生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ 復讐の悪魔と恩讐の魔人 1話-3(前編) 「まだアリオクを信用できない・・・」

はじめに

GW期間で安売りしてたから

無双スターズとかいうのを買ったけど・・・

 

正直素直に無双させてくれない無双だった・・・

 

その戦闘のみで持ちこせないブレイブレベルがあって、

それを戦闘毎に0から成長させる必要がある。

 

そして敵将もまたブレイブ持ちで、

こちらよりも数値が高いとスーパーアーマー、

差があるほどダメージの増減がモロに出て

レベルを上げないとそもそも戦いにすらならない。

 

で、味方の武将もブレイブが設定されてるから

高いブレイブ値の敵が味方に攻撃し始めたら

速攻で助けに行かなきゃならない。

でも当然前述の件でまともな戦闘にならない・・・

 

結構面白い試みではあるんすけど、

なんか半端な感じなんすよね・・・

 

 

 

メギドラルへと・・・

となると今回は乗り込んでくスタイルなんすかね・・・

 

まあ道中不死の軍団が攻めてくるだろうから

一筋縄には行かないか・・・

 

 

前編-モンモンサイド

二人の文通・・・

 

続いてはいるけど最近は近況報告になって行ったか・・・

 

まあメンテ方法とか分かれば

後は世間話くらいしかすることないしな・・・

 

内容あること続いてるだけマシ。

 

重要な情報こそ漏れてないかもだけど、

アルフスとアガシオンくんの所在とかは

普通に漏洩はしてたんすよね・・・?

 

まあ別にバラすつもりもないだろうし、

そこはあんまり考えなくてもいいか・・・

 

まあメギドラルに行く感じらしいし、

ゲートが近くにあるって話とかなんすよね?

 

流石におびき寄せる為の罠とかはやるはずもないだろうし・・・

 

まだ信用できないけど、裏切るとしても一話じゃなさそう。

 

脱色されたネズミか・・・

まあこれもゾンビ化した幻獣ってことなんすよね・・・?

 

そういやネルガルの研究も不死っちゃ不死だったし、

やってたことは一緒っちゃ一緒か・・・?

 

コシチェイと組んでたらメカゾンビ軍団になってたかも・・・

 

ネルガル、声的にちょっと嬉しそう。

 

てか今までゲートが開いてたって考えると、

ゾンビ幻獣も出放題荒らし放題とかだったり・・・?

 

まあもしそうだったら

一帯が荒地とかになってただろうし考えすぎか・・・

 

まあお爺ちゃんの方が王っぽくもあるし、

貫禄も全然違うからね・・・

 

お爺ちゃんとモンモンどっちが王だと思う?

とか知らない人に聞いたら、

確実にお爺ちゃんの方を指さすだろうよ。

 

単刀直入ではあるけど言葉が足りないっすね・・・

 

それにコシチェイの一文を加えれば

モンモンらも飛びついたと思うんすけど・・・

 

軍団(一人と一機といっぱいのゾンビ)

 

牙の内海の話は最近少しは分かって来たけど、

「複数の軍団の共闘」ってなによ・・・

 

てか恐らくだけど、

おかーさんと戦争したって話なんすよね?

 

でも共闘の部分はまだよく分からん・・・

モフらは軍団かと言われると違うだろうし・・・

 

まあそりゃ余計なこともしたくないし忙しいし・・・

日曜にはサザエさんも見なきゃないっすからね・・・

 

まずはモンモン側の利益を提示しないと・・・

コシチェイを殺すとかバラムを生贄に捧げるとか・・・

 

もしかして

「結果しか見えてないから具体的な提示ができない」

とかそういう難儀とか?

 

そりゃコシチェイを細切れにしたうえで

バラムに食わせたりはしたいけどさぁ・・・

 

処理が甘かった、念入りに潰せってことは

やっぱりこのネズミもゾンビってことっすよね・・・

 

細切れにすれば再生しないってんなら

まだ活路自体はありそう。

 

「二人同時に殺せ」とか

そういうのはもう二度とごめんなんで・・・

 

まあとにかく念入りに挽き潰して、

具体的な交渉はその後か・・・

 

今回のエクストラとか無駄にタフな敵多そうで嫌だな・・・

 

 

ボス戦

まあ役立つか・・・

 

 

まあ変な特性とかも特になく、

道中の雑魚同然のボスっすね・・・

 

ネズミじゃなくてゴーストだったけどまあ・・・

それも今更か。

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

現状イベになんとか喰らいつけてるけど、

今月はちゃんと終わらせられるかな・・・

 

暖かくなって来たし体調を崩さなければなんとか・・・

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。