生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ  離れても、心は繋がって 4話-1(前編) 「執事モブグラって今まであったっけ?」

はじめに

※本編以外の部分はイベ終了後に書いています。

 

IOS16にアプデしたけど・・・

画像からテキストを抽出したり、

長めのタップで即切り抜きができたりで

地味に恐ろしい感じっすねこれ・・・

 

一発でキレイに切り抜ける!

※細かすぎるのみの切り抜きは多分できない。

 


画像内のテキストを抽出して即コピーできる!

 

「種族」を「頳族」としたり

「HP」を「■P」としたりと、

ところどころ怪しい部分はあるけど。

 

まあブログ内では使わんとは思うけど

なんかには使えるとは思う!

 

あと地味に機能が増えたせいでスクショ保存がやり辛くはなった。

 

 

 

エンジャの街には縁者が住まう・・・

まあサラの縁者ってことなんすよね?

 

みんな地元から全然離れなくて、

それが数十世代を経てほぼ親戚しかいない~

とかそういうのでも無いのよね?

 

まあそんなんだったら血が濃くなりすぎるか。

 

 

前編-モンモンサイド

もう夜か・・・

 

そういや先の村で泊まる予定だったんだもんね・・・

 

てかアナキスって木の枝に捕まって移動とか

そういう猿みたいなこともできるんだ・・・

 

まあ両親に会いに行くとか言ってたからな・・・

 

でもなんでかは分からん。

 

アナキスにとってサラの両親の記憶が不都合であるなら

モンモンのときと同様記憶を消せばいいんだろうし・・・

 

それならなにも物理的に消す必要もないんすもんね?

 

うーん、とりあえず友達はなんかいなさそう。

 

だってあの両親は友達の家に行かせるとかも

絶対したくない系統の人らでしょ?

 

だからと言って自分の家に招き入れるのかと言えば

外の素晴らしさを吹聴されたら不都合だろうし・・・

 

まあ寄生獣のパラサイトも

人間の発話機構に戸惑ってたシーンもあったっけな・・・

 

しかしなんだろうなぁ・・・

アナキスが彼女を宿主、

つまり主体であると認識してたのも分かるし

守ろうとしてた場面もあったけど・・・

 

「記憶を消すのも発話するのも全て彼女を守る為」

なのかと言われると正直どうなんだろ・・・

 

まだ分かんないことだらけなんすよね、正直。

 

うーん、ちゃんと伝えてくれたらなぁ・・・

 

そこまで頭が回らなかったとか、

それとも言ったところで無駄と踏まれたか・・・

 

アナキスの心情とかサラの思考よか分かんないな・・・

 

ようやくアナキスのことを気にし始めたか・・・

 

まあ今まで話すことすらできてなかったし、

それを「一人格として尊重しろ」ってのも

無理な話っちゃそうなのか・・・

 

夢見の者を介してアナキスとゆっくり会話してみるとかは?

寄生獣でも新一とミギーが夢で繋がってたりしてたし。

 

まあどうしてもそうなるよね・・・

 

仕方ないとは言えみんながみんな、

アナキスをないがしろにしてたって訳か・・・

 

みんな結構疲れてんのね・・・

 

まあこの一日で聞き込み調査とか

小鳥とかサラとの交戦とか

山越えてエンジャの街に向かったりとか

アホみたいな強行軍やってる訳だし・・・

 

モンモンもアホみたいにタフだな・・・

 

夜間に馬のいななき・・・

 

幻獣が馬車を襲ってるのか、

それとも魔王が子を攫おうとしているのか・・・

 

シューベルトの魔王は何度聴いてもほんと良いっすよね。

 

 

偽アリトン・・・

 

まあ「執事だからバトラ」なのはどうでも良いとして

このグラって今まで見たことあったっけかな・・・

 

新規書きおろしのモブグラとか?

 

リビコが嫌がらせで配置・・・

サラナキアのリビコ評ってイマイチパッとしないんすよね・・・

 

やっぱあの人ラスボスじゃない気がするし、

まだアブナの方が強そう。

 

幻獣かシャックスか・・・

一体どちらがマシなんだ・・・

 

とりあえず金持ちっぽいし、

助けたらなんか良いことありそう。

 

 

コメント返信コーナー

お疲れ様です!

あとは編集っすね・・・

 

なんというか今回はずっと辛かったっす・・・

その時々の感想は今後の記事に任せるとして、

なんというかなぁ・・・

 

読み終わった後なのに、すっきりしたはずなのに、

適切な言葉が一切見当たらないのはなんでだ・・・

 

でもまあ、本当に良いイベだったよ(瀕死)

 

たっくんさん、

コメントありがとうございます!

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

なんだかんだで今回のイベは歴代でも相当長い部類でしたね。

所々テキスト数が半端ない。

 

用事というか法事に出かける前に終わらせようとしたんすけど

本当に長いし内容が内容だし・・・

ほんとうに泣きそうになりながら書いてた・・・

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。