生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ メインストーリー六章三節 60話-2(前編その2) 「色々と忘れてんね・・・」

はじめに

ヴァンパイアサバイバーズのアプデ来てたけど・・・

随分と攻めた演出してきたな・・・

 

普通に怖かったわ。

 

てかアプデが定期的に来て、

その都度凝ったギミックとか増えて行って・・・

それで300円ってほんとなんなんだよ・・・

 

無双オロチ30個分じゃねーか。

 

 

 

前編-前回からの続き

アスモ姉貴の安心感。

 

もう二人も殺したと・・・

 

ただ懸念というか心配なのは、

こんな雑魚狩りの参戦とかじゃなくて

ほんまもんの強敵と対峙したときなんすよね。

 

あのアスモ姉貴がやられるなんて・・・

とかいう演出に使われそうで怖いというか・・・

 

まあとりあえず今は完全に勝ちムードや。

 

無限回廊は良いとして

保護の件ってモンモンがアスモ姉貴と話したりしたっけ?

 

そして最終的に殺すってのは・・・

まあ問題が解決したら安全の元殺すってこと?

 

殺すのはいつになるかは分からんけど、

モンモンがまた傷ついたりするのかな・・・

 

キマリスでも分かるほどメギドラルの策って甘いんだ・・・

マグナレギオも大したことないな・・・

 

コシチェイイベもそうだけど

最近メギドサゲ案件を見ることが多いっすね。

 

ああ、嘘なのね。

 

まあでもなんだかんだで副官殺したし・・・

それ以上キマリスに求めてないし・・・

 

そもそも幻獣体を倒せるってのに驚き。

 

この地には模倣する対象がいない・・・

 

じゃあなにを模倣したってんすかね?

メギドのヴィータ体?

それともコピー用にヴィータを攫って来てたとか?

 

本格的に読み直した方がいいのかな・・・

 

で、少し読み直して来たけど、

探すのだけでも20分掛かった・・・

 

メギド72ブログ その1771 メインストーリー六章三節 57話-3(後編その1) 「ガープくん・・・おめでとう・・・」 - 生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

 

まあそこら辺は書いてはなかったんすけど、

重要なことを忘れてましたね・・・

 

「アンチャーターの三つはハルマゲドン派が持っている」

とかなんとか・・・

 

ああ、だからコシチェイイベで

懲罰局がどうとか言ってたのね?

 

マジで読んでないと抜けてくから厳しい。

 

ああそっからか。

 

読み返したけど

最後には一体のアンチャーターに力が集約される。

殺して星にした他のアンチャーターは

バビロン起動の部品としてのエネルギーになる。

的な設定だったんだ・・・・

 

それを読んだアスモ姉貴は

彼女を一定期間保護すると決めたって感じ?

 

この地を使うってのも、

人に紛れさせるのが目的ではなく

安定して起動できて人知れず殺せるから?

 

三章の重要ギミックとか、

マジで色々とごっちゃになってたな・・・

 

なんという推理力・・・

ゴリラパワーで相手を蹂躙するだけじゃないんや・・・

 

ここまで完璧だけど性格に難があって御しづらくて・・・

まあ大罪同盟の奴らって大体そんなもんか。

 

ほんとベルおじさんが唯一の良心だよ・・・

 

流石アスモ姉貴・・・

性格以外の欠点が見当たらないや・・・

 

その性格自体もおかーさんみたいに

破綻の限りを尽くしてる訳でもないしね・・・

 

おかーさん仲間にしたくねぇな・・・・

 

実際はそうなんだ・・・

 

そういったブラフ込みの腹芸なのか、

それとも単にビッグマウスなのか・・・

 

まあ適当ってだけな可能性もある。

 

アスモ姉貴と一騎打ちか・・・

 

まあ多対一よかマシっちゃマシなんだろうけど、

それも作戦ずくなのかそれとも本心・・・?

 

どっちにせよ死ぬのには変わりないんすけどね・・・

 

携帯フォトンの使用も許可するのか・・・

まあアスモ姉貴こういうの好きだからなぁ・・・

 

骨があれば許しちゃう系女子・・・

 

まあ外野はお呼びじゃないか・・・

 

これでアスモ姉貴が負けたら大爆笑ものなんだけど、

まあ勝つ以外の展開が思いつかないっすね・・・

 

強い!絶対に強い!

 

終わりに

今回は以上となります。

 

危なかった・・・

独自ドメインの契約切れ掛けてた・・・

 

全然使ってないヤフーメールで登録してたけど、

あれって使ってないと削除されるんすね・・・

 

他になに登録してたっけな・・・

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。