生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ その1451 フルカネリ、最後の計画 3話-2 「永遠のエアプ野郎」

はじめに

憎悪は善意や慈悲の文明より根深く、

それを覆せるほどの歴史を人間は歩んでいない・・・

 

まあ痛覚がしぶとい様なもんか・・・

 

だからなんだとか言われても困る。

 

 

 

今日のエアプコーナー

f:id:seisyuu:20201128231118p:plain

ああ・・・

された側制限が掛かるだけで、

した側には制限もなにもないんですね・・・

 

ほんと初めて聞いた用語だし、

先のサッちゃんの件の推測も合間って

かなり変な解釈になってましたね・・・

 

補正してもらってありがたいです・・・

 

そう、

ワイはコメントなしでは生きていけないんや・・・

 

thingsさん、

コメントありがとうございます!

 

 

カウントダウン-9

f:id:seisyuu:20201128064637j:plain

絶対者の冥槍・・・

 

加工のときに爆発が起きるって、

一体どんな製造方法なんですかね・・・

防護服とか着ないと流石にヤバそう・・・

 

てか調べたら送れるのって、

ベレトフォルネウスアマゼロトか・・・

 

基本やべー奴じゃん・・・

 

 

f:id:seisyuu:20201128175438j:plain

マキーネ防衛線・・・

 

そろそろヴェステンも近いってことかな?

前編で一話のあの場面まで行けるかな・・・

 

 

前編-平原にて

f:id:seisyuu:20201128214257j:plain

f:id:seisyuu:20201128214304j:plain

f:id:seisyuu:20201128214310j:plain

f:id:seisyuu:20201128222018j:plain

f:id:seisyuu:20201128222022j:plain

f:id:seisyuu:20201128222026j:plain

タムスくんか・・・

 

まあこの時点では商会側についてる訳だけど、

一体どの時点で袂を別つのか・・・

 

ここから召喚まで漕ぎ着けて、

一時間くらいでデカラビアと交戦とか

ほんとハイペースすぎませんかね・・・

 

f:id:seisyuu:20201128222125j:plain

f:id:seisyuu:20201128222130j:plain

f:id:seisyuu:20201128222134j:plain

f:id:seisyuu:20201128222138j:plain

f:id:seisyuu:20201128222143j:plain

そしていきなりモンモンと交戦なのか・・・

 

てかほんと愛玩動物みたいに扱ってるし、

マキーネもそれに応えてる様にも見える・・・

 

マキーネにも意思はあるんだよとか言われたら、

モンモンもちょっと考えちゃうんですかね・・・?

 

 

f:id:seisyuu:20201128223442j:plain

f:id:seisyuu:20201128223644j:plain

f:id:seisyuu:20201128223648j:plain

そしてモンモン一行か・・・

 

まあ予測していないとしたら、

「なんでここにモンモン一行が!?」とか

カンセが驚くはずですからね・・・

 

モンモンならすぐさま異変に気付いて

ヴェステンまで来るのは当然と見るのか、

それとも更に間者がいるってことなのか・・・

 

バラムくん、信じてはないけど信じてるからな・・・

ほんとカケラも信じてないけど。

 

そりゃもう骨の髄まで信じてないよ?

 

f:id:seisyuu:20201128223654j:plain

f:id:seisyuu:20201128223658j:plain

f:id:seisyuu:20201128223702j:plain

まあ・・・

正直初見でバラムくんを疑っちゃったからな・・・

 

 

▼859回より引用

f:id:seisyuu:20201128233604p:plain

_______________

 

まあまさか本当だったとは思わなかったと言うか、

適当に言っただけだったんだけどね・・・

 

f:id:seisyuu:20201128224300j:plain

f:id:seisyuu:20201128224305j:plain

f:id:seisyuu:20201128224310j:plain

f:id:seisyuu:20201128224314j:plain

f:id:seisyuu:20201128224321j:plain

まあぶっ壊す一択だよな・・・

 

流石に中に小さいおっさんが入ってるとか、

鉄人形の応用で魂が入ってるとかもないだろうし・・・

 

いや、流石にそれはないと信じたい・・・

 

 

中ボス戦

f:id:seisyuu:20201128224255j:plain

f:id:seisyuu:20201128224324j:plain

f:id:seisyuu:20201128224327j:plain

まあ全部違う個体なんだけど、

中ボスだからこんなもんか。

 

でもマキーネ一機ごとに個性があるとか

タムスくんがペット扱いにするものちょっとわかるかも・・・

 

 

後編-商会サイド

f:id:seisyuu:20201128225546j:plain

f:id:seisyuu:20201128225550j:plain

f:id:seisyuu:20201128225556j:plain

f:id:seisyuu:20201128225600j:plain

爆薬を運ぶ・・・?

 

一体なにをしでかそうってのかね・・・

 

てかそうか、

商会とかデカラビアが抜けたら、

毒薬の洗脳も無くなってしまうんですね・・・

 

そうなったら革命とか起こりそう・・・

 

まあハルマに事情も知らされてるし、

色々とゴチャゴチャがあるんだろうな・・・

 

f:id:seisyuu:20201128225605j:plain

f:id:seisyuu:20201128225610j:plain

f:id:seisyuu:20201128225615j:plain

f:id:seisyuu:20201128225754j:plain

会長になにかあったら計画に支障が出るか・・・

なんだかんだで重要なポジってことかな?

 

てかうーん・・・

なにをやろうってんだろ・・・

 

爆薬は実は花火かなんかで、

建国記念日祝うとかでもないか・・・

 

ほら、滅亡って公国を崩して

完全に民主的な国家を作る云々とか・・・

 

うん、ないな。

 

f:id:seisyuu:20201128225758j:plain

f:id:seisyuu:20201128225802j:plain

f:id:seisyuu:20201128225805j:plain

f:id:seisyuu:20201128225809j:plain

f:id:seisyuu:20201128225929j:plain

あの方と交代で制御・・・?

 

なんだろ?

メッチャ凄いマキーネとかですかね・・・?

 

f:id:seisyuu:20201128225934j:plain

f:id:seisyuu:20201128230023j:plain

f:id:seisyuu:20201128230028j:plain

f:id:seisyuu:20201128230138j:plain

f:id:seisyuu:20201128230142j:plain

あの方・・・

デカラビアもまた未熟ってことなのかな?

 

しかしまあ、

トラブルは順調なときほど起こるのは分かる。

 

というか楽勝で対処できるってんなら

それはトラブルでもなんでもないからな・・・

 

いつも陰からこちらを監視してて、

傲慢になったときそれは一突きしてくるんだよ・・・

 

f:id:seisyuu:20201128230147j:plain

f:id:seisyuu:20201128230151j:plain

f:id:seisyuu:20201128230154j:plain

f:id:seisyuu:20201128230159j:plain

f:id:seisyuu:20201128230203j:plain

ヴィータは殺さないようにか・・・

それはデカラビアの命令なんですかね・・・?

 

モンモンと同じように、

民衆に見られてはマズイって意味なのか、

それとも倫理観の問題なのか・・・

 

うーん、やっぱりデカラビアがわからない・・・

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

なんだかんだでイベ終了そろそろなんですよね・・・

 

この後復刻とか三周年イベを挟んで、

後編をやる感じ・・・?

 

とにかく前編期間中に終わらせたいね・・・

 

 

今回もお読みいただき誠にありがとうございました。