生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ その1678 そして灯火は静かに消える 3話-1 (後編)「ウコバク・・・謎だな・・・」

はじめに

ついに来てしまったか最終日・・・

 

てか昨日のログボ画面、

スクショしてなかったんですよね・・・

 

あれ?寝ぼけながらログインして

スクショできなかったとかなのかな・・・

 

ちなみに一昨日はフラウロスが出て

被りだったからスクショしませんでした・・・

 

 

後編-島にて

f:id:seisyuu:20210413011701j:plain

f:id:seisyuu:20210413011704j:plain

f:id:seisyuu:20210413011706j:plain

f:id:seisyuu:20210413012016j:plain

f:id:seisyuu:20210413012021j:plain

f:id:seisyuu:20210413012025j:plain

島は幻獣の巣窟であると・・・

 

しかし痕跡か・・・

数十年も経過してるとなると

衣服どころか書記とかも風化してそうだしな・・・

 

死んでいたらとことん望み薄だし、

生きていたとしてもここにいるかって話だし・・・

 

f:id:seisyuu:20210413012557j:plain

f:id:seisyuu:20210413012601j:plain

f:id:seisyuu:20210413012604j:plain

f:id:seisyuu:20210413012608j:plain

疑いながらも信じたいか・・・

 

そういやロノウェは今こそ善人寄りではあるけど

メギド時代はそうとうヤンチャだったらしいんだよね・・・

 

まああれはヤンチャで済まされる問題ではないか・・・

 

f:id:seisyuu:20210413012632j:plain

f:id:seisyuu:20210413012636j:plain

f:id:seisyuu:20210413012713j:plain

f:id:seisyuu:20210413012717j:plain

f:id:seisyuu:20210413020025j:plain

f:id:seisyuu:20210413020109j:plain

f:id:seisyuu:20210413020112j:plain

灯台なしでも普通に渡れる・・・

 

まあ帰るとき方角を間違えないで済むかもだけど、

なんか扱いが微妙ですね・・・

 

いや、でも灯台の火が無ければ

そもそも到達できないって話じゃなかった?

 

霧払いができる特殊能力でもあったのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20210413020115j:plain

f:id:seisyuu:20210413020119j:plain

f:id:seisyuu:20210413024414j:plain

f:id:seisyuu:20210413024417j:plain

f:id:seisyuu:20210413024420j:plain

f:id:seisyuu:20210413024426j:plain

f:id:seisyuu:20210413024429j:plain

f:id:seisyuu:20210413024432j:plain

ウコバクは悪いやつとは思えないか・・・

モンモンいっつもそう言うんだから・・・

 

でもなんだろうなぁ・・・

ウコバクはまだなにか隠してそうというか、

「待っている」はずなのに

「兄様の元に行かなくてはならない」とか言ってたし

なんかチグハグな感じなんですよ・・・

 

f:id:seisyuu:20210413030544j:plain

f:id:seisyuu:20210413030550j:plain

f:id:seisyuu:20210413030554j:plain

f:id:seisyuu:20210413030558j:plain

悪では無いにしろだからと言って

善であるとは限らないけど・・・

 

今はとにかく証拠を探すしかないんですかね・・・

 

f:id:seisyuu:20210413030601j:plain

f:id:seisyuu:20210413030604j:plain

f:id:seisyuu:20210413030607j:plain

フォラスパパ信頼し過ぎてる気もするけど、

とにかくウコバクの思惑がまだ分からない・・・

 

それがモンモンに対しての悪意がないにしても

なんか厄っぽい匂いしかしないんだよなぁ・・・

 

 

後編-ウコバクサイド

f:id:seisyuu:20210413030652j:plain

f:id:seisyuu:20210413030655j:plain

f:id:seisyuu:20210413030658j:plain

f:id:seisyuu:20210413032621j:plain

f:id:seisyuu:20210413032626j:plain

f:id:seisyuu:20210413032630j:plain

火に入る幻獣・・・

 

なんでわざわざ死に行ってるんすかね・・・

元は幻獣を効率的に処理する遺物とか?

 

となるとハルマ側の遺物とかなんですかね・・・?

 

てかこれあったら

「メギドラルの幻獣駆除問題」解決しない?

なんかめっちゃ困ってるらしいやん?

 

f:id:seisyuu:20210413032832j:plain

f:id:seisyuu:20210413032835j:plain

f:id:seisyuu:20210413032837j:plain

f:id:seisyuu:20210413032841j:plain

f:id:seisyuu:20210413033231j:plain

f:id:seisyuu:20210413033236j:plain

f:id:seisyuu:20210413033239j:plain

兄様は学者並みの知識を有していたと・・・

 

まあ恐らく兄様もメギドなんだろうけど、

それがなにか繋がって来るのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20210413033454j:plain

f:id:seisyuu:20210413033458j:plain

f:id:seisyuu:20210413033502j:plain

f:id:seisyuu:20210413033505j:plain

惚気か・・・

 

いくら辺境と言えども、

流石に近親感の恋愛関係はタブーなんすよね?

 

恋に似た感情ってだけなのか

それともガチの方の恋なのか・・・

 

f:id:seisyuu:20210413033553j:plain

f:id:seisyuu:20210413033556j:plain

f:id:seisyuu:20210413033600j:plain

f:id:seisyuu:20210413033633j:plain

f:id:seisyuu:20210413033636j:plain

急に家族のことを聞いて来たか・・・

 

まああのメンツの中だったら

やっぱフォラスパパが適任でしたね・・・

 

てかシトリー姉貴はメギストで一人っ子っぽかったけど、

ロノウェくんの家族構成とか謎のままだな・・・

 

f:id:seisyuu:20210413033739j:plain

f:id:seisyuu:20210413033742j:plain

f:id:seisyuu:20210413033744j:plain

うーん、変な問いかけが続くな・・・

 

人として、近親間の愛というよりも

メギドとして、異種間の愛的な話なんですかね・・・?

 

まあメギドとしてというよりも

「追放メギドとして」って感じか・・・

 

f:id:seisyuu:20210413033747j:plain

f:id:seisyuu:20210413033818j:plain

f:id:seisyuu:20210413033823j:plain

f:id:seisyuu:20210413033826j:plain

f:id:seisyuu:20210413033905j:plain

f:id:seisyuu:20210413033908j:plain

幻獣は効率が悪い・・・

効率を良くするために別な物が必要とか・・・?

 

幻獣誘引効果は副次的、もしくは補助的な力で

本来は「人やメギドを燃料に変える機関だった」とか?

 

しかしウコバク、なんなんだろうな・・・

 

モンモンらの報告はともかく

なにかしらの成果がもうすぐ来るって感じ?

 

待って入るのに行こうとしている。

宛のない待ちではなく成果が出て入るっぽい・・・

 

なんのトンチなんだ・・・

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

もう四時すぎか・・・

ここから10時間ちょいで完走ねぇ・・・

 

あとフォカロルのアレも見ないとだし

今回は無理そう・・・

 

 

今回もお読みいただき誠にありがとうございました。