生執の思考球体-メギド72集中投稿中!

メギド72のストーリを追った実況記事を毎日書いてます!

メギド72ブログ それはイビツな愛の結晶 4話-2(後編)「真のキーマンカスピッピ」

はじめに

※本編以外の部分はイベ終了後に書いています。

 

ゴクオーくんが全話解放・・・!

 

現状30話くらいまで読んだけど、

割と連続読みがキツイ作品っすよね・・・

 

精神カロリー消費がデカイというか、

小学生周りの話とは言え

人間の悪事と嘘を毎回見させられるので・・・

 

 

 

カウントダウン-14

今日はスコルくん!

 

武器を選んだ理由は何回か言及されてたけど、

よく見ると割とエグい見た目してますね・・・

 

鞭で皮膚を引き割いて

引っかかりの刃の部分で肉削ぐタイプのやつじゃん・・・

 

威力が無いとか言及されてるけど

武器としての威力の比較だろうし、

拷問用としては普通に機能的なんだよなぁ・・・

 

 

ウムダヴルチュ・・・

ここまで来ると全く分かんねぇな・・・

 

そういや前に出てたクルールってやつは

ドンキーコングのクルールの元ネタだったりするんかな?

 

 

後編-アジトにて

ウロウロカスピッピ・・・

 

彼は彼で病んでた~とかじゃなくて

ティアマトが心配でウズウズしてたのか・・・

 

てか前回と言いなんというか、

「全てが全て寄生幻獣のせいじゃない」

って言ってるようなもんっすよね?

 

「洗脳する敵」と言えば

割と万能なイメージが付き纏ってしまうけど・・・

能力系の漫画とかである

「全部幻術でした」系のアレみたいな。

 

正直あれは作者の匙加減でなんとでもなるし、

読んでる側はひたすらダルいんだよね・・・

 

ジョンガリ・Aって実在するんだ。

 

やはり寄生幻獣が

ティアマトの「全行動を支配してる訳ではない」と・・・

 

まあそこん所は明確な記述がないと

差異とか分かんないもんなぁ・・・

 

矛盾する感情・・・

 

「好きだけど近づけない」ってのも

中々辛いものがあるだろうし、

戦闘にかり出されても

「想定してた使われ方じゃ無い」ってのも

中々酷いものがあるよなぁ・・・

 

「わざわざ呼び出したうえで意図的に袖にする」とか

モンモンも割とひでーことしやがる。

 

あれ?やっぱモンモンも悪くない・・・?

 

小学校低学年の子が上級生と遊びたくて混ざるんだけど

毎回良いように使われてるアレみたいな・・・

友達が家に遊びに来るんだけど

実際はお菓子とゲームが目的だった的な・・・

 

そういうの一学年に一人はいたイメージだわ。

 

モンモンはティアマトの全てで

サーヤらは濁りであり邪魔な付随か・・・

 

二人だけの世界だったら良かったのかね・・・

 

フォルネウスとタッグを組んで

滅茶苦茶やらんでほんと良かったな。

 

最終的にフォルネウスを殺して

「最後の二人」になるとかね・・・

 

メギドラル時代の記憶もなく、

そんな中モンモンと接触して・・・

マナ姉貴の言ってた刷り込みか・・・

 

てか記憶がないというか

大した印象が無かったから忘れてたとかもありそう。

 

サーヤの「○○スギィ!」とか

邪悪なネットで死ぬほどイジられてそう。

 

まあとにかくティアマトにとって

モンモンが全てってのは変わりなくて・・・

 

それ故に寄生とは関係のない行動をとってか・・・

 

先天的と後天的の違い・・・

 

モンモンはその差異の愛を理解できてないし、

それでティアマトが苦しんで・・・

 

でもそこで差が生まれたら

それはそれでって感じだしなぁ・・・

 

モンモンの立場的に難しい問題だから

カスピの立ち会いでなんとかして・・・

 

今から向かえば五話中盤くらいに間に合う感じ?

 

でもティアマトが向かってる場所も分からんし、

召喚する約束もしてないからなぁ・・・

 

「カスピが鍵」だってのも認知してなさそうだし・・・

ベヒモスくんの嗅ぎ」で追いつくのが全てとか、

そんな考えだったし・・・

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

クトゥルフ神話の小説届いた・・・

とりあえずハーモニー消化してから読むか・・・

 

ラブクラフト全集のときは

訳が硬すぎて序盤で挫折したからなぁ・・・

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。