生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ  離れても、心は繋がって 2話-3(前編その2)「とりあえずこの人がラスボスではなさそう」

はじめに

そういや最近ルゥルゥ狩りもしてたんすよね。

 

前までは再シャックスを使ってたけど

今はミノソンとか再コランくんがいるから・・・

 

で、編成はこんな感じ。

誘雷が状態異常なのかも分からんから

再コランくんにスティロ持たせる意味があるかは知らん。

 

とにかく霊宝ガン積みシャミさんがアホほど強いし、

ミノソンのスキルも大概インチキっすよね・・

 

フォラスパパにしらぬい持たせたら

実質青竜号だし、ほんとこの人もおかしいよ・・・

 

なんでもいいからスキルでお手軽滞水できるやつくれ。

 

ジズがお手軽突風できるんだからいけるでしょ・・・?

 

 

前編-前回の続き

アナキスを欲す理由・・・

 

まあもうヴァイガルドの侵入は容易なんだろうけど、

他の使い道とかもあるかもだしな・・・

 

なんか賢くできたりもするらしいやん?

 

まあ・・・

同じ軍団長で対等な存在だし、

そりゃモンモンと交渉するのが一番か・・・

 

バラムとかヒュトギンがいてくれたら・・・

なんで今回の参謀ポジが相手の怨敵なんだよ・・・

 

落ちぶれて既に消耗してる様なもんだから

そりゃ戦争なんてやってらんねーだろうね・・・

モノは言い様ですわ。

 

それはともかく捜索に協力って

会った場合アナキスを回収するんすよね?

 

一応切除のリスクはあるみたいだからちょっと・・・

サラはともかくアナキスは割とどうでもいいけど・・・

 

3体だから人格も三つ・・・

全部ではなく2/3で良いんだ・・・

 

元はリビコの軍団のものと考えると

随分と折れてくれるんすね・・・

 

まあそれでもなにに使われるか分からんし、

結局は大損になるんだろうけど・・・

 

マジレスしかしないヤツだから仕方ないけど

サタナキアも随分グイグイ行くやつっすよね・・・

 

で、特定の餌ってなんだっけ?

それがブラブナとかだっけ?

 

他のヴィータに寄生させてか・・・

 

まあ赤の他人とかどうでも良いけど、

モンモンはスタンスが違うからな・・・

 

単なる運搬目的ってんなら、

サラをリビコのアジトまで護送してその後で切除するとかは・・・

 

まあそこまでやる必要性も義理もないか。

 

まあ言ってしまえば

2/3アナキスという損失こそあれど

それ以上失うものはないに等しいんすもんね・・・

 

でもそんな理屈を受け入れてしまったら

奴隷商とかとやってることが変わりないし・・・

 

そもそもサラが運よく適合できただけかも知れなくて、

他のヴィータに馴染むかは分かんないんすよね。

 

つまり適合個体を探す為に

想定以上の犠牲が出てしまう可能性があると。

 

うーん・・・

「戦争を回避する為の最小限の犠牲」か・・・

そう言われるとなんか納得してしまう自分がいるな・・・

 

物は言い様っすねほんと。

 

そもそもデータが一つしかないから

それを全てと捉えるのは危ないと言うか無意味なんすよね・・・

 

「アンケート、一人に聞きました」

とかデータもクソもないじゃん・・・

 

まあ・・・

結局は戦争するしかないんすね・・・

リビコ的にもサラを攫えば良いって感じになったし・・・

 

しかしこれ、交渉とかじゃなくて

単に事実を並べてるだけなんすよね・・・

 

余計に酷くなっちゃったよ・・・

 

サタナキア・・・

 

まあ結局戦争する流れになっちゃったけど

まだ二話でそこまでやるんだ?

 

「関係のないヴィータは巻き込まないスタンス」

と知られた訳だし、

下手したら人質に取られまくったりされそう。

 

まあ相手はリビコ一人で、

アブナは今幻獣の調達してる感じだし・・・

 

でもこれ、五話とかのノリなんすよ・・・

 

つまり逃げられるってことね?

 

なんかよく分かんないけど

かなりカッコイイシルエットっすね・・・

 

なんだろこのガワ?見たことあったかな?

 

 

ボス戦

 

さっきのシルエットの化け物は・・・?

 

腹に口ある変な小鳥じゃん・・・

 

お手軽氷結持ちって以外特に・・・

 

後に強化されるとしても微妙になりそうだし

ラスボスにはならない感じかな・・・

 

終わりに

今回は以上となります。

 

とりあえず今日で2話も終わりかな?

 

13日締めだから案外時間がないのか・・・

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。