生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ When'd he go into there? ウェンディゴ.イントゥ.ゼア  2話-1(前編)「いつからそこにいた?」

はじめに

プライムビデオに岸辺露伴は動かないがある・・・

そういや見てなかったな・・・

 

新しくライダー見るってノリでもないし、暇が出来たら見よっと。

 

 

 

「狩人の森・夜」・・・

一回退くとか言ってたじゃないですか・・・

それなのになんで舞台が夜の森なんですか・・・

 

まあそれもこれも狩人を追うからか・・・

 

 

前編-村にて

うなされるイェーガー・・・

 

まあ肉体的なケアにも限界があるし、

本当にやる必要があるのは心のケアだし・・・

 

リリムとか呼んだ方がよさそう。

 

狩人繋がりでレラジェは・・・ちょっと違うか。

 

「完全なリタイア」って感じなんだろうけど、

それなら「追う予定の狩人」って誰?

夜ってことはそりゃ緊急案件なんすよね?

行方不明者が戻って来るとかかな・・・

 

まあこの状態でイェーガーを追うってのも

そもそもにして変な話だし・・・

 

うーん・・・?

ウェンディゴだよね・・・?

 

OP冒頭のアレがウェンディゴであるなら

その一部を喰らうとかで同化かと思ったけど、

食べた描写とかも特になかったし・・・

 

まあ会う前に食べた可能性もあるけど、

ほんと「いつからそこにいた?」だよな・・・

 

それか同化の条件が実は根本から違ってたとか?

どうかしてると思ったとき同化してる的な・・・

 

いやぁ・・・

そんなんだったら読むのやめるわ。

 

 

前編-モンモンサイド

夜明けまで警備か・・・

 

でも舞台は夜の森・・・

そして追う狩人は恐らくイェーガー・・・?

 

でも仮に彼が同化していたとして、

森に戻る理由ってなんなんすかね?

 

食べられる為、もしくは加工される為・・・?

 

まあ夜間複数人とかなぁ・・・

 

下手すりゃ敵も

森での戦闘を得意とするヤツかもしれんし・・・

 

それに加工がね・・・

 

まあ暗いよか光源がある方がマシだけど、

それだと標的になってしまいそうなんすよね・・・

 

研究院で暗視スコープとか作ってないの?

 

まああんまりにガチガチの装備とかになると、

それはそれでどうなんだ感は出てくるけどね・・・

 

モンモンがパワードスーツとか着はじめたら

なんか別ジャンルになっちゃうし・・・

 

ストラスもなぁ・・・

村の狩人がああだったら

騎士団もまたああなってるとか考えてそうだし、

相当ストレスになってそうなんすよね・・・

 

昂ってて寝れないとかもありそう。

 

バラムの頑丈さは記念イベでも見て来たけど、

なんだかんだで人をベースにしてるから

無茶はできないって感じだったからな・・・

 

てか純正メギドってなんであんまり寝ないんだろ?

それも「フォトンありきの構造だから」とか?

 

脳や体を休めるとかじゃなくて

フォトンがあれば稼働できるからあんまり寝ないでいい。

体中のフォトンが欠乏したとき

消耗を抑る為、フォトンの回復を待つために漸く寝る。

その休眠を睡眠と呼ぶ的な・・・?

 

そして失踪したイェーガー・・・

まあ知ってた。

 

でも目的がほんと分かんないんだよなぁ・・・

イェーガーのじゃなくてウェンディゴの、ね?

 

状況的にはそうとしか思えないわな・・・

 

メギドが関係してるって線は薄いと捉えてるし、

そもそもメギドとは言っても

かなり変な能力のやつっぽいし・・・

 

結局ウェンディゴが純正メギドなのか

追放メギドなのかも分からなければ

同化して蔓延してる時点でその定義も曖昧っぽい様な・・・

 

これ、もう既にウェンディゴがガルドをかなり侵食してて

収拾つかないって可能性とかもないの?

明確なコアすらも不在とかありそうだけど?

 

支配の律者かよ・・・

 

 

街に見張りを置いて再び森へか・・・

 

見張りって誰だろ?

寝ずの番だからやっぱ純正メギドとか?

 

ヴィータ相手を想定するってんなら

サーヤとかキュバスくんとか配置してもよさそうだけど

果たして誰が来るのか・・・

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

このイベの〆は来週の火曜日か・・・

割と余裕がある気がするけど

油断するとまたなくハメになるからね・・・

 

今年は気持ちよく新年を迎えてぇ・・・

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。