生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ  【東方編】 彼の者、東方より来たり 3話-3(前編) 「ツルギ誘拐事件-逃走編」

はじめに

マスターデュエル新規パック来たか・・・

 

元々恐竜使いだからダイノルフィアを使いたいけど

URが多すぎて厳しいんすよね・・・

 

今回やたらUR多いし、

オーディンとかの微妙枠も多いし・・・

 

前回の勇者パックとは違って

汎用枠が殆どないのもまた苦しい。

 

退くべきか引くべきか。

 

明後日崩壊のアプデ来るから課金はしない。

 

 

 

豹変・・・

まあ東方二馬鹿のことか・・・

 

河の幻獣問題とか二都間のいがみ合いとか色々あるってのに

余計な仕事増やしやがって・・・

 

 

前編-街の外にて

呑気な二人・・・

 

あっちではツルギ誘拐編が始まってるなんて

気づく訳ないもんなぁ・・・

 

まあ三馬鹿よりも誘拐が上手かったよね。

酷過ぎて較べられるレベルじゃないけど。

 

そして見つけてしまったと・・・

 

てかまた飯食うのとか思っちゃったけど

パンくらいしか寄越されてなかったんだっけ?

 

まあ恵んでくれるだけマシか・・・

 

あっちはあっちで気づいたと・・・

そして選択したのが正面突破・・・

 

メギドの力を使えるってんなら

流石にこの二人では厳しいんすかね?

 

てか護界憲章、息してる?

 

まあ交戦するノリか・・・

新旧誘拐男対決・・・

 

もう少し団欒を楽しみたかったというか、

カスピらにモテる秘訣を聞いたりとか

そういうワチャワチャをもっと見たかったっすね・・・

 

まあ突っ切らなきゃないから

そりゃぶつかり合うしかないか・・・

 

で、迂回するよか勝算があると踏まれて・・・

 

カスピもバルバトスも

腕っぷしが強いって描写を見たことないかも・・・

 

ぶっ飛ばされて将棋倒しになって・・・

 

逃げることが最優先だからまだ良かったけど

殺す気だったらここで死んでもおかしくないな・・・

 

謎の感覚・・・?

朱雀とか白虎が言ってた「転魔」とかなんすかね?

 

急にメギド体の一部が顕現したりするのかな・・・

 

星6イラスト使えば

1キャラでもイラスト差分ができるだろうし・・・

 

まあ後々に色々と不都合になりそうだから

流石にそれはなさそうか。

 

あと立ち絵として流用できる様にデザインするってのも

難しいっちゃ難しい試みだろうし・・・

 

カスピは伝令でバルバトスが追跡・・・

 

メギド72が貧乏軍団じゃなかったら

ミュトスを飛ばして二人で追えたのにな・・・

 

 

前編‐河にて

一旦休憩と・・・

 

てかヴリトラもその細腕でよくここまで担げてたな・・・

 

てか毒で眠らせて~とかはしないのね?

上層部にやめろって言われたとか

 

石を拾う為にツルギを下ろした・・・?

 

なんだろ?

紐に括りつけて追手に投げつけるとか?

 

投石って原始的な手法の割に結構エグイ火力出るからな・・・

 

ああ、もっとスマートな方法だった・・・

 

もう尺もそうないし、

その幻獣が三話のボスって感じ・・・?

 

ああ、そういやツルギくんは

まだモンモンと会ってませんでしたね・・・

 

給仕やってて会えませんでしたってのも

中々まぬけな感じもするな・・・

 

アミーのテンポに合わせなかったら

モンモンにもっと早く会えたかもしれない・・・

 

流石のバルバトスもこれには撤退・・・

時間を稼がれて逃げられるコースっすね・・・

 

まあ壁登るらしいし、

よじ登ってる最中に石でも投げてやればええんか?

 

 

ボス戦

懐かしのカニンガム・・・

 

たまごを「蛋」って表記してるのが

いかにも中国っぽいっすね・・・

 

そういや童子蛋ってほんとに存在するんすか?

ja.wikipedia.org

 

まあ・・・

VH攻略してる最中だからすげー弱く見えますね・・・

 

こういう雑な敵ばっかだったらVH染めももっと楽なのに・・・

 

でもそれだと面白くないからなぁ・・・

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

次で三話が終わり四話か・・・

一応射程圏内まで持ち込めますね・・・

 

でもこれから設定開示やら

二都間の諍いが激化やらで

テキスト量が爆増する可能性もあるから

まだ油断できない・・・

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。