生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ その1378 カジノ!ー勝利の方程式ー 2話-3(後編) 「タナトス・・・なんか面白いな・・・」

はじめに

なんとなく少し高い米に変えて見たけど

全然味が違うんですね・・・

 

たかが数百円の違いなのにこの差はなんなんだ・・・

 

でも米ってかなり安くない? 

比較するのもおかしいけど、

今日買ったパイプタバコと同じ値段っすよ・・・?

 

 

 後編-モンモンサイド

f:id:seisyuu:20201007182830j:plain

f:id:seisyuu:20201007182835j:plain

f:id:seisyuu:20201007182840j:plain

f:id:seisyuu:20201007182843j:plain

f:id:seisyuu:20201007182847j:plain

グザファンとタナトス・・・

 

まあ無効化と言っても実感はないっぽいし、

そりゃなんで来たのって感じか・・・

 

f:id:seisyuu:20201007182925j:plain

f:id:seisyuu:20201007182930j:plain

f:id:seisyuu:20201007183006j:plain

f:id:seisyuu:20201007183010j:plain

f:id:seisyuu:20201007183015j:plain

なんか二人して助け甲斐がないというか・・・

 

義に厚いメギド二人が先走って捕まったとか、

そういう感じでもないんすよね・・・

 

てかなにも考えないでただただ雑務してた方がマシなの?

ほんと生気が感じられないな・・・

 

f:id:seisyuu:20201007183110j:plain

f:id:seisyuu:20201007183114j:plain

f:id:seisyuu:20201007183119j:plain

f:id:seisyuu:20201007183124j:plain

f:id:seisyuu:20201007183201j:plain

なにもない場所に群がってる・・・?

屍肉以外にも群がるとかなんですかね・・・?

 

f:id:seisyuu:20201008200316p:plain

↑てかこの線ってなに?

 

 

f:id:seisyuu:20201007183205j:plain

ウァプラくんが立って線が消えて・・・

ああ、新グラだから抜き忘れてるとかか・・・

 

普段は線が見えないけど屈むと見えちゃう的なね・・・

 

f:id:seisyuu:20201007183253j:plain

f:id:seisyuu:20201007183300j:plain

f:id:seisyuu:20201007183305j:plain

f:id:seisyuu:20201007183310j:plain

f:id:seisyuu:20201007183350j:plain

f:id:seisyuu:20201007183354j:plain

シニギワの習性的におかしいし、

なにかを埋めた跡がある・・・

 

まあ・・・

タナトスが死体を埋める業務をやってたってことか・・・

 

f:id:seisyuu:20201007195735j:plain

f:id:seisyuu:20201007195739j:plain

f:id:seisyuu:20201007195743j:plain

f:id:seisyuu:20201007195747j:plain

まあ・・・状況から言ってそうだろうし、

名前的にも適任って感じですよね・・・

 

やっぱ死体の出どころが気になるな・・・

 

それに「隠蔽したいから埋める」んだろうけど、

それなら幻獣の餌にもできそうだし・・・

 

埋める意味が他にもあるのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20201007195824j:plain

f:id:seisyuu:20201007195828j:plain

f:id:seisyuu:20201007195832j:plain

f:id:seisyuu:20201007195924j:plain

f:id:seisyuu:20201007195929j:plain

f:id:seisyuu:20201007195933j:plain

なんか物凄い塩対応ですね・・・

 

まあ頼んでもないこと勝手にやってるだけだし、

特にメリットを感じないってんならそりゃなにもないか・・・

 

今回助けるメギドってこんなんばっかり・・・

ほんとミノソンの仲間癖強すぎるな・・・

 

f:id:seisyuu:20201007195940j:plain

いやほんとにね・・・

 

まあグザファンはミノソンに負けて

契約したから所属してるって感じだけど

タナトスはなんで一緒にいたのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20201007200057j:plain

f:id:seisyuu:20201007200102j:plain

f:id:seisyuu:20201007200106j:plain

f:id:seisyuu:20201007200111j:plain

f:id:seisyuu:20201007200115j:plain

f:id:seisyuu:20201007200120j:plain

答えるのすら面倒とか・・・

ほんとモノグサ度フルフルくん超えてるな・・・

 

まああっちはあっちで

寝てる間に勝手に攻撃する機械付け始めてたけど・・・

 

しかし埋められたのは「一人ではない」か・・・

 

まあ「廃棄場」とか「ガラクタ整理」とか

そんな名前が付けられてるってことは

「名称になるほど仕事が常態」だからってことだろうし・・・

 

契約を飲んだから殺された?

それとも飲まなかったから?

 

f:id:seisyuu:20201007200239j:plain

f:id:seisyuu:20201007200243j:plain

f:id:seisyuu:20201007200248j:plain

f:id:seisyuu:20201007200256j:plain

f:id:seisyuu:20201007200302j:plain

f:id:seisyuu:20201007200306j:plain

f:id:seisyuu:20201007200311j:plain

f:id:seisyuu:20201007200352j:plain

f:id:seisyuu:20201007200356j:plain

最初の方に出てた借金漬けのやつと

特別ルールを飲んだ貴族・・・

 

どういう経緯で殺されたのか・・・

 

殺されるのが契約ってのもあるだろうし、

「契約満了して殺された」ってのもあるからな・・・

 

もちろん一つの理由だけでもないかもだし・・・

 

f:id:seisyuu:20201007200401j:plain

f:id:seisyuu:20201007200455j:plain

f:id:seisyuu:20201007200500j:plain

f:id:seisyuu:20201007200504j:plain

f:id:seisyuu:20201007200509j:plain

f:id:seisyuu:20201007200513j:plain

まあ所詮ヴィータだし、フォトン目的のみとなると

契約で縛るまでもなく殺せば良い。

 

そして殺された割には損傷も汚損もないか・・・

 

前者についてはハルマに感づかれないため

とか色々あるかもだけど、

後者は一体なんなんだろ・・・

 

やっぱギャンブル系の能力な訳だし、

魂を抜かれたとかなんですかね・・・

 

f:id:seisyuu:20201007200622j:plain

f:id:seisyuu:20201007200626j:plain

f:id:seisyuu:20201007200631j:plain

f:id:seisyuu:20201007200635j:plain

f:id:seisyuu:20201007200639j:plain

f:id:seisyuu:20201007200643j:plain

なんかいきなり饒舌になって来たというか、

普通に話かけて来たぞ・・・?

 

同志がいるとか思われちゃったのかな・・・

 

なんかコミュニケーション不足のオタク感。

 

「お前らも・・・アニメとカードゲームに興味があるのか?」

「オレは・・・アニメを見るのが好きだ」

 

f:id:seisyuu:20201007200751j:plain

f:id:seisyuu:20201007200757j:plain

f:id:seisyuu:20201007200803j:plain

f:id:seisyuu:20201007200807j:plain

f:id:seisyuu:20201007200811j:plain

f:id:seisyuu:20201007200817j:plain

急になにを言いだすんすかね・・・

要はシュレディンガーの猫のこと言いたい訳?

 

まあ普通に箱から出して確かめたら?ダメ?

 

f:id:seisyuu:20201007200936j:plain

f:id:seisyuu:20201007200941j:plain

f:id:seisyuu:20201007200949j:plain

f:id:seisyuu:20201007200955j:plain

f:id:seisyuu:20201007201004j:plain

f:id:seisyuu:20201007201008j:plain

f:id:seisyuu:20201007201013j:plain

まあ思考実験の話か・・・

なら開けて確かめろなんてのは無粋でしたね・・・

 

要するに「死は観測して初めて死になる」って感じ?

逆に言えば「観測されなければ死ではない」

もしくは「死んでいるし生きてもいる」的な、

そんな中観的視点なのか・・・

 

f:id:seisyuu:20201007201058j:plain

f:id:seisyuu:20201007201103j:plain

f:id:seisyuu:20201007201108j:plain

f:id:seisyuu:20201007201112j:plain

死は観測することで初めて個人の中に定着する・・・

要は主観的な存在、価値観ってことなのかな・・・

 

まあ、人が死んだのを確認しても

「まだ生きてるんじゃないか」とも思えるんだけどね・・・

 

なんかスケールのデカいドッキリなんじゃないかとか、

すごくリアルな夢なんじゃないかとか・・・

 

家に帰ったら普通に暮らしてたり、

不意に帰ってくるんじゃない予感があったり・・・

 

f:id:seisyuu:20201007201226j:plain

f:id:seisyuu:20201007201232j:plain

まあメンドくさい奴だよな・・・

 

そもそも死なんてものは忌避対象だし、

現実世界だとまるで死そのものがないように営まれてて・・・

 

てかほんと難儀な人だよなぁ・・・

 

f:id:seisyuu:20201007201238j:plain

f:id:seisyuu:20201007201243j:plain

f:id:seisyuu:20201007201247j:plain

f:id:seisyuu:20201007201252j:plain

f:id:seisyuu:20201007201256j:plain

f:id:seisyuu:20201007201441j:plain

とりあえずこれで

モンモンとミノソンの利害が一致したと・・・

 

そもそも働かせるのが目的だったら

一話のおっさんも下手に遊ばせないで良かったし、

もっと他のなにかか・・・

 

f:id:seisyuu:20201007201446j:plain

f:id:seisyuu:20201007201452j:plain

f:id:seisyuu:20201007201456j:plain

f:id:seisyuu:20201007201500j:plain

f:id:seisyuu:20201007201504j:plain

f:id:seisyuu:20201007201508j:plain

タナトスも負けたんだ・・・

そして利害は一致してるから付いて行ってると・・・

 

てかミノソンが一番契約で縛ってない?

まあ契約というよりかは個々の矜持とか利害の一致とか

そういった納得済みでの契約だろうけど・・・

 

f:id:seisyuu:20201007201605j:plain

f:id:seisyuu:20201007201611j:plain

f:id:seisyuu:20201007201617j:plain

f:id:seisyuu:20201007201728j:plain

カジノの親の名前はメリディアナ・・・

あれ?名前的に女性メギドって感じ?

 

一体どんなお姉さんメギドなんだ・・・

 

まあミカエルのこと勝手にお姉さんハルマだと勘違いして

見事に裏切られたから期待はできないですね・・・

 

そして未だにお姉さんハルマを見たことがない・・・

 

八章とか行けば流石に出てくるよね?

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

タナトス・・・面白いキャラだな・・・

 

死は蓋を開けなければ分からない。

それはなんかギャンブルにも通じてるのかも・・・

 

 

今回もお読みいただき誠にありがとうございました。