生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ  獣たちの集う場所 3話-1(前編)「ボルグくんのバフォ味」

はじめに

飯作るのがとにかく面倒なんで、

「冷凍野菜レンチンしたらよくね?」となり・・・

 

試しに冷凍かぼちゃをレンチンしたらまあマズい。

ボソボソしてて喉に詰まるし、

変なエグミが出て口が受け付けない感じだった・・・

 

もうブロッコリーとほうれん草でいいかな・・・

 

あーめんどくせ。

 

 

 

 

f:id:seisyuu:20211219200528j:plain

まあなんやかんやあってケモイベ再開・・・!

二話で断念したから前半三話からですね・・・

 

まあ後半も四話までらしいしイケるイケる!

ダメなら泣く!

 

 

f:id:seisyuu:20211219200531j:plain

メディカトゥス・・・・

癒し猫軍団のことですね・・・

 

えーと、二話ボスが猫で、

モンモンらはそれに攻撃して~とかだっけ?

 

周年イベのインパクトがあまりにも強すぎて

・・・というかおかーさんがヤバすぎて

細かいとことか忘れちゃったかも・・・

 

ほんとあの人なんなんだよ・・・

そもそもおかーさんってなんだよ・・・

 

 

前編-モンモンサイド

f:id:seisyuu:20211219210547j:plain

f:id:seisyuu:20211219210549j:plain

f:id:seisyuu:20211219210552j:plain

f:id:seisyuu:20211219210637j:plain

f:id:seisyuu:20211219210640j:plain

f:id:seisyuu:20211219210643j:plain

不可侵軍団・・・

 

モンモンも知らないしサタナキアも初見ってことは

結構レアな存在なんすかね・・・?

 

まあ前者はメギドラルでの戦争経験が浅いだろうし、

後者は研究畑だからあんまり見ないってのもあるか?

 

f:id:seisyuu:20211219210645j:plain

f:id:seisyuu:20211219210648j:plain

10年前に認定されたってことは

「追放メギドの殆どが知らない」ってことか・・・

 

今回サタナキアがいて良かったね・・・

 

f:id:seisyuu:20211219210738j:plain

f:id:seisyuu:20211219210740j:plain

f:id:seisyuu:20211219210743j:plain

f:id:seisyuu:20211219210746j:plain

f:id:seisyuu:20211219210748j:plain

同じ純正メギドであるタムスくんは知らなかったんだ・・・

 

まあ常に機械いじってそうだし、

ナマモノと外のことはあんまり興味とか無さそうだからなぁ・・・

 

しかし大体は処刑レベルとか、

狩人の奴らはそんなリスキーなことして大丈夫なんか?

 

反中央的な思想っぽいけど、

そこまでして狩りがやりたいって話なのかな・・・

 

上手くやればこちら側に引き入れることもできそうだけど、

主義を崩さない感じだろうから無理っぽい?

 

それにまあ・・・所詮モブ軍団だし・・・

 

モブ軍団と同盟結ぶときって、

大体仲介人としてネームドメギドいるしね・・・

 

f:id:seisyuu:20211219211817j:plain

f:id:seisyuu:20211219211820j:plain

f:id:seisyuu:20211219211822j:plain

もしかしてメギドラルの法律が

ヴァイガルドのモンモン軍にも普通に適応される感じ・・・?

まあ一応議席持ちだから籍はあっちにあるようなもんか・・・

 

でも猫ごときが中央に伝えられるもんか?

まあ・・・黒い猫とかいるからダメっぽそう。

 

つまり最悪猫を殺すとかそっちの方になっちゃう?

 

f:id:seisyuu:20211219211825j:plain

f:id:seisyuu:20211219211828j:plain

f:id:seisyuu:20211219211830j:plain

f:id:seisyuu:20211219211919j:plain

f:id:seisyuu:20211219211921j:plain

幻獣だし無所属だから罰せられることはないと・・・

 

つまり幻獣を上手く使えば、

「罰則なしに好き放題できる」ってことなんじゃないっすかね?

 

所属云々とかも上手く誤魔化せばなんとかなりそうだし・・・

最悪口封じに殺すとかもできそうだし・・・

 

4周年イベで証拠隠滅の方法学んじゃったね・・・

 

てかあのイベ、

「町が奴隷を買いあげることで奴隷商が潤って被害が拡大する~」

とかそういう問題とかは特に取り上げられてなかったな。

 

f:id:seisyuu:20211219211924j:plain

f:id:seisyuu:20211219211926j:plain

f:id:seisyuu:20211219211929j:plain

f:id:seisyuu:20211219212046j:plain

まあ酷い貰い事故っすよね・・・

 

でもなんだろ?

四の五の言わず中央に反するモンモンを

勝手に重罪人のお尋ね者にできそうなもんなのに、

中央は特にそれをしないんすね?

 

それも「議席があるから勝手はできない」って話なのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20211219212049j:plain

f:id:seisyuu:20211219212052j:plain

f:id:seisyuu:20211219212102j:plain

f:id:seisyuu:20211219212105j:plain

話がそっちの方に行ったか・・・

 

まあ流石に理由なく猫軍団がいる訳ないはずだし、

今ある情報だとそう考えるのも無理はないわな・・・

 

f:id:seisyuu:20211219212107j:plain

f:id:seisyuu:20211219212110j:plain

f:id:seisyuu:20211219212114j:plain

f:id:seisyuu:20211219212116j:plain

残念ながら「まともな軍団ではない方」なんだよね・・・

 

でも「幻獣に中立軍団を襲わせる」って実際どうなんすかね?

近くにいたら保護義務も発生しそうだけど・・・

 

まあ近くにいた証拠がそもそも無ければ意味がないか・・・

 

f:id:seisyuu:20211219212155j:plain

f:id:seisyuu:20211219212158j:plain

f:id:seisyuu:20211219212201j:plain

f:id:seisyuu:20211219212203j:plain

処刑に怯えるモンモンかわいい。すき。

 

とりあえず猫くんが中央にチクる能力はないと見ていいのね?

最悪グリマルキンがチクることもありそうだけど・・・

まあそのときは・・・ね?

 

f:id:seisyuu:20211219212344j:plain

f:id:seisyuu:20211219212348j:plain

f:id:seisyuu:20211219212351j:plain

f:id:seisyuu:20211219212354j:plain

f:id:seisyuu:20211219212357j:plain

チクる奴の出口を塞いで、

後は証拠隠滅で殺すしかないか・・・

 

あっちにそんな気はないだろうけど、

まあ敵意はありそうだから仕方ない。

 

f:id:seisyuu:20211219212359j:plain

f:id:seisyuu:20211219212402j:plain

f:id:seisyuu:20211219212404j:plain

f:id:seisyuu:20211219212406j:plain

f:id:seisyuu:20211219212409j:plain

なんかボルグくんバフォ姉貴っぽい・・・

 

ボルグくんを他の人に持たせたらどうなるかとか

ちょっと気になるんすよねぇ・・・

 

うるさいから人を選びまくるけど・・・

 

 

コメント返信コーナー

f:id:seisyuu:20211220191816p:plain

4周年イベ完走・・・!お疲れ様です!

 

で、おかーさんを仲間にした先輩ソロモン王の目から見ても

おかーさんの行動に?が浮かぶと・・・

 

乱暴そうでも町に危害は加えないって人なんすかね?

 

でも腹パンは普通にやるんだ・・・

ほんとなんなんだあの人は・・・

 

やっぱ仲間にしたくねぇな・・・

 

たっくんさん、

コメントありがとうございます!

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

やっぱ年末は忙しいっすね・・・

まあどう足掻こうがあと十日だし、

やれるとこまでやるしかねぇか~

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。