生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ その1127 メインストーリー五章 44-1(前編)「女神転生を思い出すなにか」

はじめに

明日で復刻終わるけど、

まだ次のアナウンスは来てない感じかな?

 

まあ復刻もない完全なインターバルとかかな・・・

 

それならまだ本編ができるけど、

少し寂しいですね・・・

 

 

 

成長進捗

f:id:seisyuu:20200519172704p:plain

再ベレトくんが星6に!!!!

 

チェインパ作りたかったから頑張った・・・

でもチェインの運用が難しいよ・・・

 

要はチェインだけでは

単なる優先度の変更でしかなくて、

チェイン特有のギミックを使わないと

全然強くないんですよね・・・

 

完全にチェイン染めするより、

自己完結でチェインできる再シャックスで

ループ後ベロニカ決める方がまだ楽というか・・・

 

難しいねんな・・・

 

f:id:seisyuu:20200518203913p:plain

ベヒモスくんが星5に!!!!!

 

なんかセクシーな半裸男ばっか育ててるよ・・・

 

再ベレトくんに比べて、

素材はまだおとなしい方なんだけど・・・

 

賢者のりんごとか黄金豆とかの諸々は

前の育成で枯渇しちゃったんですね・・・

 

もうチケも60枚しかないや・・・

 

 

カウントダウン-44

f:id:seisyuu:20200519042209j:plain

今回はオーパーツか・・・

 

なんか製作者のたらい回しをしてますね・・・

 

てかこれ泥するのって、

ハルマニアだったはずだよな・・・

 

てかハルマが謙遜って、

ハルマってそんな人らなの・・・?

 

f:id:seisyuu:20200518203909j:plain

そしてついに44話へ・・・

 

なんかアスモ姉貴の罠とか書いてある・・・

アスモ姉貴が無限回廊を作った的な・・・?

 

脱出できなくて共食いとか始めそう・・・

 

食べられるなら

ラクスくんかウェパルちゃん・・・?

 

f:id:seisyuu:20200518204328j:plain

まあともかく本編・・・

 

クリア報酬もエンブリオだし、

仲間になるサインなはずだから

まあバラムくんが仲間になる感じだよね・・・?

 

 

前編-モンモンサイド

f:id:seisyuu:20200518204332j:plain

f:id:seisyuu:20200518204337j:plain

f:id:seisyuu:20200518204340j:plain

f:id:seisyuu:20200518204429j:plain

黒き門の前で待ってたか・・・

 

てかそんなアスモ姉貴と目と鼻の先の場所で、

なんか文句言われたりしなかったのかな・・・

 

案外楽屋では仲良くしてるタイプだったり・・・?

 

f:id:seisyuu:20200518204434j:plain

f:id:seisyuu:20200518204438j:plain

まあ・・・

とてつもなく長い回り道だったよな・・・

 

てか全然関係ないけど

アバドンって護界憲章に引っかからないんですかね?

 

虐殺となったら流石に消されると思うんだけど・・・

未遂だったから大丈夫なのか、

それとも護界憲章にカビでも生えてんのか・・・

 

シナズとかになってないよね?

 

f:id:seisyuu:20200518204529j:plain

f:id:seisyuu:20200518204534j:plain

f:id:seisyuu:20200518204538j:plain

f:id:seisyuu:20200518204542j:plain

黒き門のずっと手前・・・

それに共闘できれば・・・?

 

黒き門は幻獣が犇いてて、

共闘しないと無理なんですよ〜とか?

 

それかアスモ姉貴が陣取ってて、

アスモ姉貴どけないとそこに行けないとか・・・

 

いや、いずれにしてもアンチャーターあるんだから・・・

 

もちろんアスモ姉貴も持ってたら話しは別だけど・・・

 

f:id:seisyuu:20200518204616j:plain

f:id:seisyuu:20200518204622j:plain

アンチャーターが交渉材料ってことね。

そして交渉できる人の元へ行こうと・・・

 

じゃあさっさと行けばよくない・・・?

 

それか例の無限回廊とやらで、

行くにも行けない感じになってるのか・・・

 

それかそういったヒュトギンみたいなメギドが

全然いなかったとかですかね・・・

 

f:id:seisyuu:20200518204756j:plain

f:id:seisyuu:20200518204800j:plain

f:id:seisyuu:20200518204804j:plain

f:id:seisyuu:20200518204816j:plain

f:id:seisyuu:20200518204820j:plain

f:id:seisyuu:20200518204828j:plain

f:id:seisyuu:20200518204838j:plain

一行はメギドラルの認識も足りなければ、

寿命の差で圧倒的に不利と・・・

 

確かに代替わりと考えると厳しいよな・・・

 

長命者や不死者、純正メギドでもない限り、

戦いに駆り出せて50年がいいとこだろうし・・・

 

すげーよぼよぼのモラクスくんとか、

なんか見たくないな・・・

 

f:id:seisyuu:20200518204938j:plain

f:id:seisyuu:20200518204942j:plain

f:id:seisyuu:20200518204946j:plain

f:id:seisyuu:20200518204952j:plain

f:id:seisyuu:20200518204957j:plain

恒久的に断念させなければ

結局はその代限りの対応でしかないか・・・

 

メギドラルを消し去ろうってのは

アスモ姉貴のことなのかな・・・

 

てか8魔星をまだ倒せないとか、

マモンお姉様どんだけ強いんですかね・・・

 

8魔星レベルのハックが仲間になるのも

そういや六章以降だったか・・・

 

でもその頃には勝算ができたから、

七章でメギドラルに行くんだよね・・・?

 

f:id:seisyuu:20200518205217j:plain

f:id:seisyuu:20200518205223j:plain

f:id:seisyuu:20200518205227j:plain

まあバラムくんも単に親メギドラルってわけでなく、

きちんとロジック組んで調停者やってるんだなって・・・

 

一行も今まで場当たり的に、

常に後出し後出しで対応してたわけだし・・・

 

f:id:seisyuu:20200518205232j:plain

f:id:seisyuu:20200518205239j:plain

f:id:seisyuu:20200518205244j:plain

f:id:seisyuu:20200518205249j:plain

f:id:seisyuu:20200518205254j:plain

交渉以前に辿り着けないとなると、

まあ無限回廊なんやろうな・・・

 

てかそれをアスモ姉貴が作ったってこと?

 

黒き門に行かせないために?

もしくは幻獣の流入を防ぐため?

 

でも幻獣は現に漏れ出てるからこそ、

モンモンは五章で討伐してきたんだよな・・・

 

f:id:seisyuu:20200518205419j:plain

f:id:seisyuu:20200518205425j:plain

f:id:seisyuu:20200518205429j:plain

黒い門に行けないばかりか、

ペルペトゥムにすら行けないのか・・・

 

ペルペトゥムを守るためでもありそうですね・・・

 

f:id:seisyuu:20200518205433j:plain

f:id:seisyuu:20200518205440j:plain

f:id:seisyuu:20200518205444j:plain

f:id:seisyuu:20200518205453j:plain

f:id:seisyuu:20200518205458j:plain

相変わらず人違いしてる・・・

てか三百年って相当だな・・・

 

もっと百数十年くらいかと思ってた・・・

 

f:id:seisyuu:20200518205556j:plain

f:id:seisyuu:20200518205604j:plain

f:id:seisyuu:20200518205609j:plain

f:id:seisyuu:20200518205613j:plain

f:id:seisyuu:20200518205617j:plain

f:id:seisyuu:20200518205714j:plain

まあ女神転生とかでよくある、

ワープ床みたいなのが張り巡らされてるってことか・・・

 

メギドが3DダンジョンRPGじゃなくて良かった・・・

 

てかそれならアスモ姉貴も出られなくない?

それかきちんとワープフロアは用意してる?

 

外出するときスイッチ切ってるとかなら、

どうしても辿りつけないんですけど・・・

 

f:id:seisyuu:20200518205720j:plain

f:id:seisyuu:20200518205724j:plain

f:id:seisyuu:20200518205728j:plain

まあこれで交渉も決着もなにもなくなったから、

共闘して打破しようってわけですね・・・

 

てかアンチャーターを交渉材料にするって、

単に渡す代わりに助けてくださいとか、

そんな単純な話ではないだろうなぁ・・・

 

護界憲章解く代物渡すとか、

侵略してくださいって言ってるようなもんだし・・・

 

f:id:seisyuu:20200518205843j:plain

f:id:seisyuu:20200518205849j:plain

f:id:seisyuu:20200518205854j:plain

f:id:seisyuu:20200518205859j:plain

まあ一行側にもメリットはあるし、

絶対ペルペトゥムに行かないとだしな・・・

 

とりあえず早く抜けだせば、

後発のシバも攻略に時間がかかるだろうし

その隙にアスモ姉貴と接触できそうではあるか・・・

 

f:id:seisyuu:20200518205904j:plain

f:id:seisyuu:20200518205908j:plain

f:id:seisyuu:20200518210017j:plain

f:id:seisyuu:20200518210021j:plain

f:id:seisyuu:20200518210029j:plain

ああ・・・もう既に入ってるわけね・・・

また出し抜かれたということか・・・

 

もう脱出口見えたら速攻でこいつ殺そう・・・

 

肉片になっても召喚すれば大丈夫でしょ(適当)

 

f:id:seisyuu:20200518210159j:plain

f:id:seisyuu:20200518210204j:plain

f:id:seisyuu:20200518210208j:plain

f:id:seisyuu:20200518210213j:plain

f:id:seisyuu:20200518210216j:plain

まあ・・・

黒き門を目指して迷ったバラムくんが

鍵のフォトンの様子見に行けたってことは

「普通に帰る方法はある」ってことだよね・・・?

 

最悪面倒になったら帰ればいいし・・・

 

f:id:seisyuu:20200518210222j:plain

f:id:seisyuu:20200518210227j:plain

f:id:seisyuu:20200518210231j:plain

ほんとマルコとバラムくんは相性悪いな・・・

 

てかマルコ婚期とか

そういうの気にするお年頃なの・・・?

 

でもほら、マルコにはアンドレアルフスがいるから・・・

 

お互いその気は一切なさそう。

 

f:id:seisyuu:20200518210403j:plain

f:id:seisyuu:20200518210407j:plain

f:id:seisyuu:20200518210412j:plain

マルコが怒りを飲み下した・・・?

 

その分陰で発散してそう・・・

 

バラムって書いた人形に銃打ち込みまくって

溜飲下げてたりしない・・・?

 

「これが本人だったらどんなに愉快でしょう!」

とか言って綿ブチまけてそう・・・

 

f:id:seisyuu:20200518210418j:plain

f:id:seisyuu:20200518210422j:plain

f:id:seisyuu:20200518210426j:plain

f:id:seisyuu:20200518210436j:plain

f:id:seisyuu:20200518210440j:plain

ここはここで幻獣の住処になってるわけか・・・

 

その内残留思念で塗れたりとかしそうですね・・・

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

すぐにバラム戦とまではいかないにせよ、

まさかこんな罠があるとはな・・・

 

誤射した振りして攻撃したりとか、

そういうので弱めていけそう・・・

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。