生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ メインストーリー七章一節 63話-4(後編その1) 「セ・・・?」

はじめに

東方編までとりあえず一週間くらいあるか?

 

それまでに本編をどこまでできるのか・・・

一月一話ペースだとマジで終わらん。

 

まあ・・・二話でも変わらんけど。

 

 

 

後編-モンモンサイド

つよおじさん・・・

 

まあぶっちゃけおじさん自体は大した恐怖じゃなかった。

お供の虫がヤバすぎたのよ・・・

 

虫より早く倒れる大罪同盟の一人・・・

 

去って行ったか・・・

まあそのゲートに近づいたのがダメだったのね?

 

そうなるとやっぱ亡命用ゲートとかなのかな・・・

 

てかおじさんの出番ここで終わり?

仲間にはならないの?

 

やっぱメギド体と全力で戦って

こちらが勝たないとダメなパターンか・・・

 

まあ一応戦闘ではメギド体にはなってたけど・・・

持続的に変化してる訳ではなかったからね・・・

 

そもそも「棄戦圏でメギド体を維持しながら戦う」

ってのもかなり厳しいだろうから

もっと安定した場所で再戦ってノリなのかな?

 

まあ多分腰をいわしたんじゃないかな・・・

 

てか「メギドが性差を気にしてた」~までは気づいてたけど

「メギドなのに年老いてる~」とかは特に言及されてないな?

 

大メギドはとにかくお年寄りってことか・・・

 

てか「メギドが極端に大雑把な傾向にある」ってのを

自分はコシチェイ決着編でようやく知ったんすよね・・・

 

いや、個が故に好きなことやるとか

他の”人”よか適当気味なのはなんとなく分かるんだけど

「種の全体的な傾向としてのガバ」

とは知らなかったというか・・・

 

あー、そこら辺はそういう解釈なんだ?

 

戦死が前提の社会であるのなら”長生き”は

「死に場所を得られなかった可哀想なヤツ」とか

「戦場を避けて生き永らえた臆病者」とか

そんな解釈でもおかしくも無い気もするんすよね。

 

まあ戦争をそもそもの大前提にしているのであれば

避けるとか以前の問題だからそういう解釈なのか・・・

 

てか平均寿命って肉体的な限界じゃなくて

だいたいそこら辺で戦死する年齢とか

そういうズレとかも無いんすかね・・・?

 

いや、流石にバラつきありきの平均で300年は以上過ぎるか。

 

ビルドバロック・・・

 

次代の話かと思えば

マルマルを見てそう言ってたし、

もっと広い範囲の概念とかなんすかね・・・

 

てかそれを懐かしがるなら大メギド確定レベルって

オロバスも相当な高位のメギドなのか・・・?

 

マスティマイベでは忌まわしき過去扱いで、

でも当事者にとってはいい思い出って感じで・・・?

 

知らない勢は仲良いなぁ・・・

 

そりゃ初めてだからしゃーないとは言え

モンモンもこいつらと同類であるってのが少し悲しい。

 

あー?

「ソロモン、ここを見てくれ・・・

ヴァイガルドの建物みたいにそそり立ってるだろう?」

とか言われてもよく分かんないし、

しかも「融合してメギド体を作り上げた」ってのも

正直なにがなんだか級なんすけど・・・

 

てかなに?

塊魂的なことをしてヴァイガルドの建物を吸着してって、

メギドラルにそれがあったって解釈でいいの?

 

あ、そうか、

「ソロモン王が来た」ってんなら

文化的な交接があってもおかしくはないのか。

 

なら王都と蜜月期のあったハルマ側にも

同じ様な文化が一時的にもあった可能性があるとかなんすかね?

 

肉体的享楽・・・!?

 

つまりそれって・・・

 

セ・・・

 

丁度いい反応のセリフあって草。

てかある意味ここの探求から来たまであるじゃん・・・

 

まあ・・・あれか。

直近で見た東方編の一幕で

「メギドは子を成すことを考えない」とか言ってはいたけど

「快楽目的での行為はしない」とは言ってないもんな・・・

 

てか・・・うーん、まあ分かった。

 

これはアレだ。すげー書きづらいけど、

肉体的な快楽欲求ってのは

「凸に対して凹である必要はない」という訳だ。

 

つまり「凸と凸」、「凹と凹」同士でも

その関係性、快楽共有は勿論成立する訳であって、

性差を気にしないメギドだから

そりゃまあ色々とアレがアレでアレな訳だ?

 

更に言えば一対一であるルールも当然無いわけで・・・

 

いや、ベルおじさんが性差を気にしてるってのは

ビルドバロックの名残でもあるのか?

 

ああ、そもそも

その為にヴィータ体を取ったって話なんだ・・・

 

快楽を得る為に、

そしてヴィータの文化を吸収する為に人になって・・・

 

それが転用されて今の感じになったって感じ?

 

なんかよく分かんないけど、

その時代のオロバスって

ヴィータ体をとっても骸骨面だったのかな・・・

 

・・・長いんで一旦区切ります。

 

 

コメント返信コーナー

ベルおじ撃破・・・

Nだからだけどそこまで苦戦しなくて良かった・・・

 

そしてほぼボス戦のスペックと同じ感じと。

確かにアスモ姉貴と能力が似てるからこそ

アスモ姉貴起用を思いたてたってのはありますね・・・

 

ピンチになれば強くなる・・・

相性のいいメギドを探すのが今から楽しみだぁ・・・

 

たっくんさん、

コメントありがとうございます!

 

二年も経ったけど会えてほんと良かった・・・

 

まあダンタは全然でしたね・・・

暗闇でトドメができなかったのも痛い。

 

そもそもアスモ姉貴でほぼ完結してるし

ダメ倍率的に一撃ってのも分かってたんで

ダンタ奥義サポでどこまでダメを稼げるか?

それはVHでも通用するか?

とか調査用としても入れてはいたんすけど

今回は出番が特に無かったな・・・

 

アスモ抜き素早さ調整の為に

わざわざ霊宝まで作ったのに・・・

 

おにぎりさん、

コメントありがとうございます!

 

 

続きます

やっぱ長いな本編・・・

 

でもゆったりと新しいワードを噛み締めたりして

ほんとに心にゆとりができて良いっすね・・・

 

東方編もこの感覚にちかいっちゃ近い。

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。