 

 

後編-モンモンサイド

f:id:seisyuu:20200412223353j:plain

f:id:seisyuu:20200412223400j:plain

f:id:seisyuu:20200412223404j:plain

f:id:seisyuu:20200412223408j:plain

f:id:seisyuu:20200413001223j:plain

食材を雑に集めた一行・・・

 

そういうことか・・・

昔は有り合わせで作って、

今では食材を吟味してか・・・

 

昔はカードゲームやるとき、

一々シングルで買って揃えないで、

有り合わせで戦ってたし、

それだけでも面白かったんだよなぁ・・・

 

それが大人になってカードがわかってきたら、

ガチカードにしか目が向かなくなって、

なんかカードを吟味するようになったというか・・・

 

あの頃は楽しかったよなぁ・・・(懐古厨)

 

f:id:seisyuu:20200413001229j:plain

f:id:seisyuu:20200413001232j:plain

f:id:seisyuu:20200413001237j:plain

f:id:seisyuu:20200413001332j:plain

おかしな偶然か・・・

まあ共通の知り合いだし、

どちらもきっかけになってそうだしなあ・・・

 

あれ?アマゼロトとガンコナーは知り合い・・・?

でもなぜかリャナ姉貴は知ってたし・・・

 

話すくらいはする仲なのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20200413001338j:plain

f:id:seisyuu:20200413001343j:plain

f:id:seisyuu:20200413001353j:plain

f:id:seisyuu:20200413001358j:plain

f:id:seisyuu:20200413001447j:plain

f:id:seisyuu:20200413001452j:plain

フルフルくんを追放したのはガンコナーだった・・・?

 

なに?実は私服警察で、

違反者を取り締まってたとか・・・?

 

いや・・・流石にそれはなさそう・・・

 

f:id:seisyuu:20200413001458j:plain

f:id:seisyuu:20200413001607j:plain

まあマルチネは国家転覆しようとしてたし・・・

 

そりゃ自業自得というか、

それでも文句言うならなんなんだって感じだよね・・・

 

てかマルチネ、記憶結構戻ってるのね・・・

 

f:id:seisyuu:20200413001613j:plain

f:id:seisyuu:20200413001619j:plain

敵に情けをかける部類ではあるか・・・

 

なにかしらの意図があったのか、

それとも「フルフルくん追放止む無し」

レベルのことをやらかされたか・・・

 

意気投合して共同生活始めたんだけど、

フルフルくんが一切の家事を放棄したり、

寝てばっかで浪費ばかりするとか・・・

 

いや、ニスロクが昔と違うとか言ってたし、

そりゃ流石にないか・・・

 

f:id:seisyuu:20200413001623j:plain

f:id:seisyuu:20200413001627j:plain

f:id:seisyuu:20200413001633j:plain

f:id:seisyuu:20200413001801j:plain

f:id:seisyuu:20200413001921j:plain

f:id:seisyuu:20200413001925j:plain

追放してくれたか・・・

 

本格的に料理が学びたいから上京とか、

そんなノリなんですかね・・・

 

それともメギドラルがいづらくなったからとか・・・?

 

普通に料理を広めるだけでも

ガンコナーを介さず追放されそうだけど・・・

 

それにリャナ姉貴も止めたいんですね・・・

それも昔のよしみ・・・?

 

f:id:seisyuu:20200413001943j:plain

f:id:seisyuu:20200413001948j:plain

f:id:seisyuu:20200413001954j:plain

f:id:seisyuu:20200413002211j:plain

f:id:seisyuu:20200413002218j:plain

よくこうベラベラとしゃべるな・・・

 

軍団を持たない渡りで、

さして功績もないから地位が低い・・・

 

それに地位があると

単身ヴァイガルドに行くのが厳しい・・・?

まあ指揮権があるほど重要なら、

よほどの任務がないとむずかしいか・・・ 

 

しかし帰るところがないから

雌雄を決した方が良いねぇ・・・

 

リャナ姉貴をモンモンの軍団に

迎え入れてあげるとかダメなんですか・・・?

 

まあんなことしたら、

軍団でアマゼロトと一緒になるわけで、

諍いが絶えなさそうではあるけど・・・

 

f:id:seisyuu:20200413002224j:plain

f:id:seisyuu:20200413021000j:plain

f:id:seisyuu:20200413021005j:plain

f:id:seisyuu:20200413002229j:plain

f:id:seisyuu:20200413002234j:plain

f:id:seisyuu:20200413002238j:plain

f:id:seisyuu:20200413002250j:plain

話してる途中でリャナ姉貴・・・

 

ガンコナーと約束したか・・・

追放される前の時点でリャナ姉貴弟子だったのかな・・・

 

もし自分がいなくて、

弟子が間違った道を踏み出しそうなら

止めてやってくれ的なこと言われても、

追放されてる時点で履行できないような・・・

 

弟子がヴァイガルドに来ることを

最初から予見してたとかなのかな・・・

 

うーん謎が多いな・・・

 

終わりに

今回は以上となります。

 

ガンコナーとフルフルくん・・・

そしてアマゼロトとリャナ姉貴・・・

 

ほんとなんとも因果なんだよなぁ・・・

 

全てがなるべくして引き合わされたというか・・・

 

てかあれ?ユフィールは・・・?

再召喚するから来るかと思ってたんだけど・・・

 

 再キマリスイベで出て来るとかなのかな・・・

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。