生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ その1043 師の想い、弟子の想い 2話-1 (後編) 「ショタロクくん・・・」

はじめに

クライオニクス理論の漫画読み進めてるけど・・・

やっぱこういうの面白いよなぁ・・・

 

クマムシの乾眠とかでてきたけど、

あれも「環境が安定するまで休眠する」という観点では、

クライオニクスに似てるんやなって・・・

 

こういう漫画で学ぶとか、

ゲームで学ぶって吸収力違うよね・・・

 

桃鉄で地名覚えたり、

擬人化して現象や元素記号覚えたり・・・

 

もっとそういうの探してみようかな・・・

 

 

今日のログイン

f:id:seisyuu:20200405174159j:plain

綿毛を追って隣町とか・・・

ほんとフリーダム過ぎるよなぁ・・・

 

三馬鹿といいダゴンといい、

純正メギドの方がヴァイガルドエンジョイしてるよね・・・

 

 

後編-フルフル回想

f:id:seisyuu:20200404204657j:plain

f:id:seisyuu:20200404204704j:plain

フルフルくんの回想か・・・

 

煮ると柔らかくなるけど煮過ぎると崩れる・・・

それを知らないのはフルフルくんが無知なのか

それともメギドラルにそもそもない知識なのか・・・

 

料理の文化がなくても、

幻獣や植物の皮を加工して被服にしたり、

抽出のときに煮込んだりしないのかな・・・

 

そういや昔角煮を煮込んで放置してたら

完全に溶けてコラーゲン鍋になった記憶があるな・・・

 

f:id:seisyuu:20200404204708j:plain

f:id:seisyuu:20200404204714j:plain

この不遜な態度は・・・

もしかしてニスロクのバナルマ・・・?

 

まあニスロクじゃないにしても

幼少期からこんな不遜でも許されるんですかね・・・

 

f:id:seisyuu:20200404204810j:plain

f:id:seisyuu:20200404204815j:plain

f:id:seisyuu:20200404204821j:plain

バナルマなら誰かに頼めば食わせてくれるか・・・

 

体が小さい分食う量が少ないし

調理自体存在しないから恵んでくれるのか、

それとも

「バナルマは未来を担うから大人は大切にしよう!」

みたいな感覚なのか・・・

 

小さいから可愛いとか愛でるとかの概念は流石にない・・・?

 

もしあったらお稚児さんとか小姓ではないけど、

バナルマ期の子供を召しかかえる文化とかありそう・・・

 

f:id:seisyuu:20200404204906j:plain

f:id:seisyuu:20200404204910j:plain

話しかけたのがフルフルくんでよかったかもね・・・

下手すると生意気とか言われて殴られてたかもしれないし・・・

 

まあバナルマ制度はあるけど、

年功序列云々はあんまり関係ないのかな・・・?

 

大してうまくもない先輩ほど

後輩に当たりがきついとかよくあったなぁ・・・

中学卒業してからも「視察」とか言ってくるやつ・・・

 

高校でその部活やってないから暇なんだよね・・・

 

f:id:seisyuu:20200404204947j:plain

f:id:seisyuu:20200404204952j:plain

f:id:seisyuu:20200404204956j:plain

f:id:seisyuu:20200404205056j:plain

f:id:seisyuu:20200404205100j:plain

f:id:seisyuu:20200404205105j:plain

なにやら調理に興味津々みたいですね・・・

 

てか今更だけどフルフルくん、

メギドラル時代から性格かわってないんですね・・・

 

エリゴス姉貴みたいに

以前はもっと違う性格とかも考えてた・・・

 

そういやジズとかも理知的な性格っぽかったよね・・・

まああれはある種、個ごと抹消されたからか・・・

 

f:id:seisyuu:20200404205234j:plain

f:id:seisyuu:20200404205238j:plain

f:id:seisyuu:20200404205244j:plain

f:id:seisyuu:20200404205249j:plain

f:id:seisyuu:20200404205339j:plain

f:id:seisyuu:20200404205345j:plain

常に上から目線のショタロクくん好き。

 

なんか熟年の老夫婦みたいな会話してんな・・・

 

f:id:seisyuu:20200404205447j:plain

f:id:seisyuu:20200404205451j:plain

f:id:seisyuu:20200404205456j:plain

まあ小分けにした方が食べやすいし、

今は良いけど大人数だと平等に行き渡らないからね・・・

 

てか皿に小分けすることすら「試行錯誤の結果」とか、

ほんとにそう言った文化が未然なのか・・・

 

まあほんと生の素材の味しか知らないだろうし、

「調理するから小分けする」って部分あるか・・・

 

f:id:seisyuu:20200404205500j:plain

f:id:seisyuu:20200404205504j:plain

f:id:seisyuu:20200404205624j:plain

f:id:seisyuu:20200404205628j:plain

f:id:seisyuu:20200404205633j:plain

f:id:seisyuu:20200404205638j:plain

まあこれが例の鍋料理なんですね・・・

 

手当たり次第ってのに

きちんとメモできる程度には覚えてる・・・

 

フルフルくんにとっても思い出の品なのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20200404205643j:plain

f:id:seisyuu:20200404205648j:plain

f:id:seisyuu:20200404205652j:plain

人に名前を訪ねるときはまず自分から・・・

そういった礼儀はちゃんとしてるんですね・・・

 

シンフォニアでロイドが口癖みたいに言ってたな・・・

 

f:id:seisyuu:20200404205813j:plain

まあ知ってた。

 

しかしこれがニスロクとフルフルくんの出会いだったんですね・・・

 

フルフルくん的にはなんでもなさそうではあるけど、

ニスロクにとっては人生観を変えるほどの出会いだったと・・・

 

それか二人は過去にもっと絡んでたのかな・・・

 

 

後編-フルフルサイド

f:id:seisyuu:20200404205817j:plain

f:id:seisyuu:20200404205822j:plain

f:id:seisyuu:20200404205831j:plain

f:id:seisyuu:20200404205834j:plain

相変わらずフリーダムですね・・・

 

そうやって夢の回想で

ニスロクとの馴れ初めが見られるスタイル・・・?

 

もっとちょうだい・・・

フルフルくんが追放されて

ニスロクがヴァイガルドまで追って来たとか、

そういうのあったら尚良し・・・

 

終わりに

今回は以上となります。

 

ニスロクのバナルマか・・・

一匹オオカミ感溢れてたけど、

友達というか盟友とかいなかったのかな・・・

 

まあ料理を志す変人だし、

戦闘力以外買われなかったかもなぁ・・・

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。