生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ メインストーリー六章三節 60話-2(後編その1) 「勝算が見えたけど死ぬほど長丁場なのは分かった」

はじめに

友達に勧められて、

エイペックスのスマホ版やってるんすけど

なかなか面白いっすね・・・

 

ちょっと特殊なPUBGってノリ?

 

でもFPSはやっぱあんまり得意じゃない・・・

どうしても距離感が掴めないし、

なにより射撃時の反動のブレが慣れないんだよなぁ・・・

 

まあ慣れよ。

 

 

カウントダウン-39~38

昨日はマルチネ!

角が立派ならメギドのも圧し折るのか・・・

 

命を取らないだけロノウェくんよかマシかもしれないけど・・・

 

まあメギド時代のマルチネとかヤンキーだったし、

昔流行ったらしい車のエンブレム狩りみたいなもんか?

 

 

そして今日はアスラフィルと・・・

 

やっぱ音楽系のメギドって

姿もまたそれっぽいんすよね・・・

 

サタナイルのメギド体も実は関係あったとか・・・?

 

引きずり込んだ獲物の断末魔のうめき声が

彼女にとってのオーケストラだったとかある?

 

 

後編-アスモ姉貴サイド

勝ってた・・・狩ってた・・・

 

まあでも傷は付けられたのね?

正直すぐに消えそうではあるけど・・・

 

唾付けとけばほんとに跡形もなく完治しそうな女。

 

メギド化してたんだ・・・

 

そこんとこの描写がカットされてるけど、

後に回想で補完~とかも特になさそう。

 

もうガープくんのとこに加勢に行けば、

そのままペルペトゥム編解決なんじゃないかな・・・

 

緊急退避用の機能ってのは読み返して思い出したし、

退避とは言え作戦上問題なく、

最後の一体が残ればそれで良いんすもんね?

 

ただ問題なのがアレよ。

「内三つはハルマゲドン派が保有してる」ってこと。

 

つまり今回ではコンプリートできないこと確定だし、

これはあくまで前提作りであって、

この進捗を報告してハルマゲドン派を動かそうとか

失脚させてアンチャーターを奪おうってノリって感じ?

 

バラキエルを見た後だと

キマリスのちょっかいもかわいく見えますね・・・

 

そういやあいつも暫く見てないな・・・

 

アンチャーターは全部で七つ・・・

そしてヴァイガルドに放たれたのは四人・・・

 

この地で生まれたお姉さんと男の子、

モンモンが倒した青年型に、

後は恐らくアスモ姉貴の回想に出て来た人っすよね・・・?

 

まあ狼煙的な合図になってたとかは前にも言ってたはず・・・

正直詳しくは憶えてない。

 

で、一番目のアンチャーターは

恐らくメギドラルでも補足してないんだろうけど、

「他の六体を殺せばバビロンの土台になるから問題ない」

ってことになるから放置しても良いって感じか?

 

まあそういうことなんすよね・・・

 

で、コシチェイイベを考えるに

アンチャーター派はそこまで盛り返してない感じ?

 

「懲罰局にある」ってことは

そりゃ「移送されてはいない」ってことになるだろうし・・・

でもあると不都合だから狙ってるんすよね?

 

ただ懸念というか気になるところは

「モンモンがそれを奪ってどうすんの?」って話。

 

「ヴァイガルドで保護」なんてのは

とてもじゃないけどできないはずだからな・・・

 

まあメギドからして見れば

個の否定は尊厳の否定と同義ではあるんすけど・・・

 

「アスモ姉貴の最終目的は彼女を殺すこと」なんすよね・・・

 

勿論それすらも変わるのかもしれないけど、

現状はプルフラスの善意に沿わない展開なんじゃないかな・・・

 

なんか意味深な問いかけだな?

 

つまり最後の一つってのがヴァイガルドに無い場合、

また別の世界がメギドラルと融合するって理屈?

 

てことは禁域とかでバビロンを起動させたら解決ってこと?

 

まあんなことしたらメギドラルを救えないか?

 

メギドラルに一体を残したまま起動しても

ヴァイガルドに来ちゃったら無意味か・・・

 

ならそいつもエネルギー体にして行動不能にしたら良い?

というか「最後の二体をメギドラルで同時に破壊」できたら

エネルギーの集約もしないで済むってノリ・・・?

 

これがバビロンを起動させない勝算・・・

だから七章はメギドラル遠征編ってことなのかな?

 

でもそれは八章でも終わってないと・・・

八章時点で場所すらも分かってないものもあると・・・

 

これでようやく活路が見えて来たって訳だ?

 

プルフラスも単なるアホの子かと思ったけど

なんだかんだでメギドシナリオについて行ってますね・・・

 

まあ・・・そうなんすよね・・・

 

バビロンの起動を挫くには

目の前のお姉さんを犠牲にしなきゃない訳で・・・

 

そうなるとプルフラスのみならず、

他のメギドらも、そしてシバを含めた世界もまた

殺害に加担することになって・・・

 

彼らに「生まれてきてありがとう」はないのか・・・

 

いつか死ぬことは決まっていても

逃げ隠れする必要はなくなるか・・・

 

まあ人間もいつか死ぬのは確定してるし、

それを知ったうえで覚悟して生きてるし・・・

(実際覚悟なんてできてないけど)

 

アスモ姉貴の人生観そのものって感じかな・・・

というかメギドらしい考え方というか・・・

 

必死になって生きて、

楽しみも興味のなにもかもその人生に内包させて

晴れ晴れとした気持ちで死ねか・・・

 

アスモ姉貴がアマゼロトじゃなくて良かったな。

 

ブニも頭の中だと結構辛辣なんすね・・・

 

啓蒙されちゃったね・・・

 

一つの考えに凝り固まっては路傍の石ころどころか

落ちてるダイヤモンドの存在すらも知覚できなくて・・・

 

「生まれてきてありがとう」じゃなくて

「全力で生きたから惜しめ」パターンか?

 

最初のアンチャーターの名前はシニュム・・・

 

▼五章のエピローグ部分を引用

メギド72ブログ その1192 メインストーリー五章 48-4(後編その1)「これが・・・メギド72・・・!」 - 生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

_____________

まあ回想の人がアンチャーターで確定なんすね・・・

 

しかし全てがほんと上手い具合に繋がってくな・・・

最初から全てそうと決まっていたのか、

それとも縫い目の見えない後付けなのか・・・

 

なんにしても良いなぁ・・・本編。

 

 

コメント返信コーナー

黄金バットはほんと面白かった・・・

主にカオスなシナリオとニコニコのコメントが・・・

 

ダレオくんすき。

でもぶっちゃけあんまり憶えてない。

 

ツヨシさん、

コメントありがとうございます!

 

 

普段全くでないけど

出たときは毎回100点をたたき出すアスモ姉貴・・・

 

メギド界の冨樫じゃん・・・

 

もっとイベとかでも出て欲しいけど

バランスブレイカーだからなぁ・・・

 

たっくんさん、

コメントありがとうございます!

 

 

続きます

長いんで一旦区切ります。

 

まあ長いっちゃ長いんすけど、

二節と違って一場面に出てくるキャラが少なかったり

頻繁な場面転換が無かったりで

結構スムーズにできてる感じなんすよね・・・

 

二節は色々とやばかった・・・

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。